プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


ギンナンソウの季節

冬の風物詩「ギンナンソウ」の摘み取りが始まりました

ギンナンソウ新聞記事

「ギンナンソウ(銀杏草)」は北海道日本海側で採れる天然海藻
1月から3月のわずか3ヶ月間の漁期

年々その漁獲量が減少し 希少価値となっている

銀杏の葉に似ていることから「ギンナンソウ」と名付けられ
またその形から「仏の耳」「福耳」「ミミ」と呼ばれている

正式名称は「アカバギンナンソウ」
名の通り 赤茶色

アカバギンナンソウ1
(「図鑑 北日本の魚と海藻」」より)

稚内・留萌地方の特産品で この地方では
「ボンズ(坊主)のミミ」とも呼んでいる

新聞写真のとおり 
漁師が頭まで覆うウエットスーツを着て 体一つで海へ入り 
大きな水中メガネを使って岩に付着している「ギンナンソウ」を探し 
道具で根から刈り採る

この時期は ほとんど時化続きなので
凪の日をねらって行う漁で 
厳寒の中での大変な作業 

3ヶ月間の漁期と言っても 採取出来るのは わずか数日

生産量も少ないため 
鮭の卵(いくら 筋子)と同じように高値

昔は建築用の糊として利用されていたようだが
現在では味噌汁や酢の物の具材として使われている

この地方では「冬のご馳走味噌汁」として愛されており

ボクの家でも味噌汁一辺倒

始めは「ツルツルコリコリ食感」と 
繰り返し温めることで 柔らかくなり「トロトロ食感」

最近では 「乾燥の銀杏草」としてネットショップでも扱っているようだ

海藻の珍味と呼ばれているのも
もっともな 味なのです


関連記事

コメント

初めて「ギンナンソウ」という海藻のこと知りました。その形状から「仏の耳」やら「ボンズの耳」のネーミングも面白い!でもこの極寒に海に入ってこれを採る漁師さんのことを思うだけでふるえがきそうです。どんな味がするのやら?
一つ物知りになりました。
2018-01-30 18:37 takarinn #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

このところ毎日、良くて注意報(風雪波浪大雪)が出て時化続き、警報もばんきり、なかなか「ギンナンソウ」も口に入らない。
しかも大根一本500円以上の値と同じ高値の海の野菜。豊漁だと安くなるのですがね。
早く香りの出る動画でも発明してくれると、香りだけでも届けられるのですが・・・。
技術の進歩で、そのうち「香り付き動画配信」も出来るようになるでしょう。
2018-01-30 19:20 KEARASHI #- URL [ 編集 ]

香り付き動画!が発明されたら、すごいことになりますね。特許を取って大金持ち!なあんてね。
2018-01-31 16:57 takarinn #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

「こんなものがあったらいいな」と思っていることが次々と実現していることから、香り付き動画も夢ではありませんネ。
そのうち誰かが発明することでしょう。100歳まで生きていたらどんな世になっていることやら・・・。
時代に付いていけなくなったら時は、そろそろお隠れになった方が良い時期かも知れません。
2018-02-01 15:09 KEARASHI #- URL [ 編集 ]

香り付き動画が発明される前に本物が空を飛んできました!毎日ささやかな暮らしをしていると、時に福の神様がやってきてくれることもあるんだ!と思ったことでした。香り&味&歯ごたえぜーんぶ満足しました。福の神に感謝することしきりでした。
2018-02-14 19:40 takarinn #- URL [ 編集 ]

Re: Re: タイトルなし

> 香り・味を届けるのはアナログだが郵送が一番。定形郵便封筒で郵送できるとは・・・。
> まだ香り付き動画は無くても問題は無い。
> そういえば、新婚生活のスタートは「銀杏荘」という超古臭いアパートだった。
2018-02-15 07:56 KEARASHI #- URL [ 編集 ]

ギンナンソウ=銀杏草≒銀杏荘・・・面白い連想というか回想(想い出)!新婚の時の住まいというものは、いくつになっても当事者たちにしかわからない想い出が詰まっているものですよね。

それを、思い出すことつまり人間はその人の思い出、そしてそれを時に思い出すことによって、「今」も考え立ち止まり思考することの繰り返しで生きているような気がします。高齢になるとその量はとてつもなく多くなりますが、時にほろ苦く、時に元気づけられることもあるように思います。
カズオ・イシグロの世界に感化されたかな?

食べ物の話からえらく飛躍してしまいスミマセン!
2018-02-16 11:56 takarinn #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

おっとどっこい、あの「ギンナンソウ」から「カズオ・イシグロ」の話まで発展しました。
「過去と現在」の話かな? 
お多福から「日の名残り」「遠い山なみの光」などを薦められています。
そのうち読んでみますが、なんせ萌樹工房あれこれやりたいこと多いのです。
2018-02-19 17:17 KEARASHI #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |