FC2ブログ

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


バレンタインデーです

今日14日はバレンタインデー

ショコラケーキ2
お多福からのショコラケーキのプレゼントです

ショコラケーキ1
箱を見ると CO-OP(コープ)の文字が・・・

でも 言うまでもなく義理ではなく 本命のプレゼントです

日本でのバレンタインとチョコレートの歴史の起源は はっきりしていないそうですが 神戸モロゾフ(現モロゾフ)が「バレンタインデーにあなたの愛しい人にチョコを贈りましょう」と広告を掲載したのが最初とか 他に数件の説があるようです

社会に定着したのは 1970年代で 80年代前半にはホワイトデーと義理チョコが登場
いづれにしても 「バレンタインデー・ホワイトデー」はチョコレート業界の陰謀」と広く認識されています

最近のauのコマーシャルに面白いのがあります

金髪の女性(かぐや姫)がバレンタインデーに金太郎に 「homemade chocolate(ホームメイドチョコレート)です」と渡したところ 金太郎が「本命のチョコレート」をもらったと勘違いをするコマーシャルです

確かに「homemade chocolate」を流暢な英語で離されると「本命のチョコレート」と聞こえるかも知れません

「ホワイトデー」もよく知られているのですが 
韓国では他に「ブラックデー」があり これは「バレンタインデー・ホワイトデー」で贈り物をもらえなかった(恋愛と無縁に終わった男女が集まってブラックコーヒーなどを口にする日(これは4月14日)のようです

ウソのような 本当の話です

子どものから「バレンタインデー」の習慣があったととしたら ボクは「本命チョコ」をもらえたかどうかわかりません
当時は こんな習慣が無くて良かったのかもしれません

落ち込んでいたかもしれません

小生にとって「バレンタインデー」は 「誕生日」でもあるので 毎年忘れることはありません
2月14日が近づくと ラジオでテレビで騒いでくれます

チョコレート業界も教えてくれます
おかげで 運転免許証の更新も忘れません

また年を取りました
アラ・セブ(around seventy)です
でも大台まであと1年あります 

現在日本の社会での高齢者の定義は65歳からですが 平均年齢が伸びこの定義を10歳伸ばし75歳とする動きがあります
もちろん 小生もすでに高齢者の仲間入りをしています

高齢者の定義が75歳以上となると 小生たちは高齢者の冠がとれるので 若くなるということになります
あと4~5年後でもまだ高齢者ではないのです

喜んでよいのか どうか ・・・・・・
シニア特典はどうなるのか???

本題から外れましたが 

3月14日の「ホワイトデー」には 
お多福に 「白いあんこ」の和菓子でもお返ししなければなりません



関連記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |