FC2ブログ

「現存天守12城めぐり」~丸亀城~

「現存天守12城めぐり」 第4弾 丸亀城

6月11日松山市から宇和島城を巡り 松山に戻る高速道路で香川県丸亀市へ
宇和島から約3時間のドライブで 丸亀城に到着

丸亀城は別名亀山城 
標高66mの亀山に生駒親正(いこまちかまさ)が慶長7年(1597)から5年の歳月をかけて築城した平山城

丸亀城14(1)

築城後元和の一国一城令でいったん廃城となり
その後入封した山崎家治(六角・織田・豊臣・徳川氏と仕える主君を変え生き延びた大名)が卓越した石垣技術で丸亀城を堅固な石垣に守られた城に築き直した 
しかし後継ぎが無く改易

その後に入った京極氏がこの城を完成 現在の天守はこの京極氏がつくったもの

東西約540m 南北約460mの内堀内に史跡がある

内堀の北側に位置する大手一ノ門  堀端の高麗門のニノ門
そして堀の様子

丸亀城1-1

玄関先御門 
この門は京極氏の屋敷の表門にあたる 
この門に接して番所 長屋がある

丸亀城2-1

三ノ丸へ向かう見返り坂 
結構長い坂なので休み休み登って行く

丸亀城3-1

現存していないが 三の丸の3ヶ所に隅櫓(すみやぐら)があったとのこと
月見櫓跡からは讃岐富士を望む

丸亀城4-1

三ノ丸北側の石垣は 丸亀城では最も高く20m以上の城壁が続き
隅角部の石垣は算木積みされた美しい曲線美で「扇の勾配」と呼ばれている

丸亀城6-1

丸亀城の石垣の種類がパンプレットに載っていた
分かりやすい解説だ

丸亀城7-1

三ノ丸から二ノ丸へ
現在は無いが 二ノ丸にも石垣上に隅櫓や渡櫓(わたりやぐら)があった

丸亀城5-1

大手から入ると 三ノ丸から二ノ丸 そして本丸へと時計まわりに螺旋状に回らなければならないようにできており
動線を長くし 敵を側面から何度も攻撃できるような工夫が施されている

天守は高さ15mと日本一小さい 
しかし 三重の小規模な天守ながら 石垣の上に築かれた天守は美しく風格がある
内部は狭いので一度に入城できる人数は限られ 順番待ちをしていた

丸亀城9-1

北側(城外側)は唐破風や出窓 格子窓に飾られているが
西面(城内側)は飾りは殆ど無く 殺風景でもある

丸亀城10-1

内部は他の城と同じ 各種の狭間があるが
ここには大砲狭間もあった

丸亀城12-1 jpg

内部の様子

丸亀城13-1

丸亀公園前からの丸亀城

丸亀城15-1




関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: