プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


まとめ

音楽大行進

今年も北海道音楽大行進が旭川市で開催
(6月2日)

道内各地から98団体 3,900人が軽快な音楽を奏でながら市内目抜き通りを行進

まず幼児の部 11団体が参加
幼稚園 保育園児の行進 一生懸命です

音楽大行進1

この音楽大行進は全道規模では唯一の音楽祭

北海道警察カラーガード隊を先頭に
同音楽隊 自衛隊第2師団音楽隊とつづき

一般の部が行進
 
音楽大行進2

この日の気温は平年より3度ほど高めの24度前後
比較的強い日差しの中での行進です

小中高等学校の吹奏楽部がつづく

道央圏 稚内周辺宗谷管内 網走市 富良野市などの学校も参加
毎年賑やかになっています

少人数の学校は近隣学校との合同音楽隊を編成し参加していました

音楽大行進3

沿道で見守った人数は 約14万8千人(新聞報道)

元気な子どもたちの姿に そして中高校生の力強い演奏に熱い拍手を送っていました

行進は3時間ほど続き

行進の後 
市内中心部の4ヶ所ではアフターコンサートが開催

買物公園でも中・高生のコンサートが開かれていました

音楽大行進4

旭川市立北門中学校吹奏楽部の演奏です 
(2分30秒)



買い物客が足を止め 聞き入っていました

この日も
子どもたちの元気な姿を見て パワーをもらってきました

 
スポンサーサイト

筝曲演奏会でした

13日(日)
札幌共済ホールにて札幌三曲協会定期演奏会が開催

三曲会定期演奏会パンフ

毎年この時期に行われている

昨年は工房の関係で鑑賞できなかったが 
今回は観賞・・・
と言ってもビデオと写真撮り

三曲会定期演奏会1-1

三曲は 
もともとは箏 三絃(三味線)胡弓 

しかし明治時代に尺八が一般的に解放されてからは 胡弓が尺八に代わられたとのこと

この日の定期演奏会には協会会員25団体が参加 

お多福の所属する「宮城会 樹の会」は今回 
箏と十七絃 十四人で「千鳥幻想」を演奏

三曲会定期演奏会2

この曲は 原曲を短くし9分弱にしたとのこと

この演奏会に向け 練習で何度も札幌通い

お多福の琴は学生時代からずーと
当時からはもう50年余になるが

この芸の道を極めようとしている(?)

この芸の世界も高齢化が進み 
演奏会を鑑賞していても 若い方は少ない

80歳代は勿論 90歳代もいる

お多福のようなキャリアを持ってしても
まだまだ 「鼻たれ小僧」 
・・・でなくて「鼻たれ娘」

ても まだまだ進化の意欲がありそう

昨年は札幌で5回ほどの演奏会に出演したが

今年はこの後 決まっている演奏会は九州での全国大会を含めあと2回 
未定の演奏会もあるとのこと

何事も「継続は力」

一方 ボクの工房は 始めたばかり

これは 遊びみたいなもの

「職人技」を極める・・・という
大げさなものでなく(もう遅すぎなんです)

体力と気力と相談しながら

マイペース マイペース
おまけに もう一度 

マイペース


アルカディア室内管弦楽団コンサート

ゴールデンウイークが終わった

ボクにとっては 毎週シルバーウイーク

シルバー割引などがある施設等を利用するのは特典だ
特に店舗でポイントが2倍 5倍のシルバーデイに買い物をすると得をする

まだまだバイ・バイするのは早い

年を取って良いこともたくさんある
年を取ることが嬉しいのか そうでないのか・・・

ゴールデンウイーク最終日(6日)は札幌市の「わくわくホリデーホール(市民ホール)」で管弦楽コンサートの観賞

コンサートパンフ1

高校時代の友人がこの管弦楽団に所属し 彼からコンサートの入場整理券が送られてきた

彼は小樽市在住だが 小樽と札幌あわせて3つのオーケストラに所属し リタイア後はヨーロッパ旅行とともにシルバーイヤーを謳歌している

4月下旬から3回のコンサートをこなしたようだが ゴールデンウイーク中の団員の家族サービスはどうなっていたのか・・・余計な心配か

毎年この時期に定期演奏会が開催されている
4月22日の札幌西区オーケストラの定期演奏会には砂川市での「ZAKKAフェスタ」の参加で行くことが出来なかった


この日のコンサートの演奏曲は

ヨハンシュトラウス2世 
 「ワルツ(美しく青きドナウ)」
モーツァルト 
 「ピアノ協奏曲大二十一番ハ長調KV467」
メンデルスゾーン 
 交響曲第四番イ長調(イタリア)」

