プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
以前から続けてきた手作りでのクラフト創作で、主に手先・目そして頭を使うことで多少なりとも老化速度を遅らせる効果を期待している。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


まとめ

まるで雲海でした

24日の朝は 全道的に冷え込み 占冠村・幌加内町朱鞠内など4地点で氷点下30度台を記録
全国の観測地点の80%(790箇所)で氷点下

当市でも放射冷却現象が強まり20度を超えた

放射冷却現象ということは 日中は晴れる
風が無いから留萌らしくないが 過ごしやすい

今冬は少雪 吹雪も少ないので 体が楽だ
こんな冷えた朝は 例によって「けあらし」が発生する

けあらし1
今季最高の「けあらしショー」 
まるで雲海だ 雲海に暑寒岳がそびえ立っている

外気温と海面水温の差が15℃程度で発生する

この時間は7時過ぎ 気温は氷点下19度であった

けあらし3
夏は家族連れでカニ釣りで賑わう黄金岬

けあらし5

けあらし6
黄金岬から留萌港南防波堤方向

「けあらし」で防波堤・灯台が見えない

今日は全国各地で「けあらし」が発生した報道もあったようだ


高校時代3年間は上川管内風連町(現名寄市)で過ごしたが 3年生の時 氷点下30度台が1週間続いたことがあり
月曜日の体育館での朝礼が長く 寒さでバタバタと生徒が倒れたこともあった

当時校舎の暖房は各教室石炭ストーブで 当然ながら体育館には暖房設備は無かった

留萌管内では今も吹雪で小・中学校がよく臨時休校になる

当時の風連では 吹雪はほとんどなかったが 氷点下25度で小学校が始業時間1時間遅れ 
30度を超えると小学校が臨時休校で 中学校は始業時間が午後からとか・・・

ただし高校は気温には関係が無く 残念がっていた記憶がある

また高校の校舎までは徒歩で5分ほどであったが 耳が凍傷で毎年2~3回皮が剥けていた

あのころの肌に突き刺すような寒さは忘れたが 気温の下がった日には いつもこの風連町の寒さを思い出す


関連記事
スポンサーサイト

コメント

萌樹工房の”けあらし”さんは愉快ですが、実際のけあらしは芸術的、アートですね。冬の留萌、恐るべし!私も若いころ士別市から峠を二つ越えた町に住んでいましたが、この時期毎週k木、金、土とマイナス30度以下になるので、学校は毎週4連休!2月末まで。店で買ったねぎやみかんが家に着いた時にはパリン!と冷凍食品に。恐るべし、宗谷線沿線!
2017-01-25 22:21 jarinnko #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

今冬は例年に比べて風の強い日が少ないので、よく「けあらし」が発生します。
旭川からの帰路雨竜町を通るのですが、川霧がよく発生してます。これも「けあらし」の一種でしょうね。
「けあらし」の発生する場所は決まっているようです。
宗谷線沿線の寒さも厳しいですが、留萌の吹雪も負けてはいない。
どちらかと言えば冬は内陸の方が過ごしやすい・・・と思います。
2017-01-30 09:09 KEARASHI #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

jarinnkoさんのコメント返信文の中で「旭川からの帰路雨竜町」と書きましたが、「沼田町」の間違いでした。
謹んでお詫びし、訂正します。
(け)あ(ら)しからず。
2017-01-30 20:34 KEARASHI #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |