FC2ブログ

信頼性を失った「カーナビ」

9日から現存12天守の城めぐりを開始

城めぐりは今日(11日)で3日目
松江城 松山城 宇和島城 丸亀城 を制覇

東日本では梅雨入り宣言されたようだ
鳥取 島根 愛媛 香川を回ったが 西日本は梅雨入りはまだ

今のところ お多福日和が続き 天候に恵まれている
京都 名古屋方面に行く頃は これまた天候が回復する予報
今のところついている

城めぐりはゆっくり北海道に戻ってからブログで紹介する予定なので
その前に珍道中での エピソード

松江市へ行く途中 お多福の曽祖父の生家の菩提寺が
鳥取市にあるというので寄ることにしていた

菩提寺は鳥取市気高町下坂本にあり 寺の名前は「大泉寺」
カーナビでセットし 向かった

が そのカーナビのルートで進んでいくと
だんだん 不安に・・・

民家がなくなり 道が狭くなり 一本道になり
なに? 道が消え ナビは田んぼのあぜ道を誘導 
その田んぼでは田植え作業をしている方を横目に進み

今度はけもの道の山を登り始め だんだんと不安に 

S字カーブを何度かようやく曲がり
もうこれ以上は 無理と思ったところで

「こんな所に一軒家」があった

お多福が その民家で大泉寺の場所を聞いたところ
「一度戻って別の道を行ったほうが良い」と教えてくれた
「ただし ここから歩いて山越えすると大泉寺へ行ける」とも言ってたそうだ

つまり 車では行かれないということだ
その民家は行き止まりの家ということになる

ということは この家の方たちはあの田んぼのあぜ道を通って町へ出ているということなのか

田んぼに落ちないように恐る恐る あぜ道を渡り国道へ出てから
本来のまともなルートの市道で近くまで来たところで また民家で尋ねたところ
その民家から2分ほど歩いたところに 「大泉寺」があった

大泉寺1-1

親切に案内してくれた方は 運良くこの「大泉寺」の元役員
住職は他の寺と掛け持ちでこの寺には住んでいないとのことで
寺の中まで案内してくれた

大泉寺2-1

お寺は曹洞宗
お賽銭を賽銭箱に入れ お参り
目的を一つ達成

裏に回って 先ほどの「こんな所に一軒家」は
「この山の向こう側」と説明してくれた

この寺の裏山が 土砂崩れで工事車両が工事用の道路を作ったそうで
「カーナビが誘導したのは その時の道ではないか」と説明してくれた

大泉寺3-1

それが上の写真

つまりこんなことのようだ

間違いナビ経路1-1

上の図で 茶色の矢印の道路が今回誘導された行き止まりの道路
赤の矢印の道路が本来誘導しなければならない道路なのだ

何と遠回りしたことか

というわけで 現存天守城めぐり初日のハプニング

新しいカーナビなのに 行き止まりで車を置いて徒歩で山越えをしなければならない道路を案内するカーナビ
「とんでもないカーナビ」だこと

「信頼性を失ったカーナビ」のエピソードだよ


プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: