プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


方言玉手箱 その18 ~たからもの~

4月 新年度のスタートで新社会人の入社式がTV各局で報道
自分にもあった 初々しい姿 思い出す

3月末には 宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)106期生の合格発表もTVニュースで放映

海外を含め965人が受験で合格者が40人 
タカラジェンヌの合格率は何と24.1倍

合格証書は「宝物」だ

ところで 同じ「宝物」でも 

方言の「たからもの」
これは 言われたくない 「たからもの」

宝物&たからもの1

この地方では
「この たからものが!」
と親に怒られている子どもがいた

この「たからもの」は大事な「宝物」と違って
「無能者 ばか者 愚人等」の意味

主に親が子どもを叱る時の言葉で
「この バカ者めが!」となる

宮城をはじめ東北地方の方言のようだが
北海道でも使われていた

現在はあまり使われていないが
浜ではよく聞いていた

親でなく おっかない漁師などに言われると 
もう落ち込む言葉

「この バカたれ者が!」 
「この たわけ者が!」  ・・・そんな感じ

また
「たからもの」が「たがらもの」になり
濁点が付くと

「大バカたれ者が!」と更にバカの度合いが強くなり

そのショックも 更に大きくなる

同じ「たからもの(宝物)」でも真逆な言葉
その語源は分からないが 

「たくらんけ」が変化した という説があるが
本当かどうかは 方言学者さんにお任せする

こんな文章があった

「宝物。(中略)宝物ハ多ク実用ニ適セザルカ、又ハ之ヲ珍蔵スルノミニテ使用スルコト無ク、所謂宝ノ持チ腐レ多ク、見方ニヨリテハ無用ノ長物ナレバ、其ノ意味ニテ、形式上ハ其ノ人ノ人格ヲ尊重シタル皮肉ナル罵言ナリ」
(「仙台方言辞典」 東京堂出版 引用)

「たくらんけ」も方言らしいが
同じく相手をののしる言葉

英語では全て「FOOL」で片づけられるのに

日本語はバラエティに富み面白い

今日は4月2日
「APRIL FOOL」は終わったので
今回はウソの話ではないが

アホらしい話
だったかもしれない


関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |