FC2ブログ

「現存天守12城めぐり」~松山城~

「現存天守12城めぐり」 第2弾 松山城

十数年前に愛媛県松山市を訪問した際に 道後温泉方面へゆっくり電車で見学 その後松山城を見学するためロープウエイに乗ろうとしたら
「上に上がってももう城は見れませんよ」と言われた

すでに午後5時近くになっており4時半で見学受付終了だとは知らなかった

今回は その時のリベンジ 
6月10日 松山城に入城することが出来た

松山城1(1)

松山城は関ヶ原の戦いの功績で伊予を与えられた加藤嘉明が 
慶長7年(1602)に築城を開始 
標高132mの勝山山頂に本丸を置き
麓に 二ノ丸 三ノ丸を設けた平山城

建物の多くは数度の火災で焼失 
安政元年(1854)天守が再建され 
これが現存のもので三重三階地下一階の建造物

松山城2(1)

松山城は勝山に築城したことから「勝山城」
または「金亀城」と呼ばれている 

「金亀城」の由来は 築城の際 
山麓の内堀の所が深い淵になっていて
そこに「金色の亀」が棲んでいたといわれたため 
その伝承にちなんだそうである

下の写真は
上左から 筒井門 一ノ門  下左から ニノ門 三ノ門

松山城3(1)

城の見どころは石垣 松山城の石垣も美しい

天守群は 天守 小天守 南隅櫓 北隅櫓の4つが天守四隅に配置され
多門櫓と廊下などで結ばれた連立天守 
天守の構えは最も厳重なものと言われている

松山城4(1)
(天守入り口と北隅櫓)

松山城5(1)
(十間廊下と多門櫓)

廊下と櫓には 数多くの各種狭間(さま)と石落しが設置されている

この十間廊下は資料館としての機能が備えられていた

松山城6(1)
(加藤嘉明の着用していた甲冑 刀剣類 藩札)

松山城7(1)
(後の城主松平定則の書 長持ち 伊予四季図屏風)

城は加藤氏の時代には完成せず
蒲生(がもう)氏を経て 松平氏の時代に完成
松平氏が明治まで続いている

これは松山城二の重南の下見板張りの裏に描かれていたもので
天守再建当時の大工が描いたと思われ モデルは作事奉行ではないかとされている

松山城8(1)

小天守の様子
ここにも 狭間 石落しが多く設置されている

松山城10(1)

天守の様子

松山城9(1)

天守から見下ろした風景

松山城11(1)

以前に使われていた鯱と加藤嘉明像
鯱は左の口を開けたものが南棟に 口を結んだものは北棟に置かれていた
鯱は頭部が竜虎 背に棘をもつ海魚の形をした想像上の海獣

大棟の両端につけ 防火の効があると言われているそうだ

松山城12(1)

加藤嘉明は松山城の完成前に会津に移されことになった
石高はさらに倍増されての いわゆる栄転であったが
これは自身の望んではいなかったことらしい

会津若松城の大改修に携わったが 転封後4年で死去
工事は息子に引き継がれ 完成後幕府によって家中騒動を理由にお家断絶させられ
松山城と同じく 親藩の松平氏が入って堅城に守られることになったそうだ

築城に利用された加藤親子だったようだ


「現存天守12城めぐり」~松江城~

「現存天守12城めぐり」第Ⅰ弾
6月9日に訪れた「松江城」

松江城は山陰に現存する唯一の天守

松江城2(1)

慶長15年(1610) 宍道湖を見下ろす亀田山(標高28m)に築城

天守は外観五重内部六階 黒塗りの下見板張で覆われ
極めて実践的に造られた城である

松江城1(1)

平成13年(2001)に二の丸の南櫓・中櫓・太鼓櫓が復元
松江城は別名 「千鳥城」と呼ばれる

天守台の石垣内部は石蔵になっており 中央には井戸ががあった
この石倉は 非常時に備えて生活物資を備蓄する所でもある

松江城4(1)

階段はスライド式になっており 非常時には敵が上がってこられないような構造になっている

また他の城と同じように 
板張り部分のいたるところに狭間(さま)や石落(いしおとし)が設けられている

松江城3(1)

石垣を登っている最中に 大きな石を落とされたら
どんな石頭でも たまったものではない

次の写真は 後藤又兵衛(ごとうまたべえ)所用と伝わる甲冑と槍
後藤又兵衛は黒田長政の後に豊臣秀頼に仕えた武将 
大阪の陣で奮闘し戦死

甲冑と槍は松江藩士の土岐円太夫家に伝来したとのこと

松江城7(1)

旧鯱(しゃちほこ)と鬼瓦
下は松江城に天守の屋根に葺かれていた鬼面の鬼瓦
鬼面でないものも鬼瓦と呼ぶが 松江城天守には現在も鬼面の鬼瓦が載る

松江城5(1)

他域では家紋や吉祥文様の鬼瓦が多く 
鬼面を用いる松江城の例は珍しいようである

徳川幕府から 松江城の築城を命ぜられたのは築城の名人堀尾吉晴

堅固な石垣による築城は難工事で 人夫に賃金の値上げを要求され 藩主夫人自ら奥女中とともに餅を作って工事現場で売ったというエピソードが残っている

堀尾氏は二代で用済みとなり その後城主は京極
そして家康の孫にあたる松平直政が入り 明治まで継承された

松江城前に建立されている堀尾吉晴像と 
この日城内をイベントで隊列を組み行進していた侍たち

もうちょっと早く着いていたら ボクも甲冑を身に着け参加できたかも

松江城8(1)

天守からは 松江市と宍道湖を見降ろすことができた

松江城6(1)



「ふぐの子」の加工品があった

今回の「現存天守12城めぐりの旅」の途中
能登輪島朝市で「ふぐの子」の加工品を見つけ

買ってきたのが
「ふぐの子糠漬け」と「ふぐの子クリームチーズ」

ふぐの子加工品1(1)

お多福の生家は元大謀網(大規模定置網)を経営
父親は鳥取から北海道へ渡ってきた三代目 
祖父から始めた漁業で生計を立て
ニシン漁の衰退後 厳しい時代を過ごしたが

さばが獲れ出し ふぐが獲れ 続いてまぐろも獲れ
定置網の名称は 元々は「さば定置網」であったが

「さば・ふぐ定置網」そして「さば・ふぐ・まぐろ定置網」とその名も変わり 色々な魚が獲れた時代があった

お多福はこのふぐと まぐろのお陰で大学を卒業できたようだ
結婚した当時もまだ結構ふぐが漁獲されていて 
ボクも実家を訪問したときは 水揚げの様子を見に行ったものだ

ふぐは大型のものは剝き身にして出荷
小さなものは焼乾し後 粉々にほぐして出汁用として蕎麦屋など料理屋などに卸していた

お多福の母親はこのふぐの加工の責任者
いわゆる加工場の工場長をしていた

ふぐはご存知のとおり内臓・皮膚・血液・筋肉の一部などに毒があり
料理を間違えると食中毒による死亡原因となる

国内の食中毒の原因はふぐと きのこが多い

1522139(1).jpg

だから
ふぐの料理屋には必ず「ふぐの調理師免許」を持つ調理人を置かなければならない
特にフグの卵巣には猛毒がある

今回輪島朝市で購入してきたものはまさにこの卵巣だ

実家のふぐ加工場では当時
この卵巣を塩漬けにした半製品をこの石川県に出荷していた

出荷後はどのように加工され 販売されているのか
父親が石川県に視察に行ったこともあるようだが詳しいことは聞かされていなかったとのこと

その加工品がこの輪島朝市にあった
卵巣は2~3年間塩漬けで寝かせておくと毒が消える

何故塩漬けで毒が無くなるのか 科学的には証明されていないようだが
石川県ではこの方法で解決し 加工品として販売されている

手間暇かけているので値も高いが 
本州では人気なのか 楽天市場でネット販売もされている

高価な珍味として人気があるそうだ

一方北海道ではほとんど見かけない

今回手に入れたこの加工品はまだ食べていないが

「糠漬け」は スライスして食べ
「クリームチーズ」はクラッカーなどに塗りつけて食べると美味しいとのこと

お多福の実家の「ふぐの子を塩漬けにした半製品」はこのような製品になって販売されていたことが解った

また一つ 
北海道と石川県が繋がっている物を発見した旅であった


「現存天守12城めぐり」帰りのフェリー

7日から 13泊14日(フェリー2泊)の城めぐりの旅が終わった

復路は海流の関係で 1時間以上早いが 21時間の船旅
20日往路と同じように船内では色々なゲーム・クイズなどが開催されていた

今回は お多福が色々な景品を獲得
まず「ビンゴゲーム」では

ポストカード1-1

フェリー会社が所有するフェリーのポストカードをゲット
このフェリーの船名は往路と同じ「はまなす」

カフェ・ホールでは また「ユニット妖」によるオカリナと琴の演奏があり

IMG_20190620_152224(1).jpg

演奏者から出されたクイズでは オリジナルCDが当たった

CD景品1(1)
(左がオリジナルCD 右がボクが当たった懐かしき名曲集)

さらに 船内クイズラリー5問完全正解

正解者のうち抽選で お多福が当選者3名に入り 
船内売店で販売されている「バターあめ」をゲット

参加者数は少ないが 確率は18分の3 

船内クイズラリー1(1)
(当選者発表と フェリーの箱に入った「バターあめ」)

3種類のゲーム・クイズなどで完全制覇 

この旅は 「行きは良い良い 帰りも良い良い」で終了

小樽港到着20時45分
自宅に着いたのが 23時30分 
自宅には泥棒も入った形跡もなく どうやら 鉢類も無事だったようだ

下の写真は舞鶴港での乗船前に隣にとまっていたバイク
バイクの前には 何故か「ダルマさん」が付いていた

バイク2(1)

小樽港から何処まで行くのか 
目的地に着いたら この「ダルマさん」に目を入れるのか
まだ両目とも「白目」だった

京都・大阪・鹿児島・三重・名古屋ナンバーで北海道を回る高齢者夫婦の車も見うけられ
大型バイクで北海道を走る高齢者の姿も見受けられたが

元気な高齢者が何と多いことか

まだまだ 健康でいたいものだ


 

瀬戸大橋を車で初めて渡る

今回は橋の写真を紹介

現存天守12城をめぐる旅で島根県松江から「瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)」で四国に入り
愛媛県松山城・宇和島城 香川県丸亀城を見学 そして再度本州へは「瀬戸大橋」で戻った

「瀬戸大橋」は坂出市から倉敷市を結ぶ10の橋の総称
1988年に全線開通 橋には道路の下を鉄道が走っている

この道路は瀬戸中央自動車道12.3Km
今回初めて車で通った

下の写真は瀬戸大橋与島パーキングエリア

瀬戸大橋2(1)

このパーキングにはらせん状の道をグルグル回りながら降りてこなければならない
橋自体が高いので結構恐い

休憩タイムでこのパーキングに降りたが
このエリアから瀬戸大橋を眺める景色は素晴らしい

瀬戸大橋1-1

瀬戸大橋3(1)

北海道ではこのような風景は見られない

17日は名古屋から白川郷を経由して能登七尾市に到着
ホテルに入る前に能登半島にある能登島を一周

ここにも素敵な橋がっ架かっていた
一つは「能登島大橋」 そして「ツインブリッジのと」

ツインブリッジのと1(1)
(ツインブリッジのと)

地図で見ても非常に小さな島だが 立派な橋が架かっている

能登島3-1
(能登半島能登島を拡大図)

能登島の橋1-1
このような橋 上が「能登島大橋」 下が「ツインブリッジのと」

田舎者なので こんなことに驚いている




信頼性を失った「カーナビ」

9日から現存12天守の城めぐりを開始

城めぐりは今日(11日)で3日目
松江城 松山城 宇和島城 丸亀城 を制覇

東日本では梅雨入り宣言されたようだ
鳥取 島根 愛媛 香川を回ったが 西日本は梅雨入りはまだ

今のところ お多福日和が続き 天候に恵まれている
京都 名古屋方面に行く頃は これまた天候が回復する予報
今のところついている

城めぐりはゆっくり北海道に戻ってからブログで紹介する予定なので
その前に珍道中での エピソード

松江市へ行く途中 お多福の曽祖父の生家の菩提寺が
鳥取市にあるというので寄ることにしていた

菩提寺は鳥取市気高町下坂本にあり 寺の名前は「大泉寺」
カーナビでセットし 向かった

が そのカーナビのルートで進んでいくと
だんだん 不安に・・・

民家がなくなり 道が狭くなり 一本道になり
なに? 道が消え ナビは田んぼのあぜ道を誘導 
その田んぼでは田植え作業をしている方を横目に進み

今度はけもの道の山を登り始め だんだんと不安に 

S字カーブを何度かようやく曲がり
もうこれ以上は 無理と思ったところで

「こんな所に一軒家」があった

お多福が その民家で大泉寺の場所を聞いたところ
「一度戻って別の道を行ったほうが良い」と教えてくれた
「ただし ここから歩いて山越えすると大泉寺へ行ける」とも言ってたそうだ

つまり 車では行かれないということだ
その民家は行き止まりの家ということになる

ということは この家の方たちはあの田んぼのあぜ道を通って町へ出ているということなのか

田んぼに落ちないように恐る恐る あぜ道を渡り国道へ出てから
本来のまともなルートの市道で近くまで来たところで また民家で尋ねたところ
その民家から2分ほど歩いたところに 「大泉寺」があった

大泉寺1-1

親切に案内してくれた方は 運良くこの「大泉寺」の元役員
住職は他の寺と掛け持ちでこの寺には住んでいないとのことで
寺の中まで案内してくれた

大泉寺2-1

お寺は曹洞宗
お賽銭を賽銭箱に入れ お参り
目的を一つ達成

裏に回って 先ほどの「こんな所に一軒家」は
「この山の向こう側」と説明してくれた

この寺の裏山が 土砂崩れで工事車両が工事用の道路を作ったそうで
「カーナビが誘導したのは その時の道ではないか」と説明してくれた

大泉寺3-1

それが上の写真

つまりこんなことのようだ

間違いナビ経路1-1

上の図で 茶色の矢印の道路が今回誘導された行き止まりの道路
赤の矢印の道路が本来誘導しなければならない道路なのだ

何と遠回りしたことか

というわけで 現存天守城めぐり初日のハプニング

新しいカーナビなのに 行き止まりで車を置いて徒歩で山越えをしなければならない道路を案内するカーナビ
「とんでもないカーナビ」だこと

「信頼性を失ったカーナビ」のエピソードだよ


現存天守12城めぐり

6月7日から2週間かけて城めぐりをすることにした

江戸時代以前から天守閣を有する現存の城が12城 

そのうち今回は 
これまで行ったことのある城を除いた城をめぐる旅

7日深夜11時45分小樽港発フェリー(はまなす)に乗り

ふぇりー1

一路舞鶴港へ 到着は8日午後9時15分 
長時間のため 船内では退屈するのではと思っていたが

色々と面白い企画があり
午前には カフェを利用した空間ではビンゴゲーム

40人ほどの船客が集まり大賑わい

ビンゴゲーム1-1

ボクは4番目にビンゴ! 船内で使える「5百円券」をゲット

この旅は「ついている」

午前10時15分には 舞鶴港から小樽港へ向かうフェリー(あかしあ)とすれ違い

ふぇりー2

また午後からは「琴とオカリナ」の演奏イベントがあった
竹下夢二作詩の「宵待草」をはじめ「小鳥」「糸」「荒城の月」「桜」など7曲ほどの演奏会があり

この中でクイズが出され これまた正解し
景品 「ミニオカリナ」をゲットした

演奏会1-1

実に幸先の良い旅のスタートだ

船内は「展望大浴場」「アミューズボックス(DVD鑑賞・カラオケ)」「スポーツルーム」「コンファレンスルーム(映画鑑賞ルーム)」他様々な施設があり退屈はしない

予定どおり
8日午後9時15分舞舞鶴港新日本海フェリーターミナルに到着

この後 天守12城以外も含まれるが
松江城 松山城 宇和島城 丸亀城 備中松山城 岡山城 姫路城 彦根城 犬山城 名古屋城 金沢城 丸岡城
などをめぐる予定

明日以降 20日までブログをアップする時間を取れないかもしれない

その場合はあしからず


特殊詐欺と不用品の買取

いまだに被害者が出ている「オレオレ詐欺」 
老人を中心に多額のお金が騙しとられている

「オレオレ詐欺」をはじめ 
「架空請求詐欺」「融資保証金詐欺」「還付金等詐欺」が
いわゆる「振り込め詐欺」

そしてこれ以外の詐欺
「金融商品取引名目の詐欺」「ギャンブル必勝法情報提供名目の詐欺」
「異性との交際あっせん名目の詐欺」 などなど

これらを総称して「特殊詐欺」と呼ぶのだそうだ

ある県の「オレオレ詐欺」を専門に取り扱っていた弁護士が自分の息子を名乗った詐欺グループに騙され 現金を振り込む寸前まで気がつかなかったという話を 警察官であった友人から聞いた

それほど巧妙になっているのだろう

オレオレ詐欺(1)

これらの詐欺犯罪が増えた影響で 国民全員が非常に迷惑している

先日銀行でちょっと多めの金額を下ろそうとしたとき 
店員からその用途をしつこく聞かれた

これは大きなお世話 何に使おうと本人の自由なのだが
とにかく非常にうるさくなっている

現金ATM自動預け払い機 いわゆるATMで送金する場合は特にうるさい
カードで年齢が分かるのか 大金は送金できないようになっている

また同じ銀行のATMでおろす場合 一日100万円までとなっており
以前にくらべて不便になっていることは確かだ

また詐欺とは言えないのかもしれないが
先日通信業者から電話があった

ボクの家では電話回線をNTTフレッツ光からAUひかりに替えたのだが

「以前お宅で AUひかりに替えたときにお世話した○○というものですが ネットのプロバイダー料金が月々千円以上安くなるので
よければ手続きしますので了解をお願いしたいのですが」との内容

ボクは今後プロバイダー料金安くなるのは嬉しいことではあったが 色々と話をしていくと
相手はAUではなく全く違う通信会社であることに気づき

結局は新しい契約を断った てっきりAUの業者だと思っていた

プロバイダー料金安くなるのはよいのだが 
当市では通信速度が遅いとか 通信途中で通信が切れたり不都合になる場合もある

契約変更(解約)は業者間で電話一本で出来るが
不都合で元の業者に戻すときは 本人が手続きをしなければならない

契約手数料も再度支払いが生じ 労力と経費が無駄になる 

これは詐欺ではないのかもしれないが 現契約業者と思い込ませ
契約に結びつけるための手法

このような手法は結構あるようだ


また先日
「いまお宅の近くに来ていますが 不用品があれば家にお伺いしたい」
「電化製品 パソコンなど使わなくなったものはありませんか」と電話があった

不用品回収1-1

「特にありませんね」と答えたが
今度は「本などでもよいのですが」と聞いてきた

「ありませんね」と再度答えたが
間髪入れずに 「古着ですとか なんでもよいのですよ」としつこい
このような業者は とにかく家に入り込み貴金属・宝石類が目当てである

何度も何度も「無い」と言っているのにしつこいので
こちらから適当なところで電話を切ることは出来るが

「あ~そういえば ありましたよ」 と言ったら業者はのってきた

「ウチに不用品が一つ 働きもせず 引きこもりでどうしようもない暴力的な40過ぎの道楽息子がいるけど 持って行ってくれ」と言ったら

その不用品買取業者の女性は すぐ無言で電話を切った

引きこもり2-1

これは効果があった!

ボクも不要品にならないよう 気をつけよう


藤(フジ)の花 その2

先日増毛町の藤(フジ)を紹介したが 

今回は藤(フジ)に関連する話

藤(フジ)の名の由来は「吹き散る」の転訛など 色々あるようだ

藤(フジ)は 
一般的には「ノダフジ」と「ヤマフジ」の2種類があり
「ノダフジ」は大阪市福島区野田の地名からとったもので
一般的に藤(フジ)は「ノダフジ」をさすことが多いらしい

ツルは傍の木などに巻き付くが
「ノダフジ」が右巻きで 「ヤマフジ」は左巻き 
巻き方が違うようだ

藤(フジ)の花は垂れ下がって咲くので その姿が「振袖」のように見えることから 女性の象徴とされている

藤の花1(1)
(増毛町潤澄寺境内の藤棚)

何といっても藤(フジ)の花が愛されているのは うすい紫の色
「藤色」の名もこの藤(フジ)から付けられている

平安時代には高貴な色として特に愛され 人気があったようだ
このころ隆盛を極めた「藤原氏」の名もこれに肖(あやか)ったのか

女性の象徴が「藤(フジ)」ならば
男性の象徴は・・・といえば「松(マツ)」と古くからたとえられ

清少納言の枕草子に
「色あひふかく花房長く咲きたる藤の花松にかかりたる」
という詞があり

平安時代には「藤(フジ)の花」を詠んだ詞が多いとのこと

「藤(フジ)」は「不死」とも聞こえ 縁起の良い花ともされている

一方「不治(の病)」を連想する人はかなり偏屈な方と思われる

また
「藤(フジ)の花」には たくさんの花言葉があるようだ
「歓迎」 「優しい」 「佳客(良いお客様)」 「恋に酔う」 
「けっして離れない」 「忠実な」 

この6つの言葉があり

その中の一つ 注目すべき花言葉は
上の清少納言の詞からも解るように「けっして離れない」だ

「藤(フジ)」のツルは
近くの木や藤棚にしっかり巻き付き 太く長く伸び成長し 花房を垂らす
一度絡みついたらちょっとやそっとの力では引きはがすことが出来なくなる

このことから 「けっして離れない」の花言葉が付いたそうだ

近所の家の庭に 
「藤(フジ)」のツルが「アカエゾマツ」にしっかり絡み花房を垂らしていたことを思い出した
確かに5m以上に伸びた「松(マツ)」のてっぺんまでツルが巻き付いていた

今年もこの様子を見れるのか 行ってみたが残念ながら「松」が切り倒されており
藤(フジ)の姿も見られなかった 

写真をアップ出来ないのが残念

「藤(フジ)」は女性の象徴で 
「松(マツ)」は男性の象徴として
「藤(フジ)」のツルのがっちりと巻き付く習性が 男性への思いだとしたら・・・これは凄いことだ

がっちりと絡んで 囲んで 掴まれたら 
「一生離しません」と言われているような気もする

でも男性としてみれば
それほど愛されたら本望か・・・

札幌に「藤女子大学」があり 
校庭にはその名のとおり 数カ所の「藤(フジ)」棚がある

この大学の教育基本は 深い知性は 「豊かな心とともに」
学びの原点は キリストの教え 「互いに愛し合いなさい」

この大学は「藤(フジ)の花言葉」の精神を学びに取り込んでいるのかもしれない


それにしても
「藤(フジ)」に似つかわしい「花言葉」を付けたものだ


藤(フジ)が見ごろ

雪がすっかり溶けてから約1ヶ月半

緑豊かな季節を迎え 今は藤(フジ)が見ごろ
ここは当市の隣町増毛町

藤1(1)

大谷派潤澄寺(じゅんちょうじ)境内の藤(フジ)棚
鈴なりになった薄紫の花が今が満開です

この寺は国道縁に面しているため 人目を引き 目を楽しませてくれています
チョット境内に入って 写真を撮らせてもらいました

藤2(1)

藤(フジ)棚は高さ3mほどで 4ヶ所にあります
この藤棚は潤澄寺(じゅんちょうじ)の住職が10年前に境内に植え 育てたようです

藤3(1)

10年ででこんなに立派になるんですね
5月23日過ぎから咲き出し 6月初旬が見ごろとのこと

それにしても寺の境内に 藤(フジ)はよく似合うものですね

藤4-1


プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: