プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
以前から続けてきた手作りでのクラフト創作で、主に手先・目そして頭を使うことで多少なりとも老化速度を遅らせる効果を期待している。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


まとめ

ひな祭りです

今日は3月3日「ひな祭り」
旧暦の3月3日は桃の花が咲く時期で 「桃の節句」とも言うようだ

ウチは娘が3人 姿だけは豪華な(中身は安価な)7段飾りの雛人形を飾っていた
3日が終わるとすぐ片付けていたからか それぞれ嫁に出てくれた 

我が家では 毎年 しばらくはその雛人形を飾っていたが

数年前から 手作り木工雛を飾っている

おひなさま1
パズル風雛人形だ

これを取り出すと

おひなさま2
こうなる
30cm四方に収納できるので取扱・保管に便利
収納ケースの底に金紙を張ると 金屏風となる

昨年市内のカフェに置いたが 1個だけしか売れなかった
と言うのは 結構良い材料を使っているので それなりの値がつくのです

イイネとは言ってくれるが良い値だったのです

   おひなさま3
これは手書きされたものを和紙に印刷した お内裏様とお雛様
知人からいただいたもので 壁に掛けている

このように
昔は男雛は向かって右 女雛は左の配置のようでした 
お雛様の位置から見ると 左が上位だったのですね

明治の文明開化で西洋化し 大正天皇から右(向かって左)に立ち
それが皇室の伝統になったとのこと

これに習い

おひなさま4
このように並べ 新たに金屏風を背後に置き 赤い毛氈を敷き

さらに後で食べる桜餅を飾りました

おひなさま5 おひなさま6

これは お祝い用の砂川北菓楼のバームクーヘン
先日お邪魔した時に ローズミンタラの大福さん・豆福さんにいただいたもの

食べたい人は早く我が家へ来てください

ゆっくり いただきま~す!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

うれしいひなまつり

どのお雛様もこころ和みますね。幾つになってもひなまつりは華やかな気分になれます。今日はお客様を迎えて賑やかなひなまつりがができて、歌の通りの”きょうはうれしいひなまつり”でした。
2017-03-03 22:54 jyarinnko #- URL [ 編集 ]

Re: うれしいひなまつり

お邪魔しました。おかげでこちらも楽しいひな祭りでした。
ひな祭りが終わり、今度はさっそく5月に向けて兜を飾りました。
気が早いですかね。
2017-03-05 07:08 KEARASHI #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |