FC2ブログ

子どもの日です

子どもの日ですが 近所から子供の声はほとんど聞こえません

ゴミ出しの時に会う おじいちゃん おばあちゃんばかりです

ひと昔前はあちこちの家で こいのぼりを揚げていましたが 最近はあまり見かけません

こいのぼりを揚げる習慣も 無くなってきたのでしょうか

かぶと3

萌樹工房作 おひな様と兼用のかぶとの飾りです 

  こいのぼり(和紙)

和紙に印刷した こいのぼり

30年以上前のことです

公営住宅の4階に住んでいたとき ベランダに小さなこいのぼりを立てたら 
子供たちに「ウチに男の子はいないのに」と言われ

「お父さんがいるでしょう」と答えました

このこいのぼりは 吹き流しの下に真鯉と緋鯉が並んでいたのですが 
次の日 強風で「緋鯉」が飛ばされ いなくなりました

それを見て 子どもたちに「お父さん お母さんに逃げられたよ」と言われたことがありました

子どもたちは父親に似て結構 冗談がきついのです

また
ウチは 子供が三姉妹で 男の子はいなかったのですが

育てた犬は男(雄)でした
6(ロク)番目の家族で 
色が黒(クロ)なので ゴロ合わせでロックと名付けたのです

ロック コラージュ

子どもの日に このロックの小屋にこいのぼりを揚げ 
お祝いしましたが 本人(本犬?)は分かっていたのでしょうか

こいのぼり

その時の写真が見当たらないので イラストで代用します

ロックは15年ほど前 12歳でご臨終になりました
こいのぼりで思い出しました


かぶと4

このかぶとはボクが60歳を過ぎてから お多福がプレゼントしてくれたものです

60歳過ぎても未熟なので
まだ成長を期待されていたのでしょうか

写真では大きさが分かりませんが 高さが15cmほどで 極めて小さいものです

また
男の孫は1人ですが こいのぼりのように 
元気で たくましく育ち 羽ばたくことを願っています

ps.
おまけです
お多福の大好きな中華

中華

半分もらいました
まだ はばたけそうです







観光施設のオープンです

すっかり春らしくなり 4月下旬ゴールデンウイーク前に市内観光施設がオープンしました

海のふるさと館
海のふるさと館

博物館でしたが10年ほど前に財政難により 冬期間を休館とするため博物館の指定を解除し 現在は4~10月の開館で 観光協会が管理運営をしています

以前にも紹介しましたが
館内には郷土の資料の他 当市出身の映画音楽家佐藤勝の記念物が展示されています

黒澤明監督の映画音楽のほとんどを担当し
  
佐藤勝1

数々のアカデミー賞を受賞し ブロンズ像も展示されています

佐藤勝2

晩年の作品寺尾聰主演の「雨あがる」
隣には「北の蛍」の楽譜も展示されています

黄金岬

海のふるさと館の眼下の黄金岬ですが これから磯ガニ釣りで賑わいます


次に礼受牧場の敷地内にある牧場畜産館

牧場畜産館

レストランとなっています
日本海を眺めながらの 焼肉コーナーも人気がある場所です
またヤギなども飼育されています

牧場では 風車の下で牛の他ポニーが放されます

CCZ海岸

この牧場からゴールデンビーチ(海水浴場)が見渡せます
このゴールデンビーチでは海水浴期間中の毎土曜日に花火が打ち上げられていました

牧場畜産館1

暑寒岳を背後に風車群の横に見えるのが畜産館です


次に 市全景を見わたすことのできる千望台にある 休憩所

千望台休憩所

ログハウス作りで 軽食レストランになっています

過去にはこの千望台にホテルがありましたが 火事で焼失しています

市全景
何度もブログに出していますが 市全景です

これから当市は短いながらも 住みよい季節を迎えます

市民が集う場所は他にもあるのですが 今回はこの3ヶ所を紹介しました



 

ましけマルシェがオープンしました

ましけマルシェが4月27日にオープンしました

増毛マルシェ1

新聞記事1

増毛町が国の交付金を受け 3年前から地元の活性化を図るために設置した「ましけマルシェ」

ここでは4月から11月の期間 地元農水産品 加工品などが販売されています

建物は旧セブンイレブンの店舗を改装したもので 観光協会が町から委託を受け 地域おこし協力隊が中心となり管理運営しています

萌樹工房が以前から増毛町のキャラクターグッズを制作している関係で 特別に「かもめのマーシーくん」グッズを置かせてもらっています 

マーシンくんグッズ1

マーシンくんグッズ2

特産品を主に販売されていますが 手作り品も多く出されています

増毛町はエビなどの水産物はもちろん 果樹園も多く 当管内では観光客が一番多く訪れる所で

これから農産物を中心に店内は賑わいを見せることでしょう

東京四ツ谷ホテル・ドゥ・ミクニ」等のオーナーシェフで 洋食料理家の三國シェフ(三國清三)は増毛町の出身で
美食学名誉博士という称号があるようです

JR留萌本線の留萌~増毛間が廃線となり 寂しくなりましたが 頑張ってもらいたいものです

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: