FC2ブログ

「現存天守12城めぐり」~宇和島城~

「現存天守12城めぐり」 第3弾 宇和島城

6月11日
松山市から同じ愛媛県の宇和島市まで高速道路で1時間半

江戸時代から四国西南地域の中心として発展した宇和島市は 伊達十万石の城下町と呼ばれた
宇和島城はリアス式海岸の宇和海の最深部に位置し
標高74mの山頂に本丸をおく平山城

駐車場に車を置き 山頂目指して登って行く
お多福の足取りはボクよりずっと軽やか

宇和島城1(1)

途中ボランティアの方が上までの道の様子を教えてくれた
天守が見えてきた 

宇和島城2(1)

宇和島城は慶長元年(1596)から6年を費やして築城の第一人者藤堂高虎が築いた
堀は全て埋め立てられ 三ノ丸など総郭部分はほとんど焼失などで失い
残っているのがわずか本丸の天守と武器庫(現在は資料館)

宇和島城3(1)
(天守は小さいが 立ち姿が素晴らしい)

天守は三層三階 もともとは下見張子小柄で旧式の望楼型天守だったが 
特徴的なのは石垣や土塁を用いず 隆起した岩盤の上に建設

寛文6年(1666)に建てられた現存の二代目天守は宇和島伊達家2代宗利が再建 
層塔型で千鳥破風や唐破風などに飾られた装飾性の高いものになった

宇和島城4(1)
上の尖った形のが千鳥破風 下左右の丸みがかったのが唐破風

二階と三階の様子

宇和島城5(1)

階段はどこの城も急で歩幅が広く危ないので
観光客用が 手すりが付けてれれている

宇和島城6(1)

下の写真上は宇和島城を描いた鳥観図
襖絵であったものを昭和になって屏風絵に仕立てられたものをデジタルカメラで原寸大で複製したものとのこと

宇和島城8(1)

上写真の下は伊達政宗と伊達秀宗(正宗の長男)
築城した藤堂高虎はすぐ今治築城のため宇和島を離れ 
大坂の陣後 石垣や天守 櫓は慶長20年(1615)に入部した伊達政宗の長男秀宗が修築
秀宗は正宗の後継となれずこの地で十万石を与えらえれ この城は伊達家が明治まで伝えた

宇和島城からの宇和島市の街並み
宇和海を見渡すことができる

宇和島城7(1)


関連記事

Comment

No title

渋くていいお城ですね。初めて見ました。

Re: No title

伊達正宗の長男が正宗の後継者になれずこの地に来た思いはどうだったのか。
でも明治まで伊達家がこの城を守り抜いたのはご立派。
地味な城でした。
非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: