プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
以前から続けてきた手作りでのクラフト創作で、主に手先・目そして頭を使うことで多少なりとも老化速度を遅らせる効果を期待している。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


まとめ

今日は節分です

2月3日は節分です

福と鬼

季節と季節のつなぐ節目で 立春の前日

季節は四つあり
立春 立夏 立秋 立冬の前日は全て節分ということになるから
節分は1年に4回あることになるのかな

節(季節の節目) 分(分け目) ですから
これから春に向けて季節が変化するはず

しかし
これまで非常に少なかった雪が 2月になってからドットきました
2月1日から風に大雪が混じり 
例年の積雪量を目指し 降り出しました

ここ2日ほど朝5時過ぎに起床し 除雪車が来る時間に合わせて雪かきをしています

節分には豆と恵方巻を食べる習慣があり 
鬼がやってくるのは夜で 豆をまいて鬼を追い出し
恵方巻は福を巻き込んでくれるので 切らずにかぶりつく

ところで
「鬼はソト 福はウチ」は定番ですが 
逆バージョンの「鬼はウチ 福はソト」と掛け声をするという神社があるそうです

京都三和町の大原神社がそのようです
鬼を全て この大原神社に迎え入れて 福を神社から各家庭に送るという考え
初めて聞きました

節分

写真では 鬼の代わりに 重要無形文化財になっている秋田「男鹿のなまはげ」のお面が写っています
このお面は 以前男鹿に行ったときに手に入れたもので 孫が怖がるので 押し入れに隠していたものを久しぶりに出してみました


この「男鹿のなまはげ」も鬼文化の一角に組み込まれているものですから
今回 豆と仲良く並べてみました

「なまはげ」は大晦日に家々を巡って厄払いをするのですが
今日3日も立春の前日ですから大晦日です

追い出す鬼と 迎い入れてよい鬼がいるんです

👹(なまはげ)は厄払いの他 怠け者を諭したりするようですが
小生は最近すっかり真面目になりましたので その心配はいりません

赤鬼青鬼

参考ですが 「なまはげ」には赤面と青面があり 前者を「じじなまはげ」 後者を「ばばなまはげ」と呼ぶそうです
写真のは青ですので「ばばなまはげ」ということになります

小生の家には 「お多福」という「福」がいますので 非常に平穏で
節分に豆をまく必要はないのです

・・・ですが ちょっと「きかない(気が強い)福」で 昔は小生のせいで
時々 「鬼家内(きかない)家内」になるときがありました

今は家内安全です


ps.
写真に写っている豆を入れてある桝は 隣町の増毛町の酒蔵「国稀」(酒の銘柄)のものです

ん・・・ 「なまはげ(禿げ)」と「増毛(ぞうもう)」

また一緒になってしまいました 

これは まったくの 偶然です

関連記事
スポンサーサイト

コメント

あまり”毛”に敏感にならないで!
福福 多福 家内安全でめでたしめでたし。
2017-02-06 13:44 takarinn #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

毛の話はこの辺で控えることにします。
ご忠告ありがとうございます。
2017-02-06 14:52 KEARASHI #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |