FC2ブログ

何のためのG7


G7サミット(先進7カ国会議)がフランスで開かれ 
26日に3日間の討議を終えた

今回は1975年の第一回会議以来初めて包括的な首脳宣言の採択が出来ず G7の存在感を失っている

ロシア抜きのG7 
今回もロシアの復帰も見送られ 自由主義国だけのサミットだ

これまでアメリカ合衆国が世界をリードし まとめてきたが
今や「自国ファースト」で保護貿易主義を唱え 他国と協調し共に繁栄させるという意図は見受けられない

アメリカは孤立 「自国ファースト」がまん延し
アメリカ以外の参加国でさえ バラバラになっている

さらにこのトランプに近い思想と言われる イギリスの新首相ジョンソンはEU離脱問題で「ミスター・ノーディール(合意なき離脱)として名を残したいのか」と批判され 欧州も対立を深めている 

887478(1).jpg
(これは G12か?)

山積する国際問題は 全く将来の道筋がついていない
当初議長国であるフランスが「地球温暖化問題」を議題として取り上げる準備をしたとされているが 全く無視されている

地球温暖化の影響とされる 環境異変は世界規模で増え続け
国内ではまた 
26日からの前線による大雨で九州北部では甚大な被害が発生している

台風は巨大化し 発生するといつも「最大級の台風」と名付けられ
雨が降ると「50年に一度の豪雨」などと Ⅰ年に何度も「50年に一度の豪雨」が降っている

地球温暖化は「人類の生産活動の結果」と誰もが分かっているはずなのに
世界の首脳は何故行動を起こせないのか

1184020(1).jpg
(シロクマも大変暑がっている 熱中症寸前だ)

さらに
地球破壊に拍車をかけているのが 「軍拡競争」
既に核兵器を備えている国が 他国が核兵器を持つことを禁止するなどという
何と都合の良い国際条約を作ったことか

既保有国が軍縮する意思は無いどころか さらなる新兵器開発に躍起になっており
飽き足らず AI兵器なるものが開発されているという

唯一の被爆国である我が国の安倍首相は核廃絶に消極的
いつも「核保有国と非保有国との橋渡しをする」なんて抽象的なことを言っているが
具体的に何をしているのか

このG7サミットでも安倍首相の存在感は全くなかった
トランプのご機嫌伺いも ほどほどにしてもらいたいものだ

G7とは 
単なる7人のG(じい)さんの集まりでなないか(ばあさんも一人いたか)

宇宙人にでも地球侵略をされるときは 世界は一つになる必要があるが

それ以外で
将来的に世界が一つになることはあるのか
「自国ファースト」で地球が終わりを迎えるまで 無理か


世界をまとめてくれるリーダー(ヒーロー)が出現してくれることを願っているのだが

それは 夢のまた夢なのだろうか

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: