FC2ブログ

今日は何の日?



今日(1月25日)は何の日?
1年365日 毎日何らかの記念日があるようだが

今日は国内で最低気温が記録された日とのこと
1902(明治35年)1月25日 
北海道旭川市で氷点下41度を観測

これが
日本最低気温の公式記録で

同じこの日
青森八甲田山で訓練を行っていた青森歩兵第5連隊が
猛吹雪と厳しい寒さの中で210名が凍死した
悲劇の日でもあった


ちなみに
最低気温のランキングは
1位 旭川市 ー41.0度
2位 帯広市 ー38.2度
3位 江丹別 -38.1度
(4位は富士山の山頂)

しかし
記録された当時は
正式な観測所が設置されていなかったところもあったため
非公式式記録では
氷点下41.2度の所もあったとか

一方近年地球環境異変による温暖化の影響で
夏の気温がどんどん上昇
2018(平成30年)7月23日
埼玉県熊谷市では
41.1度
日本一暑い街として有名になった

何と
旭川市と熊谷市との温度差は81.1度ということになる


そして
当市(北海道留萌市)といえば
吹雪の街として
冬期間はNHKのトップニュースにまで
取り上げられるようになった

決して自慢できることではないのだが・・・

昨日から今朝まで 猛吹雪

吹雪1(1) 
朝5時 昨日からの道路脇の雪を集めると

吹雪3(1) 
でも除雪車が全て運んでくれた
有難いものだ

今季の雪の量は
例年の半分以下で 助かるのだが

今年の夏はどんな夏になるのだろうか




正月三が日が過ぎた

新しい年を迎え 三が日が過ぎた

正月を迎えるにあたり
にわか信者ではあるが 一応小さな神棚にお供えやら しめ飾り
そして まゆだま飾りを床の間の天井近くに飾った

神棚1(1)

元々まゆだま飾りは 家内安全と豊作を祈願するものだが
ウチは健康祈願
まゆだまの木は家の近くのミズキの枝を調達(今年はやや小さめ)
ミズキは字(水木)の如く 火除けの木
飾り付けは恒例で孫たちに任せている

玄関には大晦日に しめ飾りと 茶の間の壁にはめでたい絵柄の凧を飾った

しめ飾り1(1)

ところが
大晦日の夕方からは低気圧の影響で猛吹雪となり
外は大荒れ それまで積雪ゼロだった風景は一変

吹雪1(1)

吹雪は2日いっぱい続いた

娘たちの家族3組は 
恒例で元旦の午後に吹雪の間隙を縫ってやって来た

今回は家族の一員ということで 
コザクラインコとミニチュアダックスフントもお伴だ

鳥と犬1(1)

コザクラインコは人なつっこさからラブバードとも呼ばれているらしい
このミニチュアダックスフントも人なつっこいのでラブドッグだ

今回は2泊3日の予定で滞在
その間 孫たちはそれぞれ忙しい
勉強をする時間 遊ぶ時間 ガンプラ(ガンダムのプラモデル)を作る時間

学習1(1)

例年の如く よく遊んでいた

こんな遊びもあった
大人たちに こんな案内状があり 行ってみたら

令和発表1(1)

本田官房長官から 新元号の発表だった
官房長官は「令和おじさん」でなく「令和おねーちゃん」だった

3日午後
「吹雪一過」と同時に「賑やかな娘たち一家」が帰っていった


新年明けましておめでとうございます


2020年賀

相変わらず 昨年も
真面目半分 不真面目半分のブログでした

こんなブログを読んでいただき また励ましていただき
大変有難うございました

一昨年は北海道命名150年 
昨年は新しい「令和」の時代を迎え

そして 今年は東京オリンピックの年

皆さんにとって この1年が
ご健康で楽しい年になることを願っています

ボクは年男 年を取ることは楽しい・・・と思えるほど

今年も引き続き 「遅呆」を目的に工房に精を出し

「萌樹工房なんでもかんでもあれこれ」を暇を見つけながら 
そして気の向くまま 書いていくつもりです

今後とも よろしくお願いします


 

雪の無い大晦日

2019年は 「平成」から元号が「令和」に代わり
あっという間に もう大晦日

年を取るごとに 1年が早く過ぎ去ってしまう
地球の自転も公転も早くなっているのではないかと
つい思ってしまう
もう少しゆっくり回ってもらいたいものだ

ところで今朝の家の周りの状況はといえば
駐車スペースには全く雪が無い

昨夜は雨も降って雪はほとんど解けて
アスファルトが見えている

積雪ゼロ1(1)

道路も脇に除けた雪が多少残ってはいるが ほとんど無い

積雪ゼロ2(1)

31日の当市の積雪はゼロ
測候所は海辺にあり この場所より海抜が80mほど低い

これまで 大晦日で積雪ゼロの経験はない

北海道は今年どこも雪は少ないようだ
札幌市の積雪は1cm 旭川市は15cm

積雪1位は上川北部の朱鞠内で88cm  1mを割っている

雪が無く 楽といえば楽なのだが これで良いのか?
米農家の間では 雪の多い年は豊作だと昔から言い伝わっている
少なければどうなるのだろう

しかし午後からは低気圧の影響で 北海道は大荒れにの予報だ
大晦日から元旦は吹雪らしい 
すでに早朝に暴風雪警報が出された

数年前に猛吹雪で元旦を迎えたことがあった
この時 1週間完全に交通マヒになったが
こんなことにはならないでほしいものだ

いずれにしても 異常気象には間違いない

正月を迎える準備が出来た

正月飾り1(1)
  (ちょっと控えめな締め飾り)

壁には正月用の凧を飾ってみた
この「おたふく」は 笑っているが ちょっと目がきついかな

正月飾り2(1)

この凧は高知県の伝統工芸品である手すき和紙で作られている 
以前土佐和紙で有名な 「いの町」でお多福が購入したものだ

ことしも もうカウントダウンが始まった

新しい年が健康で 楽しい年でありますように

皆さんも よい年を迎えてください



柚子(ゆず)湯に入ってみた


先日のブログで紹介した見慣れない柚子(ゆず)を今は冷蔵庫と同じ状態(温度)になっている物置に置いていたが 痛んできたので 冬至まで待てず半分に切ってみた

ゆず湯1(1)
(半分に切った獅子(鬼)柚子とSサイズのミカン その大きさが分かる)

この柚子は獅子柚子あるいは鬼柚子という名のことだけあって 姿かたちは表面がゴツゴツしており確かに獅子(鬼)のような顔をしている
しかし「・・・柚子」となっているがブンタンの仲間で 原産は中国 奈良時代に日本に入ってきたとされている

写真のとおり直径は20cmもあり 皮が非常に厚く 表面はゴツゴツ・ブクブクして
表皮と果肉の間にはブンタンと同じように厚く白い綿が詰まり果肉はバサバサしていた

この獅子柚子(鬼柚子)の栽培は関東以西で
果肉は美味しいものではないので家庭の観賞用・園芸用でしか扱われていないとのこと

中は人間の脳の形に似ており これは脳みそがいっぱい
「ボケ防止」にでも効果があるとなると これは大変!
栽培は経営的にも成り立ち 新しい産業の起爆剤になること間違いなし

「ボケ防止の効果」を研究している研究者がいるかもしれない

この二つに切った獅子柚子を袋に入れ 風呂に浮かばせて入ってみた
強い香りは無く 柔らかな柑橘類の香りがして リラックス効果はあるようだ

わが家では 二週間ほど早く ゆず湯に入った

おまけ
10日は気温が上がり プラスの8度にもなり
先日降り積もった雪は解け 11日現在当市の積雪量はゼロになった

積雪1(1)
(写真上が8日 下は雪が溶けた10日の様子)

北海道での積雪量の多いところは 朱鞠内77cm 幌加内55cm・・・
そして旭川は8cm 札幌もゼロとなっている

この時期 当市が積雪ゼロというのはあまりないこと
このまま正月を迎えることができたら どんなに楽なことか!

そんな訳にはいかないだろう
明日からは また吹雪で大荒れになるらしい


雪が積もりはじめた


12月8日朝
この日は自家用車の定期点検で旭川市へ行く予定だったが 
荒天のため 予定を延期し

まだ暴風雪・波浪警報のさなか 雪かきを始めた

季節風の浜風(西風)なので 向かいの家の前には積もらず
ウチの前には結構な雪が積もった

しかも吹き溜まりだ

積雪1(1)

作業中には時々 吹雪で周りが見えなくなる

積雪2(1)

この日は除雪車が入っていないので
車道もある程度は雪かきをしなければならない

積雪3(1)

車道は20センチ以上の雪が積もっている
郵便屋さんは バイクで配達するので大変だ
(この日は日曜日なので配達は無いか)

道路はすべてこのように雪が積もっているわけではない
強風による吹き溜まりなので 場所によっては全く積もらない
(ウチの前は当たりがよく いつも余計なものが溜まる)

この日の雪は庭の空き地に積んだが そのうち捨て場所が無くなる

今朝(9日)は今季初めて朝5時半頃に除雪車が入った
昨日に引き続き 2度目の本格的な雪かきだった

体調も万全 非常に良い汗をかいている 
(決して負け惜しみではない)

この辺には年中山から動物が下りて来て 食べ物を物色しているが
冬になるとその痕跡を残す

キツネの足跡は頻繁にみられるが 鹿も来る

動物足跡2(1)
(見ずらいが 左はキツネらしく 
右は・・・なんだカラスか これは珍しくない)

上川地方の幌加内(朱鞠内)ではもう積雪は1メートルを超えたらしい

当市は数日前まで積雪ゼロだったが 
これで根雪かな

見慣れない柚子(ゆず)


九州の知人から友人の庭で育った柚子(ゆず)を送ってくれた
冬至に風呂へ入れる柚子とのこと

北海道ではほとんど目にしない大きな柚子だ
初めて見た

ゆず1(1)

調べてみると
獅子柚子 あるいは鬼柚子という名の種類で
「柚子」と付くが ゆずではなくブンタンの仲間らしい

果肉が黄色くゴツゴツしていて 大きいのが特徴
生食には向かず 主にジャムや砂糖漬けなどに利用されるようだ

また 北海道でも見かける一般的な柚子も入っていた

ゆず2(1)

日本では冬至に柚子湯に入る習慣があるが ボクの家ではその習慣はない
あまり関心が無かったというのが本心

柚子湯は血行を良くし 肌の保湿効果があるので 
寒く空気が乾燥する時期に入ると最適らしい
香りも神経をリラックスさせる効果もあるようだ

ボクもこのところ 頭の方はリラックスしすぎだが 
肌は明らかに老化現象 乾燥肌であちこち痒い 

さっそく 柚子湯にでも入ってその効用にあずかろうか
冬至まで待てないかもしれない

獅子柚子(鬼柚子)の大きさを確認してみよう

ゆず3(1)

皮は相当厚いようだが 冬至に切ってみよう
中の果肉はどうなっているのだろう

まさか 
「笑点」メンバーの黄色の着物を着た落語家の頭の中のようなことはないだろう


プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: