FC2ブログ

増毛町めぐり3 ~旧商家 丸一本間家~

増毛町めぐり第3弾
今回は 前回(10月5日付)紹介した酒蔵「国稀酒造」の創始者本間泰蔵氏の建てた「旧商家丸一本間家」を紹介

本間泰蔵氏は佐渡出身
小樽で商売を学び 明治8年26歳で増毛で荒物雑貨の商売を始め その後事業を拡大し 呉服商 ニシン漁の網元 海運業 酒造業などの事業を展開 当時の天塩国随一の豪商と呼ばれるまでに至った

現在は「国稀酒造」を営業を続け 4代目となっている

現在残る建屋は 店舗 呉服蔵 居宅 付属屋 酒造蔵 などで構成され その面積は806㎡(約244坪) 延床面積は1,238㎡(約375坪)で 明治35年に20年以上の歳月をかけ完成された

平成15年には国の重要文化財に指定されている

明治13年の大火後再建され 石造りの建屋となった

丸一本間家1

中へ入ると
今でも使われているような雰囲気の呉服店舗
 
丸一本間家2

店舗内の屏風と 土間に置いてある懐かしい 当時の門燈と荷車

丸一本間家3-1

廊下の様子
窓ガラスも当時のまま (外が歪んで見えるガラス)

丸一本間家4-1

奥帳場と天井の明り取り

丸一本間家5-1

茶の間
茶の間の左襖に描かれているのは昭和初期の日本画家仙田菱畒(せんだりょうほ)の作

丸一本間家6-1

次の間
桐のタンスは120年経っている
電灯は大正6年頃のもの 増毛では大正5年に街灯がつき翌年増毛電気株式会社が設立され 本間泰蔵氏が初代の社長に就任している

丸一本間家7-1

客間
書院造りが用いられており 付書院 床 棚が設置されている

丸一本間家9-1

巌谷一六による漢詩が揮毫され 内容は「赤壁賦」からの引用とのこと

丸一本間家8-1

下勝手 台所 
そして「駅(ステーション)」でロケで使われた部屋に高倉健の写真が展示

丸一本間家10-1

最後に呉服店舗の上の階には観光客が自由に休憩できる大広間が用意されている

丸一本間家11

豪華絢爛 当時の丸一本間家の繁栄ぶりが伺える

*天塩国とは
大宝律令の国郡里制を踏襲し戊辰戦争(箱館戦争)終結直後に制定された日本の地方区分の一つ
道北に位置し 現在の留萌振興局管内全域と 上川総合振興局管内の塩狩峠以北(幌加内町は含まない) 及び宗谷総合振興局管内の豊富町と幌延町さらに稚内市の南端部の一部にあたる(参考:ウィキペディア) 

参考資料 
増毛町発行パンフレット 重要文化財 旧商家丸一本間家


関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: