FC2ブログ

お多福を怖がるインフルエンザウイルス

先日インフルエンザにかかり 調子の戻ったところで毎朝雪かきに追われている

極端に少なかった雪も 帳尻を合わせようと必死になって降ってきた
さらに風も強烈だ

インフルエンザは今年の新薬「ゾフルーザ錠」2錠を飲んで 
24時間でウイルスを完全に消滅 
これまでの「タミフル」「イナビル」よりも効果があるという

確かに効果はあった
熱が下がったところで もう2日ほど体調管理で休みたいところであったが
雪は待ってくれない 
お多福に一日は完全に任せたが 二日前から またフル出動

今年の除雪はあさ5時 昨年は3時なので楽になった

ところで 医者からは同居人にはインフルエンザは既にうつっている可能性が高いといわれ

手遅れかもしれないと思ったが 一応家庭内別居を始めた
ウイルスの潜伏期間は1日から最長で5日とされている

もうその期間を過ぎたので ウイルスをブロック出来たのだろう
ウイルスも近寄りがたい存在だったのか

ウイルスのほうが お多福を よほど怖く
避けて逃げたのか?

恐るべきパワーだ!

またまた 
おっかない家内の登場だ(これはまた大変美人すぎる家内だ)
インフルエンザウイルス3
(余談だが お多福は おたふく風邪は子どもの頃かかっていたようだ)

そして お多福パワーのおまけ

水道管が凍結してシマッタ
連日暴風雪警報で風が強く 朝起きると室内温度が10度程の日が数日続き

水道管が凍結してしまった
温水ボイラーから冷水と温水管の配管が床下を通して台所へ

温水は出るが 冷水管が凍結
この2~3日 台所では温水を使い冷水はあまり使わずにいたようだ

床下を調べると 何と通風口を閉めるのを忘れ 風が入り込んでいた
床下は氷点下になっていたのだろう
どうりで室温がなかなか上がらなかった訳だ

今冬は雪が少ないため 通風口も雪で塞がらず
風が入り込んでいたために こんな羽目に

冷水管と温水管の2管は 1つの丸管に収め 配管されているので
理屈としては 温水管から温水をどんどん出すことで 冷水管が温まり解凍する計算

時間がどれくらいかかるか分からないが 
お多福は これに果敢に挑戦

挑戦すること1時間半ほど経過 
見事冷水管からの水も混じるようになり凍結解消

途中何度も業者を呼ぶかい? といったが 首を縦に振らない
業者を呼べば 電熱線で溶かすのだが
さすが主婦 経済観念と持ち前の根性で勝負

結果的には この根性で氷も溶かしてしまった

してやったり
私に任せなさい どうだ! と笑みの表情

向かいの家でも 水道凍結 
朝から一日中業者が来て苦戦していたようだ

この暮 水道関連業者は大忙しだ

わが家も年を越す準備と
娘たちの家族を迎え入れる準備が出来た


関連記事

Comment

No title

このところ、PCの調子が悪くおまけに年末の多忙でブログを拝見する時間もなく今年もあと2日!

萌黄工房製作のホワイトクリスマスハウスを出して電飾して、孫達とクリスマス会をして、思い出して携帯メールを送ったところ、工房主様のインフルエンザ罹患を知り心配していました。加えて奥方様に絶対といっていいくらいうつっていると思っていましたので、年末年始に困ったことだなあ・・・と他人事ながら心配してました。
そうしたら、ナナント!お多福さんは避けて通られた?はたまた寄せ付けなかった?或いは強力なビームが出ていた?等々考えてしまいました。でも御無事でよかったよかった!水道管凍結も持ち前の根性で業者呼ばずに直す!
お多福さんのすべてに通じる力に乾杯&脱帽です!
来年も佳き年でありますように!

Re: No title

今年は最後にインフルさんに待ち伏せされてしまいました。
都会では皆さんマスクをしていました。ぼくはうっかりスキをみせていたようです。
お多福はスキが無いようです。
今年も色々有難うございました。来年もまたコメントを沢山戴きたいと思います。
叱咤激励宜しくお願いします。
平成最後の佳い年を迎えてください。
非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: