FC2ブログ

春の海と山

冬が明け 明るい春がやって来た
この地が 灰色から オーシャンブルーに変わった

また 山の雪の白さが 明るいブルーにより映えている

春の海と暑寒岳1(1)
(海岸より暑寒別岳を望む)

3月より凪の日が多くなり
漁師たちは待ち構えていたかのように 船を出している

いまはカレイの最盛期
真ガレイ 砂ガレイ 赤ガレイ 黒ガレイ 

春の海と暑寒岳4(1)

カレイ類は刺し網で獲る 夕方 沖に網を刺し
翌日の早朝に網を揚げ 
魚の網外しは家族に任せ すぐタコ獲りに出港する
ニシンもそれなりに獲れているようだ

上の写真の漁船はタコ漁の様子 
この辺のタコ漁の漁法は 「タコの樽流(たるなが)し漁」

その昔「タコのたれながし漁」と言っていた 痴呆(地方)公務員がいた
これは大きな間違いだ


海も山も素晴らしい景色だが 冬期間の時化による爪痕も大きい
これはゴールデンビーチの砂浜の様子

春の海と暑寒岳3(1)
(海岸に打ち上げられた ゴミ)
 
漁網を始め  浮き玉 ペットボトル類など海からのものは勿論 
川から出たごみ類も打ち上げられる
ドラム缶など大きなものも流れ着いていた

特にハングル文字の付いたものが多くみられる
昨年は北朝鮮の船が 日本海沿岸に多く漂着していた

春の海と暑寒岳8(1)

これから海水浴シーズンに向かい ボランティア団体が毎週の如く海岸清掃に動き出す
毎年の行事だが その労力は計り知れない

でも清掃により確実に綺麗になる

今日 福島第一原発3号機のメルトダウンを起こした燃料プールから核燃料の取り出しが始まったとニュースで流れていたが
当初計画より4年以上も遅れたようだ

事故が起きた場合のことも考えず 後始末する技術もないのに推進してきた原発推進行政 

これは海岸清掃と違い 汚してもすぐに解決できない典型的な例 
困ったものだ

話を戻して
黄金岬は 波も無く 穏やか
 
春の海と暑寒岳5(1)

おまけに 海鳥たちものんびりと 餌探しと ひなたぼっこ

春の海と暑寒岳6(1)

この日は焼尻・天売および利尻富士の姿は見えず
水平線に雲があり 落陽はこんな感じだった

春の海と暑寒岳7(1)

日没 午後6時15分 
~春特集 春の話題でした~




関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: