FC2ブログ

ベルギーからのお客さん

奉仕団体「みなとライオンズクラブ」が国際交流事業の一環としてベルギーの高校生を迎え入れた

今回は全道で5人を受入れ それぞれの地区で対応

当市は女子高生1人で
クラブ会員の所で7月下旬から2週間のホームステイ

この受入れ期間中 会員と受け入れ家族との交流の他 地元高校生とのふれあい 地域の観光施設の見学 郷土を理解してもらうための体験など多岐にわたり行われているようだ

この度 クラブ役員からお多福が日本の伝統芸能である琴の演奏体験を依頼され

先日 クラブ役員 ホームステイ先の奥さんと娘(高校生) そして通訳がこのベルギーの女高生を連れて来た 
スケジュールが詰まり わが家に来たのが夕方

若干の話の後 
お多福が日本の伝統的な曲「さくら さくら」を演奏

そして「日本のわらべ唄」メドレーを聴かせた

拍手で「パチパチパチ」

ライオンズクラブ3(1)

次に演奏体験 曲は「さくらさくら」
手とり 足とり(これは蛇足か?)教えたら

ライオンズクラブ1(1)

大変筋が良い
曲もすぐ覚え ちゃんと曲になっていた

お多福は毎年一度小学校で琴を教えているが 
日本の小学生よりはよほど覚えが良いそうだ
(小学生と一緒にしたら失礼か)

ライオンズクラブ2(1)

三味線は楽器の説明のみ
熱心に聞いていた

ライオンズクラブ4(1)

当市での体験(経験)はベルギーに帰っても 
大変良い思い出になることでしょう

ライオンズクラブからは
18年前にマレーシアの女子高生2人のホームステイ(一人は3日間 もう一人は1週間)を頼まれ 当時の写真が残っている

来たのが12月で 
お多福の書道教室で他の生徒と一緒に習い

雪が珍しく 喜んで はしゃいでいた様子を思い出す
初めて見た融雪機の横で記念写真の撮り合いをしていた

マレーシア女高生4

一人はアイルランドの大学に進学したが

この子たちも 今は34~35歳かな



関連記事

Comment

いよいよKEARASHI家は国際交流にも一役ですね。お多福さんの手ほどきでお琴の御稽古とはなんとも素敵!音楽には言葉はいらないと云いますから、耳から入った音を捕えて弾く事が出来たらきっと大喜びでしょうね。
我らがお多福さんは実に八面六臂の大活躍ですよね。本当に頼もしいです。

Re: タイトルなし

これまで6ヶ国10数人の受け入れ(ホームステイ)をしていますが、今回の短時間受け入れはマレーシアの高校生以来18年振りでした。
ボクもカナダで1週間のホームステイを経験しましたが、他文化交流はとても楽しく良い思い出になっています。
このベルギーの高校生にとって当市での2週間の経験は、一生の宝物になることでしょう。
お多福も「まだ人の役に立てる」と喜んでいるところです。
非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: