FC2ブログ

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


今季二度目のスキー

14日(日)好天に恵まれ しかも日曜日とあって 
旭川市のカムイスキーリンクスは かなりのスキー客でした

ロッジ付近にはすでに スキースクールの生徒さんで 
ごった返し

送迎と見守る親たちも大勢

カムイスキーリンクス1

頂上まではゴンドラ 中腹まではペアリフト

ここの運営は民間だが ゴンドラ・リフト代が非常に安い

ゴンドラとリフト乗り場

頂上は標高750m それ程高い山ではない
いつもはゴンドラで頂上まで登るのだが

今回は 孫を誘ったため 
とりあえず リフトで中腹まで

ここは旭川市と言っても ほとんど深川市寄り
眼下に 空知平野の北側が広がる

カムイスキーリンクス

家族連れが多く お父さん お母さんが 子に指導

中には未就学児童がスノーボードを操っていた
ビックリです

下の駐車場も満杯

カムイスキーリンクス2

この辺はスキーが盛んだが
同じ北海道でも 帯広方面・道東ではスケート
苫小牧方面及び釧路近辺ではアイスホッケーが盛んだ

中学生のスキースクール

スキー学校

この日はお母さんも(娘)も一緒に
頑張りました

娘家族



関連記事

コメント

カムイスキ―リンクスからの空地平野の眺めは昔住んでいた夕張の冬景色を思い出させてくれました。
雪の山々が墨絵のように白と黒だけで、物凄く郷愁がそそられ涙が出そうになりました。
2018-01-18 19:42 takarinn #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

写真は視覚に訴える力があるので、つい昔を思い出させたようですね。
ご存知のように、雪国の冬景色は曇りの時はほとんどモノクロの世界。
特に当市の冬期間は日照時間はゼロの日が多く、雪解けの時期になるとウキウキするのは春を待つ気持ちが、より強いからなのでしょう。
そして
郷愁を誘うようなものを提供するのは、田舎に住んでいる者の使命と思っていますので、今後ともお付き合いを。
2018-01-18 21:04 KEARASHI #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |