プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


大雨のあと

7月2日から降り出した豪雨は3日の昼まで続き 24時間降水量の観測史上最大を記録 
7月の平年一カ月の降水量を上回った

31年前の1987(昭和63)年に留萌川が氾濫
この時は市街地も冠水し甚大な被害が出たが

その時以来の豪雨で 留萌川上流域と沿岸部の急傾斜地を抱える地域では避難指示が出された

ようやく4日昼頃すべての警報が解除
山間部は勿論市内でも被害が出たようだ

4日朝 沿岸部を車で回ってみると 急傾斜地は所々崩れ

大雨の後1

8日オープンのゴールデンビーチ(海水浴場)の波打ち際は川からの流木などで覆われていていた

大雨の後2

これはひどい状態

時化ていないので まだ打ち上がらず 海面に多量の枝類が漂っている

大雨の後3

このままでは 市民・観光客を呼び寄せることは出来ないだろう

8日まであと4日
ゴールデンビーチ(海水浴場)のオープンは予定通り出来るのか?

しかも オープン日は「日本海カップビーチバレー大会」の開催予定で
全道各地から 出場チームが集まってくる

すでに コートの整備は出来ていた

大雨の後5

毎年冬期間の時化で流木・ごみ類が海岸に流れ着き ボランティア団体が海岸を綺麗にするが 今年もこの日のために清掃を完了させたばかり

今回の大雨は梅雨前線の影響だが 
この後台風崩れの低気圧もやってくるようだ

北海道は梅雨は無いはずだが 6月から雨の日が続いている

留萌川は港湾内に注ぐ
千望台からは 川から流れ出た濁った水が確認された

大雨の後6

災害時には迅速な行政対応が期待される




関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |