FC2ブログ

筝曲演奏会でした

13日(日)
札幌共済ホールにて札幌三曲協会定期演奏会が開催

三曲会定期演奏会パンフ

毎年この時期に行われている

昨年は工房の関係で鑑賞できなかったが 
今回は観賞・・・
と言ってもビデオと写真撮り

三曲会定期演奏会1-1

三曲は 
もともとは箏 三絃(三味線)胡弓 

しかし明治時代に尺八が一般的に解放されてからは 胡弓が尺八に代わられたとのこと

この日の定期演奏会には協会会員25団体が参加 

お多福の所属する「宮城会 樹の会」は今回 
箏と十七絃 十四人で「千鳥幻想」を演奏

三曲会定期演奏会2

この曲は 原曲を短くし9分弱にしたとのこと

この演奏会に向け 練習で何度も札幌通い

お多福の琴は学生時代からずーと
当時からはもう50年余になるが

この芸の道を極めようとしている(?)

この芸の世界も高齢化が進み 
演奏会を鑑賞していても 若い方は少ない

80歳代は勿論 90歳代もいる

お多福のようなキャリアを持ってしても
まだまだ 「鼻たれ小僧」 
・・・でなくて「鼻たれ娘」

ても まだまだ進化の意欲がありそう

昨年は札幌で5回ほどの演奏会に出演したが

今年はこの後 決まっている演奏会は九州での全国大会を含めあと2回 
未定の演奏会もあるとのこと

何事も「継続は力」

一方 ボクの工房は 始めたばかり

これは 遊びみたいなもの

「職人技」を極める・・・という
大げさなものでなく(もう遅すぎなんです)

体力と気力と相談しながら

マイペース マイペース
おまけに もう一度 

マイペース


関連記事

Comment

本当にお多福さんの精進は素晴らしいですね!一口に50年!と言いますが、学生時代から結婚・子産み・子育てetc・・・なかなか持続することは難しいですよ。それを今まで続けるのはさすが、お多福さん!生半可なことではありませんね。その陰の功労者は札幌への御稽古の折の送迎やら写真撮影等々のKEARASHIさんと思います。夫(婦)唱婦(夫)随?!のご夫妻に乾杯です。

Re: タイトルなし

夫唱婦随なのか婦唱夫随なのか、最近は婦唱夫随が多いと言われ、ウチもそうかも。
いずれにしても乾杯していただき有難うございます。
乾杯が完敗と誤変換されビックリ!これはダメです。負けたらいけません。
一人が忘れたらもう一人が思い出してくれる。この年になると二人で一人前。
お互い連れ合いと末永く、弥次喜多道中が一番ですね。
弥次喜多は男同士か・・・。
毎日が「おやじ(弥次)とお多福の珍道中」。
非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: