FC2ブログ

方言玉手箱 その16 ~そだね~~

当市では毎日大雪・吹雪で 寒さとの戦いが続いていますが

韓国平昌オリンピックが開催され こちらは連日熱い戦いが繰りひろげられています

テレビ観戦で一喜一憂 涙を誘う場面も多くあるのですが

カーリング4

いま話題となっているのが 
女子カーリングチームの奮闘
初の4強入りが確定 準決勝進出です

どの競技も メダルを取るのは 大変なことですね
北海道弁で言えば
「ゆるくないもんでないかい」

日本代表チームは 
北海道北見市常呂の「ロコ・ソラーレ(LS北見)」

チーム名の由来は
「ローカル」と「常呂っ子」から「ロコ」+イタリア語で太陽を意味する「ソラーレ」 

このチームの作戦会話の声が大評判

出場選手の胸にマイクが付いているので そのマイクから ストーンをどの場所に置くか どのコースを狙うのかその作戦会話の生の声が 視聴者の耳に入ってくるのです

よく「そだね~」 「そだね~」と
甲高い声が聞こえています

カーリング1

この「そだね~」の響きが 実に可愛らしい 

これは 北海道弁の「そうだね」が
「そだね」に短くなっている

「そだね」は肯定する意味の言葉
標準語では 「そうですね」「そうよ」「いいよ」など

北海道弁では「そだね」と同じ言い回しの言葉はたくさんあり

「そんだ そんだ」 
「うんだ うんだ」 
もっと短くして「んだ んだ」
また「んだな~」とか 
「ほんだ ほんだ」もそうだ

もっと訛ると「んだべな~」 
「えがべ」「よがべ」と段々と言葉が汚くなる

この「そだね~」 とか 「~かい」という方言は
方言学者によると 
「疑似標準語」といい 「気づかない方言」というらしい

喋る方は 方言と気が付いていないという意味なのか
標準語として喋っているつもりの言葉という意味なのか?

「~かい」は
「そうかい」 「そうでないかい」 「わかるかい?」 
「いいかい?」など など

カーリング3

またこの「ロコ・ソラーレ」のメンバーはみんな「めんこい(可愛い)」ので人気
「そだね~・JAPAN」とも呼ばれている

「もぐもぐたいむ(休み時間)」には バナナ イチゴ リンゴ などを食べ 「白い恋人」も食べている様子などが映っている

特に北見のチーズケーキ屋の「赤いサイロ」というケーキが大好物とあって このケーキが大人気で製造が間に合わないとのこと

また 地元の常呂神社では「カーリングストーン ロコ・ソラーレ ストラップ付のおみくじ」が大ブレイクしているそうだよ

オリンピック効果で景気のよい話は 
「いいんでないかい」 
「そだね~」

もともと「もぐもぐたいむ(休み時間)」といえば 旭山動物園の「エサやりタイム」のことでないかい?

男子カーリングチームは チューブ入りの流動食みたいなもの食べていたよ
まさかエサではないと思うけど

スピードスケート女子団体追い抜き(パシュート)決勝では オランダに途中 差を付けられていたけど 「けっぱって(頑張って)」 そして懸命に「ぼっかけた(追いかけた)」結果 
逆転の金メダルだよ ゴールドだよ

よがった よがった(良かった 良かった)
「たいしたもんでしょ」
「そだね~」


また「スマイル・JAPAN」も「がんばったしょ」
「そだね~」

これまでオリンピックで1勝もしてなかったんだけど 2勝も「したっしょ」
「たいした がんばって えらいんでないかい?」 
「そだね~」

アイスホッケー
 
日本のメダル獲得数は21日現在11個
1998年の長野オリンピックを上回り
冬季大会最多になったよ

「すごいね~」 
「そだね~」

「そだね~」も 
長くなり 切りがないから 

もう やめた方が「いんでないかい」

「そだね~」

p.s. 2月24日
取りました 取りました
メダルです
見事 銅メダルを取りました
みんなで 祝福しましょう

「そだね~」

関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: