FC2ブログ

カムイスキーリンクスでの初すべり



カムイスキーリンクス(旭川市)での初すべり


カムイスキーリンクス1(1)

このスキー場も先日まで雪不足

最近全面オープンした


頂上へ4人乗りゴンドラで行くと



カムイスキーリンクス2(1)

一瞬樹氷か?と思ったが
新雪で木々は真っ白



カムイスキーリンクス3(1)


山頂は標高751m 山麓は150mだから
標高差は601m


頂上のレストハウス
レストラン・カフェがある



カムイスキーリンクス7(1)


頂上へはリフトを2度乗り継いでも到達出来る

「チャレンジ林道コース」は雪で眩しい



カムイスキーリンクス4(1) 

写真下の「ゴールド2」のコースは傾斜30度
初心者にとっては結構 きついコース
一気に下るのは高度な技術が必要


カムイスキーリンクス6(1) 
ほとんど下ったところから

管理棟と背後の盆地を眺めた


カムイスキーリンクス5(1)


管理棟の横には今は懐かしい
郵便ポストがあった



カムイスキーリンクス8(1)

この日(18日・土曜日)は この後快晴となり

家族連れで賑わっていた





スキー場もようやく全面オープン



今冬は道内どこも雪が少ない

昨年年末に初すべりをした
旭川市のサンタプレゼントパーク

ようやく全コースがオープンした


スキー場1(1)

リフトは3


頂上(標高330m)からは旭川市を一望
天候は曇り時々晴れ


ニコラス展望タワー1(1)

上の写真左は山頂にそびえ立つ展望タワー

タワーの名は「旭川ニコラス展望タワー」
高さ50mの展望室からは

旭川の街並み・夜景・
遥かに美瑛の丘・大雪・十勝岳連峰の山並み・
石狩川・神居古潭の川の流れを一望

しかし このタワーは冬期間はお休みのようだ

残念ながら山頂からは
大雪・十勝岳山系は雲があり

また霞んで見えなかった

スキー場6(1)

中学校は冬休みも終わり
小学生連れの家族がちらほら


スキー場4(1)

この日(15日)は
自衛隊員の練習風景があちらこちらに見られた

北海道に配属される隊員の中には
道外から 遠くは九州から赴任している者がいる

スキーが初めての隊員も多いため
特訓を受けていた


スキー場5(1)


このサンタプレゼントパークスキー場は

旭川市中心部から車で20分程度の所にあり
家族連れで気軽に来ることができる
ファミリースキー場だ

ナイター設備も整っている


スキー場7(1)


登山道コースでは親子連れ

子どもを特訓中



スキーの初すべり


今年は わが家へサンタさんが来なかったので
26日に自らサンタさんの所へプレゼントをもらいに行った

しかし 「クリスマスは とっくに済んでいる」と言われた

ここはサンタさんがいる 旭川の「サンタプレゼントパーク」

        img281(1).jpg

市中心部から車で約20分 
それほど高い山ではないが 標高330mで市内街並・夜景を一望でき
冬はスキー場として市民に人気のある所だ

この日は ここで今シーズンのスキー初すべり
しかし道内のスキー場は雪不足で どこもオープンが延期されている
このスキー場も24日にようやくオープンにこぎつけた

スキー場の名前からして クリスマスが終わってからのオープンだと
洒落にもならない
  
28日現在の旭川市の積雪量は たったの17cm

したがってオープンといっても 
使用出来るゲレンデは 3コースある内の 一番低いセンターコースのみ

リフトも頂上までは行かない 
いわゆる初心者コースのみでのオープンであった

ゲレンデ1(1)

スキー客は 丁度昼食時間であったのでまだ まばら

スキー場2-1(1)

スキー場4(1)

学校も冬休みに入ったばかりだが
さっそくスキー教室が始まっていた
 
スキー場4-1(1)

午後からは
低学年用のスキー教室が始まるのか ゼッケンを着けた子供たちが集まっていた

スキー場3-1(1)

駐車場は子供を送迎する親の車で満車

ところでボクはといえば
この日は5回ほど滑ってきたが

今シーズンの初滑りで
足慣らしなので まず初心者コースで充分か

怪我もせず まず小手調べの運動だった

そして サンタさんからプレゼントがあった
5回券を子ども料金におまけしてくれた
 
やはり 来た甲斐があったな~

・・・しかし
よくよく料金表を見ると
これはシニア券 子ども料金と同じだ

な~んだ!

 

札幌雪まつり~その4~

前回に引き続き 第4回(最終回)

大通り10丁目 UHBファミリーランド

大雪像 スター・ウォーズ2019

スター・ウォーズの雪像は今回で3度目
全世界が注目する「最後のスター・ウォーズ」の公開を記念し制作
レジスタンスの戦闘機XウイングのBB-8乗車位置に乗船が可能になっていた

スターウォーズ看板1

スターウォーズ1
(制作 さっぽろ青少年女性活動協会)

中雪像 巨大カップヌードルすべり台

日清食品提供 北海道限定「北のどん兵衛」もしっかりとPR

カップヌードル1

カップヌードル2-1
朝ドラの「まんぷくラーメン」はありませんでした

大通り11丁目 国際広場

世界各国から9チームが参加し雪像制作を競い 参加者や観客との交流・友好を広げます

参加チーム1

優勝は タイの「コイの美しさと力強さ」

優勝タイ1

準優勝は中国(マカオ) 共享繁栄

準優勝中国マカオ(1)

雪像のモデルとなった観音像(慈悲の女神)はマカオの人気観光地
観音様が善良と調和の象徴である一方 龍は中国では権力と勇気を表す縁起物
社会の調和と団結 繁栄を表現しているようです

ポーランド ハワイ 中国の雪像

ポーランド・ハワイ・中国1

インドネシア 韓国 シンガポール フィンランドの雪像

インヂネシア・韓国・シンガポール・フインランド1

大通り12丁目 市民の広場

小雪像 市民雪像


市民の広場(1)

市民手づくりの力作やユニークな作品が並んでいました

市民雪像1(1)

市民雪像2(1)

市民雪像3(1)


まだまだ雪像もたくさんありましたが 
4回に分けて 
今年の札幌雪まつり(大通り会場のみ)雪像など写真で紹介しました

雪まつり会場に行ったことない方
少しでも雰囲気を味わえたでしょうか

雪まつりグッズもたくさんありました

雪まつりグッズ(1)


札幌雪まつり~その3~

さっぽろ雪まつりの紹介 第3回

大通り6丁目 市民の広場 

北海道食の広場

北海道の味覚を代表するメニューの大集合

食の広場1-1

ラーメンは定番 
三大鍋(石狩鍋・ホタテおでん・タラ鍋)屋台がありましたが 
ホタテ入りのおでん鍋はあまり見かけない

食の広場2-1

大通り公園といえば昔から とうきび 
他道内各地の代表的な自慢の味 新グルメ ホカホカ料理など盛沢山

大通り7丁目 HBCフィンランド広場

今年日本との外交関係樹立100周年を迎えるフィンランド共和国をテーマにした広場
大雪像 ヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキ大雪像1
(雪像制作 陸上自衛隊北部方面通信群)

ヘルシンキ大聖堂は1917年独立するまでは聖ニコラウス教会と呼ばれ白い外壁と緑色のドームのコントラストが美しく 屋根に立つ使徒の像と外壁のレリーフが印象的な市街地のランドマーク

ステージではライブが行われていました

中雪像 刀剣乱舞ーONLINE

刀剣乱舞1

大通り8丁目 雪のHTB広場

大雪像 届いた当たり前が 届ける喜び
     ~今日も走るレッドベア~


レッドベア1
(雪像制作 NPO法人 北海道の地域文化を守る会)

チョット見にくいかもしれませんが 
これはJR貨物の機関車「DF200」 通称レッドベアと呼ぶらしい
あずき色のコンテナやタンクコンテナを乗せた貨車を引き連れ 日本の北から南を繋ぐ鉄道網を走っているとのこと


大通り9丁目 市民の広場

中雪像 たいせつなこと、みんな仲間

テーマは 異なる種類の動物も民族も共存し 助け合って生きていくこと
ステージの周辺にはアイヌ民族に感謝と尊敬を込めて文様が彫られている

大切なこと、みんな仲間1
(雪像制作 101人の会)

中雪像 北海道大好き発見隊 アローラロコン・ロコン
ポケモンのアローラロコンとロコンが北海道をPRする「北海道大好き発見隊」に任命された

アローラロコン・ロコン1

市民雪像が沢山ありました

全米・全豪オープンテニス選手権2連覇中の大坂なおみは大人気です

大坂なおみ1

市民・団体が作成した小雪像を紹介

小雪像1-1

小雪像2-1

小雪像3-1

小雪像4-1

小雪像5-1

今回は大通り9丁目まで紹介 次回に続く



札幌雪まつり~その2~

前回に続き札幌雪まつりその2

大通り4丁目 STV広場

大雪像 Hard Rock Family Live
~初音ミク&戸山香澄 on Snow Stage~

Hard Rock Family Live

北海道型のギターを掲げ世界中で活躍するバーチャルシンガー「初音ミク」とスマートフォン向けゲーム「バンドリ!ガールズバンドパーティー!」からPoppin'Partyの戸山香澄の二人組スペシャルユニット

夜はプロジェクションマッピングによるミュージックショーが実施されていたようだ
*初音ミク・戸山香澄とは 音声合成・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源 及びそのキャラクター
(紹介している本人にもよく分ってない)

中雪像 かんぽ生命による「かんぽくんと雪花火」

雪の花火を打ち上げる新感覚のスノープロジェクションマッピング!
昼間は滑り台になる

かんぽくんと雪花火

アイヌ民族の文化を後世に残すための
「民族共生象徴空間」(2020年春白老町にオープン)もしっかりPRされていました

民族共生象徴空間1


大通り5丁目西 毎日新聞氷の広場

大氷像 台湾ー玉山と高尾駅

玉山は台湾の中央部に位置 3,952mで台湾屈指の高さ
2014(H26)年に富士山と友好山として提携されているようです

台湾ー玉山と高尾駅

氷像なので光を反射し 分かりにくいので絵を参照

玉山と高尾駅1

氷像の高尾駅は新駅ですが 旧高尾駅は2002(H14)年に3,500tの駅舎を台車に乗せ82m移動させ 現在は「高尾鉄道地下化工事資料館」として利用されているとのこと


道北の特産グルメ日替わり市では タイミングよく我がまちからも出店していました
観光協会の職員が寒い中奮闘

特産品ブース(1)

大通り5丁目東 道新 雪の広場

大雪像 北海道を駆ける!サラブレッド
北海道は競走馬(サラブレッド)の一大産地 
国内生産の98%が日高・胆振管内産 多くの名馬を輩出

北海道を駆けるサラブレッド
時計台・クラーク像・北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)を背景に2頭のサラブレッドが駆けています

また 大雪像の陰には雪像 なつぞら
北海道十勝の大自然を舞台にした4月スタートのNHK朝ドラ「なつぞら」のヒロインが顔を出していました

NHK朝ドラ「なつぞら」

今回はこれまで 次回につづく



札幌雪まつり~その1~

3月11日札幌雪まつり最終日
この日 たまたま札幌へ行く用事があったので大通会場へ足を運び
多くの雪像を写真に収めたので紹介したいのですが

大通会場は1丁目から12丁目 
全てを一回のブログでというのは無理があるので数回に分けて紹介する予定です

雪まつりパンフ
(雪まつり公式ガイドの表紙)

その前に
今年で70回目の雪まつり その歴史を振り返ってみると

1950(S25) 雪まつりの始まり
市民の雪捨て場だった大通7丁目広場に市内3高校・2中学校の生徒により6基の雪像が展示

1951(S26)札幌市の年間行事に認定
藤女子校も加わり5基の雪像を制作

1953(S28)大雪像制作の第一歩
伏見高校が高さ15メートルの「昇天」と題する巨大雪像を制作

1955(S30)自衛隊が初参加
雪像制作に自衛隊が初参加 高さ10メートルのマリア像「栄光」を制作

1959(S34)雪像数が増加
雪像数64基と例年の倍

1960(S35)全国的な知名度に
大通3丁目から9丁目まで会場が広がり全国の雪まつりに

1965(S40)第二会場が始まる
真駒内が第二会場に指定

1972(S47)札幌オリンピック会場にも雪像が

1979(S54)岡本太郎さんが雪像制作

1983(S58)すすきのまつりを第三会場に
すすきのの観光協会がおこなっていた祭りを第三会場に指定

1987(S62)会期が7日間に

1990(H2)中島公園が第4会場に

1991(H3)過去最高の362基を制作
札幌ユニバーシアード冬季大会の採火点火式が雪像前で行われる

2003(H15)中国のテレビ局が大型特番を放送

2005(H17)真駒内会場が終了

2006(H18)第二会場をさとらんどに変更

2009(H21)第二会場をつどーむに変更

2011(H23)海外からの観光客が増加
中国や台湾からの観光客が春節を利用し続々来場

以上歴史については
さっぽろ雪まつり実行委員会発行「第70回さっぽろ雪まつり公式ガイド」より抜粋引用


大通り会場の雪像は
大5 中12 小95 計112基
氷像 大1基

その他 滑り台付き雪像 市民の雪像 国際雪像コンクール 11丁目食のコーナー スケートリンク
食の魅力 氷の演出 ステージイベントなどが みどころ

大通り1丁目(J:COMひろば)

前回から野外スケートリンクが登場 東西20m 南北17.5m
小規模ながら 家族で楽しめるスケートリンク

スケートリンク1
(J:COMふれあいスケートリンク)

北海道食の広場札幌テレビ塔会場
札幌と小樽エリアの人気グルメブースやキッチンカーも登場

テレビ塔食の広場1
(とにかく人・人・人です)

大通り2丁目(Mirai yuki広場)

世界初!スマホアプリで楽しむ雪ミクAR雪像
これは写真の撮り忘れで省略 
専用アプリをダウンロードし雪像にかざすと雪ミク(雪まつりのキャラクター)のライブ体験出来るようです

スノー・インタラクティブ・ゲーム 雪玉を投げて遊ぼう

雪投げ体験1
(ゲーム・ボード)

LED大型パネルに映し出された映像を狙って雪玉を投げつけ うまく当たるとセンサーが感知して 映像の内容が変化するなどデジタル技術を活用した遊びらしい

ロシアのブースがあり マトリョーシカを販売
またプーチン大統領のポスターが2,500円で売っていた(値が高い)

ロシアブース1
(ロシアの民芸品ブース)

大通り3丁目 HTB PARK AIR広場

白い恋人PARK AIR ジャンプ台
高さ24m 全長60m 最大斜度39°の巨大ジャンプ台
日本トップレベルの選手によるスノーボードやフリースタイルスキーが繰り広がれる
休憩中でした

ジャンプ台4
(PARK AIR ジャンプ台 スポンサー企業は石屋製菓)

石屋製菓「白い恋人」は相変わらず大人気

白い恋人
(白い恋人 売り場)

あちこちにチコちゃんが登場 大人気のようです
雪像もたくさんありました 次回以降に紹介

チコちゃんとブース1
店も洒落たものを使っていました

4丁目からは 大型雪像が出てきますが
次回以降に紹介していきます


プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: