FC2ブログ

増毛町めぐり4 ~元陣屋~

増毛町は当管内では最も歴史のある町
今回は「元陣屋」を紹介

写真の施設は「増毛町総合交流促進施設元陣屋」
元陣屋の歴史を物語る施設として1996(平成8)年に増毛町が建設した文化交流施設

元陣屋1

外国(ロシア)との緊張感が高まる中 江戸幕府は1855(安政2)年に蝦夷地を幕府直轄として 仙台 秋田 南部 松前の五藩に蝦夷地を分割して警備することを命じた

当増毛町などは 秋田藩が分領警備することになった

元陣屋2

1856(安政3)年蝦夷地警護を命ぜられた秋田藩は 兵士を派兵するとともに北蝦夷地三出張陣屋(増毛・宗谷・樺太)を含める陣屋を置き 元陣屋の構築を始めた

増毛元陣屋は最終的には1,160坪に及び18棟の兵舎の他に兵具庫 武芸所 火薬庫 診療所等を備えた大規模なものとなっている ちなみに衛士の数は150から200余名であったという

元陣屋3

元陣屋4

本陣となる元陣屋の東西には台場が二ヶ所設営され 砲台を設置して警備にあたった

台場はロシアをはじめとした異国船が姿を見せた場合にすぐさま追い払えるよう和製大砲の他に外国製のホイッスル砲が装備された


第一台場と第二台場跡 及びホイッスル砲

元陣屋5

第一台場は海を見渡せる高台 第二台場は海岸近くに設置
但し 異国船が現れた際にも箱館奉行所からは「決してこちらから攻撃してはならない」と通達されており 何よりも穏便が第一とされていたようである

元陣屋6

藩士たちは宗谷にも出兵し 冬になると増毛で越年 本国秋田とは一年おきに交代した
武士だけでなく 鍛冶・大工・木挽きなどの職人や人夫・山子や医師も滞在し 戦に向けた訓練と警備の毎日に明け暮れた

秋には越冬のための薪づくりが重要な仕事 単調で自然の猛威や病などに対する防備を心がける毎日は ひっそりとただ耐えることの多い毎日で 寒さをしのぐために酒を酌み交わし 故郷を思いひたすら春を待ったようだ

津軽藩勤番越冬陣屋のジオラマ

元陣屋10

冬期間には多くの凍死者や野菜不足による水種病(壊血病)による病死者が出て ロシア軍よりも一番恐ろしかったのは蝦夷地の寒さだったのかもしれない

また
秋田藩の蝦夷地経営は 豊富な海産物を獲るなど 漁業を発展させることにも重点が置かれていた
このジオラマは当時のニシン漁の様子を再現したもの

元陣屋7

マシケは春から秋にかけては波も平穏な良港で 豊富な水産資源に恵まれ 一帯は「マシケ場所」と呼ばれていた

1858(安政5)年頃から福山・江差地方ではニシンが獲れなくなり 近蝦夷地や奥蝦夷地に追いニシン漁に出るようになり また本州での肥料の価額が上がりマシケ地方のニシン漁は大いに発展した

当時の銃剣

元陣屋9

古文書類

元陣屋8

勤皇佐幕の両論が活発になり 世の中が騒然とし始めた頃 本国秋田では数年にわたり災害が続き 百姓一揆もおこり 秋田藩は北蝦夷地の警備の免除を数度にわたって願い出 幕府はこの願い出を受け入れ1867(慶応3)年秋田藩の蝦夷地警衛は終った

1856(安政3)年の出兵から12年 増毛 宗谷 枝幸 利尻 礼文 の各場所が秋田藩領になった1859(安政6)年から足掛け9年に及ぶ蝦夷地警衛の歴史は幕を下ろした

1867(慶応3)年10月 徳川慶喜は大政奉還を行い 新政府は年号を明治と改め 翌年蝦夷地に開拓使を置くことを決め 開拓使は「蝦夷地」を松浦武四郎の意見を採用し「北海道」と名付け同時に道内を11の国と86郡に分けた
増毛は天塩国増毛郡に入り 山口藩支配地として新しいスタートを切った

山口藩は1870(明治3)年に運上屋及び勤番所を役所として旧秋田藩増毛陣屋の一部を使って開拓業務にあたり この場所を山口藩庁出張所と名付けた

しかし1871(明治4)年に廃藩置県が行われ 山口藩は北海道の支配を罷免されわずか1年余りで増毛から引揚げることになる

この間 陣屋は山口藩増毛出張所役人の住居として利用され 
陣屋建物は1997(明治30)年頃まで残っていたとのこと

「増毛町総合交流促進施設」はこの「元陣屋」跡地に建設され 郷土資料室や図書室 映像体験室を備え 

増毛町の文化の創造や 交流の発信基地として町民に利用されている


関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: