プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
以前から続けてきた手作りでのクラフト創作で、主に手先・目そして頭を使うことで多少なりとも老化速度を遅らせる効果を期待している。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


まとめ

石狩川水系のワカサギ釣り

サーモンファクトリー1

2月はお多福の筝曲演奏会等に向けた練習のためと 工房の資材調達のため 毎週土曜日か日曜日に札幌を往復しています
札幌へは石狩市を通る海岸の231号線を利用するのですが 今季は吹雪に会わず順調

2時間半の道のりですが いつも車が少なく貸し切り状態

高速道路を利用すると2時間ですが 往復で40km以上遠く しかも高速料金がかかるので いつもこの231号線を利用します

写真は途中の石狩市にあるサーモンファクトリー佐藤水産の工場・売店です

当市からちょうど2時間の所にあり ここで昼食あるいは休憩をとります

このサーモンファクトリーの裏側は石狩川水系の茨戸川で この時期はワカサギ釣りで賑わいます
駐車場は釣り人と売店への客で満車ですが トイレなども利用させています

まるで道の駅のようです

ワカサギ釣り1

ワカサギ釣り2
サーモンファクトリーの裏側の茨戸川
毎週こんな状態ですが 札幌市内からの釣り人たちです

ワカサギ釣り4

ワカサギ釣り5
カラフルな釣り用テントでいっぱい



ワカサギは 漢字で「公魚」と書き その昔常陸国麻生藩が11代将軍徳川家斉に年貢として霞ヶ浦のワカサギを納め 公儀御用魚とされたことに由来するようです

天ぷら フライ から揚げなどが大好きですが 
最近は手に入りません

この日(11日)も 家族連れの釣り人で賑わっていました 
とくに子ども連れのお父さんたちが目につきます

この季節 子どもを外に連れ出し
このような体験をさせるのも大切なこと

子どもにとっては良い思い出になることでしょう

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |