プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


道の駅 石狩「あいろーど厚田」のオープン

北海道の「道の駅」
120番目の石狩「あいろーど厚田」が4月27日にオープン

設置場所は 日本海沿岸石狩市厚田区厚田
ここは 平成の大合併で旧厚田村が石狩市に吸収された所

120石狩「あいろーど厚田」(1)

「道の駅」の名称 「あいろーど」は

石狩市の頭文字の i (アイ)
厚田区に吹く風 「あい風(浜風)」 
浜益区(旧浜益村)の愛冠岬(あいかっぷみさき)

この「愛」の3つを繋ぐ国道231号線を「あいロード」と命名していることによるらしい

そしてこの施設を運営する第三セクターの名称も「あい風」 

最近設置される道の駅はどこも立派な施設ばかり

情報発信の拠点として交流人口を増やすため 
地域のPRに工夫を凝らしている

施設内は「道の駅」では珍しく
エスカレーターとエレベーター付き

一階では
売店も「浜のまち」らしく ニシン製品も数多く品ぞろえ
ニシンそばも食べられる

あいろーど厚田2

二階はファーストフード店 有名押し寿司店
そして日本海を見渡せる休憩スペースなど

あいろーど厚田3

同じ階には小規模ながら郷土の資料館的なスペース
北前舟で栄えた様子を表したジオラマが展示

あいろーど厚田4

郷土の出身 子母澤寛の出版物などの展示
横綱 吉葉山もこのまちの出身

あいろーど厚田5

三階は子どもの遊び場スペース
そして展望スペースもあり 贅沢なつくりとなっている

あいろーど厚田7

展望デッキからは 
漁港の傍に設置された海浜公園(海水浴場)も見られる

あいろーど厚田6

オープンから五回ほどこの道を通っているが 
札幌からの車線(下り)は毎回渋滞で
駐車場はいつも満車

ボクは札幌へ上り車線なので 行きはスイスイ
先日札幌からの帰りにようやく寄ることが出来た


関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |