FC2ブログ

北海道の地名~その11~

北海道アイヌ語由来の地名 第11弾

今回は「歌」の付く地名を紹介


◎歌越(うたこし) 遠別町

アイヌ語で オタクシペツ
意味は 砂越える川 (砂浜・を通っている・川)
遠別町は留萌管内北部の町 
上川管内の美深町と並び 日本の稲作の北限地

遠別町道の駅とキャラクター1

(遠別町道の駅とマスコットキャラクター「モモちん」)


◎歌志内(うたしない) 歌志内市

アイヌ語で オタウシナイ
意味は 砂浜・ついている・川
市内を流れるペンケウタシナイ川の音を採ったものと言われる
母音が二つ続くので 一つを略してオタシナイと呼ばれ 
また和人の癖でオがウに訛ってウタシナイになったのではないかとの説がある

歌志内市はかっては炭鉱で栄えた都市 
ピーク時(1948年)に人口が4万6千人
その後石炭産業の衰退で現在の人口は3千人台 
日本一人口の少ない市となった

歌志内市役所1
(歌志内市役所)


◎歌棄(うたすつ) 寿都(すっつ)町

アイヌ語でオタスツ
意味は 砂浜・の根元
これから岩礁地帯になろうとする砂浜の端の所

寿都町は漁業の町 
洞爺湖温泉街の有名なお土産「わかさいも」の発祥地はこの寿都町らしい
春から夏にかけては「だし風」と呼ばれる噴火湾方面からの強風が吹く日が多く 最大瞬間風速記録49.8m/sは北海道の記録となっている

カントリーサイン寿都町1
(寿都町カントリーサイン)


◎歌内(うたない) 中川町

アイム語で ウツナイ
意味は 肋骨・川
ウツナイ→宇戸内→歌内 
宇戸内川という川があり 背骨に対する肋骨のように本流に対して直角に近く流れ込む川という意味らしい

中川町は明治期よりアンモナイトの化石が発掘され 「化石の里」として町おこしを行っている

中川町1
(中川町カントリーサイン)


◎歌登(うたのぼり)  枝幸(えさし)町

アイヌ語で オタヌプリ
意味は砂・山(すり鉢型の・山) 昔の砦だったところらしい

歌登町は2006(平成18)年の平成の大合併で枝幸町になった
枝幸町は毛ガニ籠漁日本一の町

歌登町1-1
(今は無き 歌登町役場とカントリーサイン)

枝幸町1
(枝幸町カントリーサイン)


◎歌別(うたべつ) えりも町

アイヌ語でオタペツ
意味は砂・川 この辺では珍しい少し広い砂利浜の中を流れる川

えりも町は「襟裳岬」と「風の館」で町おこし 以前に紹介したので省略

えりも町
(えりも町カントリーサイン)


◎文庫歌(ぶんがた) 小樽市

小樽市塩谷海岸に「文庫歌」というバス停がある
読み方は「ぶんがた」 この地名については資料が少ない
近くの広域農道に 1990年に造られたこの名が付いているトンネルもあるようだ 風流な名である

アイヌ語で ブンカルオタ
意味はカズラの絡まる砂浜 との説があるようだ

小樽市1
(小樽市カントリーサイン)

今回はここまで


*参考資料
北海道アイヌ政策推進局アイヌ政策課
「アイヌ語地名リスト」



関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: