プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


子どもの日です

明日5日は子どもの日

真向いの家に3歳の子どもがいるのですが

近所には他に殆ど子どもの姿は見られません

いつの間にか近所の子どもたちは 
中学生 高校生になり そして巣立ち

笑い声 泣き声など懐かしい子どもの声は ほとんど聞こえません

この団地もひと昔前までは 大勢の子どもがいて
お祭りでの子ども樽みこしは 大変賑やかな行事でした

今では 高齢者団地に様変わりし
そのうち 後期高齢者団地になることでしょう

したがって 男の子がいる家庭で揚げていた「こいのぼり」の姿も殆ど見かけません

車で市内から海岸方面へ走ってようやく見つけました

こいのぼり

勢いよく泳いでいました

ウチでは 男の子がいなかったので
犬小屋に 団地サイズの「こいのぼり」を揚げていたこともありました

その犬もお亡くなりになったので

3年前からこの時期に 「かぶと」の木工クラフトを作っています

トレースした材料を糸鋸で切り取り

かぶと1

木部用塗料で色付けし

かぶと2

組み立てると 「かぶと」になります

パズルとなっており 組み立ては 簡単そうに見えますが
それなりに面倒です

かぶと3

先月の砂川での「ZAKKAフェスタ」では 作る時間がなかったため
1個だけ出品しましたが 即完売でした


わが家では 童心に帰って
この様にして 「子どもの日」に飾っています

屏風と飾りをつけると それらしくなります

かぶと3

ぼくも 1年1年と 子どもに戻っています

若くなっている ってことか?


関連記事

コメント

木工パズル式兜とても素敵です(ぱちぱち)。
是を毎年飾ってKEARASHIさん一年ずつ若返って、作品を増やしてください。
2018-05-04 16:06 takarinn #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

同じものを作っていると飽きて違うものを作りたくなるのですが、創造力に欠けるので新製品のアイデアが浮かびません。そんな時童心に返り、あの頃「こんなものが欲しかったな」と思い返すことでアイデアが浮かぶことがあるのです。やはり若くなることが必要なのですよ。
2018-05-05 09:00 KEARASHI #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |