プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
以前から続けてきた手作りでのクラフト創作で、主に手先・目そして頭を使うことで多少なりとも老化速度を遅らせる効果を期待している。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


プロジェクトの支援です

以前に作った 稚内の養鶏場「カヤニファーム」さんの看板

看板1
写真はブログ「最北に暮らす~その2」より借用

「カヤニファーム」さんでは
現在クラウドファンディングのプロジェクトで支援を募っている

クラウドファンディングとは

インターネットを介して不特定多数の個人から資金(支援金)を集めるサービスで 新しい資金調達の手段として注目され 世界中で多数のサイトが存在する 
 
つまり個人の活動をアピールし 支援を募る仕組みだ

「カヤニファーム」さんは稚内へ移住後 養鶏場を経営し 
「わっかない上勇知の平飼いたまご屋さん」として 地域に根ざし愛されながら活躍している

今年で10年目を迎えるにあたり 卵の安定供給を目的とし 鶏舎建設費用の建材購入のための支援クラウドファンディングのプロジェクト(目標額1,000,000円)を立ち上げている

今日現在で 961,000円 あとひと息
だだし残り2日 3月末で終了する 

鶏をのびやかに 自然なままに平飼い飼育し 
地元産北海道産100%飼料 
無添加にこだわる自然卵養鶏に取り組み

「宗谷のしおかぜたまご」 として販売中

しおかぜ卵
写真はブログ「最北に暮らす~その2」より借用

経営者は二児の若いご夫人 地域で様々な活動を通してご活躍中

また ご主人は「ゆうち自然学校」の主催者で 
子ども 親子を対象に周年様々な体験プログラムを行っている

お二人とも地域に根ざし なくてはならない存在となっている

カヤニファームさんのブログ
「最北に暮らすその~2」の中にクラウドファンディングプロジェクト「稚内から!宗谷の鮭と利尻昆布を食べた鶏の卵を全国に届けたい!」の詳細な趣旨が掲載されている

 是非ご一読を



スポンサーサイト

スキージャンプの伊藤有希選手です

ジャンプ1

今シーズン ノルディックスキーワールドカップ(W杯)ジャンプ女子で 5勝を挙げ大活躍した伊藤有希選手(下川町出身 土屋ホーム)が先日留萌市を訪れました

2年連続W杯総合優勝に輝いた高梨沙羅選手の陰に隠れていた存在でしたが  今年はW杯総合2位 
ノルディック世界選手権2大会連続の銀メダルを獲得 努力と才能が開花したシーズンでした

母親が留萌市出身で 親戚が多く 祖母を訪ねてきたのです

当市は第2のふるさとで『留萌でリフレッシュし、ばあちゃんの作ってくれるご馳走を食べるのが何よりの楽しみ』とのこと

女子のジャンプ競技が初めてオリンピックに採用された3年前のソチでは 祖母の見守る中 表彰台に届かなかったことが悔しくずっとリベンジの気持ちが強く 来年の平昌(ピョンチャン)オリンピックでは「金」の決意を新たにしているようです

おばあちゃんは このお孫さんの出場する国内のほとんどの大会に出向いて応援し 

『「孫の勇姿にいつも元気をもらっている 試合が近づくと背筋が伸びるし 毎年冬が楽しみ」と満面の笑みを浮かべると 伊藤さんは「私も ばあちゃんが見に来てくれるので頑張ることができる」と笑顔を返していた』

とのことです。

『  』は2017年3月26日付北海道新聞の記事を引用

ジャンプ2

平昌(ピョンチャン)オリンピックでは このように
テレマーク姿勢を決め 

高梨選手と一緒に ぜひ
金・銀メダルをとってもらいたいものです 


ところで うちのお多福さんも 
孫に「ばあちゃんのご飯はとってもおいしい」と言われ 

いつも 喜んで 
遊びに来たときは 孫のため

一生懸命に ご馳走を作っているのです


うさぎ追いし かの山

幼時探訪です

ふるさと

♪♪
うさぎ追いし かの山 こぶな釣りし かの川
夢はいまもめぐりて 忘れがたき ふるさと

いかにいます 父母 つつがなしや ともがき
雨に風につけても 思いいずる ふるさと

志を果たして いつの日にか帰らん
山は青きふるさと 水は清きふるさと

これは「ふるさと」
大正3年 小学校(当時の尋常小学校)6学年用として発表された唱歌

子どもの頃の野山の風景を遠い地から懐かしむ内容で 
生まれ故郷から離れて学問や勤労に励む人の心情を歌っている

ボクも小・中学生の頃は春夏秋冬問わず 山・川そして海へ友だちとよく遊びに行き
ふるさと と言えばこの遊んだ村です

山では ブドウ・クワノミ・グミ・グスベリ・野イチゴ・コクワ等々食べれるものは何でも採りに
そして冬にはスキーをしたものです

川では 水泳 川カジカ ドジョウ ウグイ アメマス ヤマベ釣り カワガニ 川エビなども獲り 
この歌詞のとおり 「忘れがたき ふるさと」で 楽しい思い出はたくさんあるのですが 

今振り返ると 後悔というか 何か後味の悪い思い出があるのです

というのは 先輩のガキ大将がいて
彼に強制的に気の進まないことをさせられたことがあるからなのです

それは 今で言う 動物虐待です
動物虐待は色々あるのですが

その中の1つが うさぎの捕獲です

冬の月夜には うさぎがよく歩き回るので 夕方にスキーを履いて山へ出かけ 捕獲用の仕掛けをし 朝に確認するのですが
結構な数を捕獲していたのです

うさぎ2-2 名月-1 

捕獲したうさぎは 食用にするのです 
近所に皮を剥いでくれる老人がいて その方にお願いし お礼として皮を渡していた

確かに貴重な蛋白源でした

うさぎは可愛い動物なので ボクにとっては動物虐待の範疇に入るのですが
一方害獣でしたので 耳の皮を営林署に持っていくと いくらかのお金がもらえたのでした

うさぎの捕獲以外にも あまり積極的には参加できなかった遊びがありました
鳥の巣から卵を取り出したり 蛇やら 蛙をいじめたり・・・ 

そんな遊びが 楽しいと感じ 行動がエスカレートしていたら 大変な大人になるところでした

その村を離れてからも 動物虐待遊びを思い出すたびに 心が痛むのです 



ところで ボクが小学生の頃 
「うさぎ追いしかの山」という歌詞が

「うさぎ美味し かの山」と勘違いし 
「あの山にいるうさぎは美味しい」
と思いながら 歌っていたのです 

うさぎ獲りに行くときは 
いつも勘違いしていたこの歌詞を思い出していたのでした





スキーの滑り納めです

カムイスキーリンス1-2
これは旭川市神居町にある市所有のスキー場
カムイスキーリンクス 民間が運営している

旭川市から車で30分 留萌市からは1時間15分程度
山の名は神居山 標高750mで麓までは600mの標高差

過去には全日本スキー選手権大会(アルペン部門)が開催されたこともある
 
今年の滑り収めです

カムイスキーリンクス6-1

コースは初級から上級向けまで10コース
索道は ゴンドラ1本 ペアリフトが5本

カムイスキーリンクス8-1
頂上付近からの風景

カムイスキーリンクス12-1
中腹からの風景 深川方面の盆地が見渡せる

4枚スキーコラージュ1

この日は3連休の中日
3月 スキーシーズンはもう終わり
あまり人はいないと思って来てみたら 結構いました

このスキー場は4月3日まで
3月まで滑ることはほとんどないのだが 
何故か無性に滑りたい気分になった

カムイスキーリンクス11-1
 
スキー教室の生徒がいた
検定試験なのかもしれない

とにかく若い人は体力があり 足腰が強いから一気に滑っていく
小生は転んだら 骨の1本以上は折れるので 無理はしない

カムイスキーリンクス10-1
ここが最大斜度の斜面
下まで一気には行かず 2~3回休みながら滑ることにする

初級コースには年長さんか小学1年生くらいの男の子が お父さんと滑っている
上手だ 感心 感心

カムイスキーリンクス14-2

20年以上も昔のこと
よく娘たちを連れて
一緒に滑ったことが思い出される 

非常に楽な冬でした

もうすぐ春分の日
日の出は5時41分 日の入りが17時43分

日一日と日差しが強くなり 日没時間も遅くなっている

今冬は雪も少なく 大変楽なシーズンだった

降雪量は平年の6割以下

今日(17日)現在の積雪は24cm
札幌市の積雪量は59cm 旭川市が52cmですから いかに少ないかが解る

北海道が悪天候になると いつも全国放送で留萌市の吹雪の様子が放映されるが
それほどでもない 報道は大げさなところがある

雪解け1-2 雪解け2-2

家の前の道路には 雪はもうほとんど無い
いつもは まだ雪が残り 1車線道路なのだ

雪解け3

駐車場も 毎年この時期は氷割しているのだが
今年はその必要がない

雪解け8-2

庭には積んだ雪が残っているが 少ない

雪解け4

これは融雪機
昨年は 7~8回使ったが 今年は1回のみ

融雪機をなるべく使わないように 片道50mの距離を往復して雪を他の場所へ運んでいる
降雪量が多い時で20往復 少ない時でも10数回往復する

冬の体力づくりには 雪運びが一番
10数回の往復で汗びっしょり

融雪機をなるべく使わないもう一つの理由は
経費節減

融雪機は 装置内の灯油ボイラーで水を温め シャワーで雪を溶かす
30分で灯油ポリタンク1缶(18リットル)使う

雪が降る度に使うと かなりの経費となるので
吹き溜まりがひどく どうしようもない時以外は使わない

人力が一石二鳥

当市では 年々冬の厳しさが和らいでいる
雪が多く 風も強く 青空が見られない所というのが特徴であったが
ここ数年 吹雪が少なく 青空も見られ 何より雪が少なくなっている

こらからも もっと過ごしやすい所となるよう願っている
 

 | ホーム |  次のページ»»