FC2ブログ

方言玉手箱 その19 ~そったらべっこ~

旬の魚が食べたくて漁港へ行き 船が入ってくるのを待っていたことがある

これから夏にかけて夏網と称する 小型定置網で ホッケが漁獲される

親類の漁師が秋サケ定置網とこの小定置網漁業を営んでおり 以前はよくホッケをもらいに行ったものだ

漁船が岸壁に着き 魚の荷降ろし作業中に

「親方 ホッケ少しもらっていくよ」と声をかけ 5~6匹バケツに入れると

「そったらべっこ 持って行ったってダメだ! もっといっぱいもってけ!」

「江戸っ子は宵越しの金(銭)は持たぬ」と言うが
「蝦夷っ子の漁師も宵越しの金は持たぬ」で

この親方もまた気前がよく 粋で 太っ腹 
「ヨォ 親方!」

「好きなだけ 遠慮しないで持ってけ!」ということになり

結局は バケツに溢れるだけホッケをもらって 帰ってきた

ホッケ

この方言 「そったらべっこ」は
「たったそれだけ」「そんなに少なく」という意味になる

また 同僚とよく飲みに行った一杯屋(居酒屋)
この店のおばちゃんは 魚を持っていくと料理して出してくれる

アンコウが手に入り アンコウ鍋を頼んだが
「こったらべっこ 持ってきたってみんなで食べる分なんか ないべさ!」と一括

いつものとおりこの日も5人

数日前に自宅で料理し食べたが 余分に残しておいたものだが 確かに5人分は無かった

これもまた「たったそれだけ!」だ

但し 野菜をたっぷり入れてくれた

アンコウ鍋

また「あったらべっこ」という言葉も同じように使われている

これらの方言は
浜でしか使われない方言だと思っていたのだが 先日都会育ちのお嬢さんたちに聞いてみたら

「そったべっこ」「こったらべっこ」「あったらべっこ」を全て知っていた

実家が商売をしていたので人の出入りが多く 多方面から方言が入ってきていたらしい

また
「そったらやつ(もの)」
「こったらやつ(もの)」
「あったらやつ(もの)」もよく使われる

これもあまり良い言葉ではないが 浜では軽蔑の意味をこめて使われる

「あったらやつの言うごとなんかに耳貸すな ウソこきで デタラメなやつだから! 信用ならねど!」
という具合だ

「あったらもの 相手にすんな!」
「こったらもの いらない!」
「そったらもの とるにたらない!」 など など

自分が面と向かって「あったらもの」「こったらもの」「そったらもの」と言われたら 
人間扱いされず「魚粕(カス)」と化す(カス)気分となる 

ガッツリ落ち込む方言だ


今回はウダデ(非常に)乱暴な方言だったが

「こったら取るに足らないブログ」と思いながらも 最後まで読んでくれて

ありがと… またね




プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: