プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
以前から続けてきた手作りでのクラフト創作で、主に手先・目そして頭を使うことで多少なりとも老化速度を遅らせる効果を期待している。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


まとめ

子持ちトウキビ

お盆に親類から貰ったトウキビ(トウモロコシ)の中に「子持ちトウキビ」が入っていました

子持ちトウキビ1

始めて見ました
農家の方なら見慣れているのでしょうが 

ボクはビックラコーン

トウモロコシの栽培についてネットで見たら

トウモロコシは1株に2~3本の雌穂ができ 実入りの良いトウモロコシを収穫するために 1株に1つの雌穂を残して摘果(除房)するのだそうです

摘果した実はヤングコーンとして食べられるようですが ひげが出てきてから1週間ほどの実が食べごろとのことです 

このヤングコーンに似ています

これがヤングコーンです

ヤングコーン 

このヤングコーンよりももっと小さいので食べられそうもありません

他のトウモロコシの皮をむいていると 
今度はこれです

P_20170812_184454(1).jpg

双子が出てきました
一卵性でしょうか 二卵性でしょうか

どっちでも良いのですが 

子孫繁栄 めでたしや





スポンサーサイト

キャラクターグッズの新製品

先日(7月26日付ブログ)キャラクターグッズの新製品として「ブックエンド」の紹介をしましたが 

ブックエンド2

今回はこれです 貯金箱です

貯金箱KAZUMOちゃん1

小銭を入れる場所が陰になって見えませんが 屋根の一部に穴をあけています

夏休みに1週間ほど孫たちが来て 例によって自由研究の手伝いで木の車を作り 更にこの車を置く場所に家が欲しいと言われ簡単な家をMDF材(木材の一種)で一緒に作ったのですが 屋根に穴をあけたら貯金箱になるね とキャラクターグッズにしてみました

先週留萌観光協会が運営するお土産屋さん「お勝手屋萌」に預けました

また この種類を「ISOGANY」グッズとして制作

ブックエンドイソガニー1

「ISOGANY」とは当市商店街振興組合連合会のキャラクター
市内景勝地黄金岬に生息する「磯ガニ」をもじった名前です 

貯金箱イソガニー1

この貯金箱は500円硬貨で300枚入りますので
根気よく満杯になるまで貯金すると15万円程になります

ちょっとした旅行に行けるかも・・・

この貯金箱は お金の取り出し口はありません
取り出すときは壊すしかありません

ですから貯めるしかありません

近日中に
CAFE &軽食の店「イソガニー」にて販売の予定です
この店からは いつも新商品を要求されています

店頭販売価格は ブックエンドと同じ 600円なのでお手頃

ご希望の方は 注文に応じます 
勿論 絵柄と文字についても相談に応じます

但し これは送料の方が高く付きますね



戦争のない世界を願う ~その2~

前回のブログ「戦争のない世界を願う」の中で「三船殉難事件」の文言を出していましたので、概略その説明をしてみます

昭和20年8月22日 終戦から一週間後樺太から引揚げる避難民を乗せた三船が小樽に向けて航行中 留萌沖で国籍不明の潜水艦の魚雷攻撃を受けて 多くの犠牲者を出した事件です

三船とは

小笠原丸(1,403t)
8月22日午前4時20分頃 増毛町別刈沖で潜水艦の攻撃を受け沈没
乗船人員702名 死者行方不明者641名 生存者61名

第二新興丸(2,500t)
8月22日午前5時30分頃 留萌沖で潜水艦の攻撃を受け大破したが自力で留萌港に入港
乗船人員3,600名 死者行方不明者400名 生存者3,200名

泰東丸(880t)
8月22日午前10時 小平町鬼鹿沖で潜水艦の攻撃を受け沈没
乗船人員780名 死者行方不明者667名 生存者113名

死者行方不明者が1,708名にもなったのは乗船していたのが引揚途中の老人・婦女子が多かったからで 留萌港にたどり着いた第二新興丸は 血と肉塊が甲板に散乱し 右舷のまくれた鉄板に挟まれた死体や 天井にぶら下がった死体などで目を覆いたくなるような悲惨な状況だったとのこと

この事件は 「国籍不明の潜水艦」による攻撃とされてきたのですが 以後旧ソ連の潜水艦であると推測されているようですが
ロシア政府は現在もなお公式にこの事実を認めていません

小平町鬼鹿海岸には「三船遭難慰霊の碑」

obira.jpg

留萌市には日本海を見渡せる位置に
「樺太引揚三船殉難者慰霊碑」

P8234854(1).jpg

増毛町には町営墓地に「小笠原丸殉難碑」が建てられ

Monument_to_Suffering_of_Ogasawara-maru(1).jpg


この悲惨な事件のあった22日には 留萌市・増毛町・小平町では 毎年犠牲者の冥福を祈る慰霊祭が行われています

img036(1).jpg

この新聞記事は留萌市のお寺で行われた遺族会開催56回目の慰霊祭で 一命をとりとめた避難者 また遺族の方々が参列した様子です

またこのお寺横の市営墓地内にも無縁仏としての慰霊碑が建立されています

無縁墓

この三船は稚内に立ち寄り この稚内港で下船した避難民は助かっているのですが この中に第二新興丸に乗船していた後の大相撲横綱大鵬の納谷幸喜がいたようです

またこの終戦(8月15日)の直前(8月9日)に対日参戦した旧ソ連は 樺太に侵攻した後 北海道留萌に上陸し 留萌と釧路を結んだ北側を占領する計画でしたが 当時のアメリカ大統領トルーマンがこの作戦を拒絶したため 北海道は南北分断を回避できたのです

もし今の朝鮮半島と同じ状況となっていたらと思うと ぞ~とするのですが

あらためて 戦争の無意味さと恐ろしさを感ずるところです










戦争のない世界を願う

8月には戦争のない世界を願い 全国で平和祈念式典が開催されています

当市でも18日に留萌市平和祈念式典が開催され 戦争や留萌沖で起きた「三船殉難事件」の犠牲者の冥福を祈り 恒久平和の誓いを新たにしました

毎年この式典では お多福が代表になっている「留萌ファミリー・コーラス」の歌声で締めくくられています

平和祈念式典1

平和祈念式典2

今回は12名で「涙そうそう」と「ふるさと」の2曲を披露し 会場が優しい歌声に包まれたようです

この「留萌ファミリー・コーラス」は当初 親・子・孫の「三世代コーラス」で結成されましたが 時の流れに逆らえず 今はすっかり「おばあちゃんコーラス」になっています

結成は1994(H6)年ですから23年が過ぎました

この記念式典で歌うのも10年以上にもなるようです


さて 年々戦争体験を語る人がいなくなり 戦争の恐ろしさが薄れ 最近では核戦争勃発の危機にもさらされています

戦争だけでなく 人間の限りない欲望とエゴで このかけがえのない地球を破滅への道へと突き進んで行くのを止める強い指導者が必要です

トランプ大統領にも地球環境を大切に そして安倍首相にも核廃絶の取り組みを宣言してもらいたいものです

住みよい環境で子孫に引き継がれていくよう 願っています

海水浴はもう終わりです

お盆も過ぎ 7月上旬にオープンした ゴールデンビーチの海水浴場も20日で終わります

それでも まだ家族連れがいました

P8164960(1).jpg


子どもたちの夏休みも今週で終わりますが まだキャンプをしています

ひと昔前は お盆が済んだら海に入るものではない と言われていましたが
今はそんなこと関係ないようです

ボクの子供の頃は お盆が過ぎると海ではクラゲが繁殖し 毒針で刺されるので 海にはほとんど入りませんでした

今は 海に入るのではなく 単に海で過ごす人が多いようです

海水浴2

海に入っている人は あまり見られず
砂遊びをしているようです

海水浴1

この乗り物は何でしょう
昨年まではバナナボートでしたが 今年はバナナではないようです

 バナナボート

今年はタイミングを逃し 海水浴最盛期の入れ込みの様子を写真に残せませんでしたが 全国的には年々海の人気は落ちているとのこと

というのは砂の後始末が面倒なことと 海水は肌がベトベトして気持ちが悪いという理由だそうです

そういえば当市も 海水浴客の入れ込みは年々少なくなっているかも・・・

その代わり キャンプ人口は確実に増えているようです





夏祭り

留萌市の三大祭りの一つ「るもい呑涛(どんとう)まつり」が7月28・29日に開催
以前は「港まつり」の名でした

 7adf63c21c95654c592df7ee8169de94-280x396.jpg
 
28日は前夜祭で 「グルメ屋台」のお目見え 特設ステージでは バトントワリングやフラダンス・ジャズダンスを学ぶ子どもたちが会場を盛り上げ また井原水産&北星学園大学チームが演舞を披露

*井原水産とは・・・「塩かずのこ」生産で全国1位の市内水産加工会社

img026(1).jpg

フィナーレは花火とレーザー光線とのコラボが繰り広げられ 音と光の共演で夏の夜空が彩られました

img027(1).jpg

翌日は 28回目を迎える「やん衆あんどん」行列

広報車を先頭に 女みこし はねと集団が出発

img031(1).jpg
img033(1).jpg


img028(1).jpg


あんどんは 大あんどん六基 中小あんどんが六基 あわせて十二基が参加

img030(1).jpg

企業 団体 行政機関が 個性あふれたあんどんを製作

img032(1).jpg

img029(1).jpg

この他 市内高校野球部も参加

また幼児から一般まで 4百人のはねと集団が参加 

迫力ある和太鼓の音とともに「ライヤー!」の掛け声とともに 見物客から歓声も上がっていました

この後11日には 留萌港にて「サマーフェスティバル」で恒例の大花火大会が開催されました


夏祭りが終わると もう秋に向かいます







黄金岬とカニ釣り

学校が夏休みに入り 黄金岬では何組かのカニ釣りの家族連れが見られました

黄金岬1

この日は平日なので それほどの人出ではありませんが 楽しそうに遊んでいます

黄金岬カニ釣り1

針金の先にイカの足を付け 石の間などに下げると 磯ガニが匂いに引き寄せられ 食いついたところを引き上げるのですが 子どもは勿論 大人も時間を忘れ夢中になります

夢中になり過ぎて お尻を海水につかり パンツまでビショビショに濡らすことがあります

磯ガニは食べるために釣っているのではなく ほとんどの人はキャッチ&リリースのようです

岬売店

この黄金岬には観光シーズンだけですが 3件ほどの売店・食堂などが営業しており 土日は結構繁盛しているようです

売店には磯ガニの釣りセットがあります
エサ100円 アミ250円 カゴ300円 バケツ250円

それなりの値が付いています

特に内陸方面からの観光客が喜んで楽しんでいる様子でした

*写真の売店の背後(上)は「海のふるさと館(郷土資料館)」

海鳥とタンカー

海鳥もエサを求めて岩場で休み 沖には留萌港から出港したタンカーの姿が見られました












利尻富士と夕陽

これまでも紹介していますが
この3日間連続し 遠く離れた利尻岳(利尻富士)が見えています

P8074862(1).jpg

市内千望台からの眺めです
利尻富士は 年に何度か見ることが出来るのですが 
この3日間 毎日見えています

利尻富士の南側(写真の左側)が焼尻島とオロロン鳥の天売島

P8074864(1).jpg

当市から利尻富士までの距離は約140㎞
(参考 当市と札幌間が120㎞)

焼尻・天売島までは約60㎞ 

時間は午後6時半過ぎ 日没が近いので 夕焼け模様
日没は6時57分 日が短くなりました

P8074855(1).jpg

利尻富士が見えると 天候が崩れると言われています
それなりの根拠があるのでしょう

台風崩れの温帯性低気圧のせいで 雨が近いのでしょうか


パソコン文字の誤変換など

最近のブログ作りで 文字の誤変換又は 意にそぐわない変換が結構あったので紹介してみましょう

自己責任での誤入力もあるのですが パソコンが勝手に解して面白い変換をしてくれることが多々あるのです


◎ としよりくさい 
「年寄くさい」 が正解なのですが 

「都市より臭い」に変換
 田舎は都会より 嫌な臭いが多いのか?
 
そうかも知れない


◎ おおさかづき
オオサカズキ
オオモミジの園芸品種 盆栽で人気のもの

「大阪好き」に変換されることがある
 
ボクは関西弁が苦手なので 大阪は大好きという程でもない

オオサカズキ2
これがオオサカズキ


◎ かいすいよくじょう
「海水浴場」 のつもりが

後の「い」が欠け「く」を「う」に誤入力したため 
「解すよう苦情」に変換
  
ボクのミスなのでパソコンから苦情を言われた


◎ ハト(鳩)は
「ハトは」が 「ハト派」になった
  
安倍首相は「タカ派」なので もう少し「ハト派」の意見を参考にした方が良い


◎ おとずれます
「訪れます」が正解

ボクは浜育ちで 訛りがあり 「ず」を「づ」と入力ミスし
「音釣れます」となった 

「音」が釣れるとは どんなことか 


◎ なまりがあり
と今打ったが 「訛りがあり」が正解
  
「鉛があり」とも変換される 
釣りをしないので「鉛」はいらない


この他にも 誤変換など沢山あるのですが 今回はこれまでとし

後日 また紹介します



  

旭川市キャラクターグッズの追加

旭川市のキャラクターグッズは 駅前通り買物公園の「まちなか交流館」で扱ってもらっている

各市町村取扱店でのグッズの動きが鈍いところは そろそろ引き揚げようかと思っている時に 追加注文の連絡が入ることがあり

この旭川市の場合も同様でした 

まちなか交流館1

この交流館の2階にショップがあり 同じフロアーに市役所観光課の事務所がある

店の責任者と他市町村のグッズの話をしたところ 是非作って欲しいと言われ 逆にグッズが増えることになった

旭川市の場合 デザインの使用許可を受ける際には デザイナーの厳しい審査があるのですが 何とかクリアし4日から店内に置くことになった

あさっぴー・ゆっきりんレターボックス1

これはすでに許可を受けていたレターボックスで
ちょっとデザインを変えたもの

あさっぴー・ゆっきりんカッププレート

カッププレート
「あさっぴー」 と 「ゆっきりん」

あさっぴー・ゆっきりんティシュボックス

ポケットティッシュボックス 
表と裏側にそれぞれ 「あさっぴー」 と 「ゆっきりん」のデザイン

あさっぴー・ゆっきりんテープカッター

テープカッター
これも 表と裏側にそれぞれ「あさっぴー」と「ゆっきりん」のデザイン

まちなか交流館店内

店内 旭川市の特産品などが販売されている

店内1

このコーナーはキャラクターグッズのスペース

キャラクターは男性版の「あさっぴー」と女性版の「ゆっきりん」の2種類ですが「ゆっきりん」は後発のためか 売れ行きは「あさっぴー」が良いとのこと

萌樹工房製作のグッズはこの棚4段を占有することになり

結果的には また手を広げることになりました

 

 | ホーム |  次のページ»»