の3曲 あまりにも心地良く 5分程度熟睡していた

アルカディアコンサート

彼のパートはチェロ なかなか高尚な趣味を持っている

高齢者と言えども
素晴らしい生き方をしている高齢者は 多いですね


*おまけです
積み木「家」1

上の写真はゴールデンウイーク中に小学生の孫2人が 知人から貰ったかまぼこ板と端材で作った積み木で作ったもの

タイトルは「家」で 
その「家」の中には家族がいるようだ



「かずの子のマチ留萌」フェスタの開催

5月5日は「子どもの日」ですが

当地では「「かずの子の日」でもあります

今年も ご当地キャラクター「KAZUMOちゃん」の「こいのぼり」が泳いでいます

KAZUMOこいのぼり

2015年10月に北海道水産加工協同組合連合会によって「5月5日の子どもの日には 両親(二親=ニシン)に感謝する日本の食文化を継承していこう」という思いから 「かずの子の日」が制定されました

また 留萌市では「塩かずの子生産日本一のマチ」でもあることから 2016年9月に「留萌市かずの子条例」を制定し そのPRの一環として「かずの子のマチ留萌フェスタ」を開催

かずの子コフェスタ2

このイベントは 今回で3回目

この日は あいにく寒く そして雨

場所は市内船場公園管理棟
この管理棟は近い将来「道の駅」に予定しているようです

この公園の愛称は「るしんふれ愛パーク」
市が留萌信用金庫とネーミングライツ(命名権)をスポンサー契約しています

管理棟「るしんふれ愛パーク」1

ちょうど昼時のせいか 天候のせいか人はまばらですが
水産加工会社の売り場には ニシン製品が揃っていました

かずのこフェスタ5

二階では子どもの遊び場が用意

かずのこフェスタ4

屋外では にしんの三平汁が提供されていました

この管理棟は 地元FM局「エフエムもえる」が管理 
この日のイベントの様子を実況生放送していました

かずのこフェスタFM

あいにく気象条件のせいで 人出はイマイチでしたが
主催の市関係者も総動員 頑張っていました

ところで 
ご当地キャラクター「KAZUMOちゃん」を利用した駐車場の看板も傑作

KAZUMO駐車場標識

船場公園のネーミングライツ(命名権)をスポンサー契約している留萌信用金庫の駐車場の看板です 

さあ 買ってきた「味付けかずの子」」を食べよう
 

ZAKKAフェスタへの参加

22日(日)砂川市地域交流センター「ゆう」にて開催の「ZAKKAフェスタ」に参加

ZAKKAフェスタのサブタイトルが
~しあわせ雑貨日和~

そのタイトルどおり 天候にも恵まれた

しかし 
今冬は雪が多かったらしく 「ゆう」の駐車場には まだ雪が少し残っていた


砂川市地域交流センター

広い会場で準備

見上げると 
無風なのでこいのぼりは立ち泳ぎ(?)

ZAKKAフェスタ会場

昨年に続いての参加
萌樹工房のブースは 準備完了

萌樹工房ブース

砂川市高齢者見守り運動キャラクター「みまもりんご」のグッズも昨年に続き2回目の参加

「みまもりんご」グッズは それなりの反応があることからキャラクターは浸透してきていることが 判明

みまもりんごグッズ

萌樹工房の販売品は 子どもが興味を持つものが中心

特に男の子が関心を持つ機関車 電車 
車の付いた動物など

この日も特に機関車と電車はすぐ売れ切れ

車・動物

手作り市は各地で開催されているが
女性が興味を持つ商品がほとんど

娘のハンドメイドショップkachitoも出店

ハンドメイドショップkachito

砂川のハンドメイド作家が大集合
写真はその一部

出店様子1

出店様子2

午前10時から4時間のZAKKAフェスタ

ZAKKAフェスタ会場内

会場は賑わいを見せていた


 | ホーム |  次のページ»»