FC2ブログ

戦争のない世界を願う ~その3~

8月のブログでも書いた三船殉難事件をテーマにした「過去から未来へ」と題したフォーラムが開催されました

留萌青年会議所が主催で VTR上映と 生き証人の語りの2部構成

フォーラムパンフ2

ビデオタイトル


VTRは市内アマチュアビデオカメラマン有沢準一氏が制作
東京ビデオフェスティバル2017入賞作品で
タイトルは「留萌沖の戦慄in 1945 音楽と墨絵で語り継ぐ」

戦後1945(昭和20)年8月22日 終戦後樺太からの引き上げ船 泰東丸・小笠原丸・第二新興丸が小樽港へ向けて航行中 留萌沖で国籍不明(旧ソ連と云われている)の潜水艦に魚雷攻撃を受け 死者行方不明者1700名以上の犠牲者を出した三船殉難(遭難)事件の様子と 第2新興丸に乗船し生き証人としてこの事件を伝える 稲村和雄氏の活動を映像化したもの

フォーラムパンフ3

稲村氏は樺太の軍事工場で勤務後樺太大泊港から第2新興丸に乗船 
留萌沖で魚雷攻撃を受けた時の状況を墨絵や切り絵にし 事件を伝えている

墨絵・切り作業jpg

子ども・赤ん坊の悲惨な様子 第二新興丸が留萌港へたどり着いた時の様子など白黒の墨絵などで描いている

墨絵1

またこの事件を伝えるため 紙芝居を製作し 全道各地の学校や老人ホームなどで活動しています

学校での様子

戦後ドイツ・朝鮮は東西と南北に分断され

ドイツ・朝鮮

北海道も留萌釧路を結ぶ線の北側を旧ソ連に占領される恐れがあったのですが もしそんなことになっていたら…と思うとゾーとするのです

北海道占領案

VTR上映の後 稲村氏の語りがありましたが 
 二度と戦争を起こしてはならない そしてこの三船遭難(殉難)事件を風化せず平和な世界を作るとの思いで活動を続けているとのことです

今回の留萌青年会議所のフォーラム開催は大変時機を得た企画でもありました




関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: