プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
以前から続けてきた手作りでのクラフト創作で、主に手先・目そして頭を使うことで多少なりとも老化速度を遅らせる効果を期待している。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


まとめ

子供の声が騒音だって?

こんな時代になってしまったか!

最近こんな報道を見聞きする

首都圏を中心に「子供の声がうるさくて迷惑だ」などと保育園の開設を断念させたり 延期させる例が広がっている

千葉県市川市では開園予定だった保育園が子供の声や道路の狭さなどの理由で住民が反対し開園を断念

神奈川県茅ケ崎市では送迎に通うマイカーの増加で「事故が増える」という住民の反対で開設者が撤退

西東京市でも「公園の噴水で遊ぶ子供の声がうるさい」と噴水の使用中止を求める仮処分を申し立て 一時は裁判所も認め 後に市の申し立てで仮処分は取り消しされ 噴水の使用が再開されたという事例もあるようだ

保育園1

幸い北海道はそこまではなっていないが 
年に一度の運動会の開催を知らせる早朝の花火の音が「うるさい」との苦情に対して打ち上げを中止した学校がある

身近にも例があった

孫の小学校の運動会でのこと
観戦中に何か物足りなさを感じたことがあったのですが 原因は競技の合間に音楽が流れていないことでした
殺風景というか チョット明るさ不足の雰囲気だったのです

この小学校では過去に付近の住民から 音楽の音がうるさいとの苦情が出たため 学校がこのような措置をとっているとのことでした

このような苦情に屈する学校の姿勢もどうかと思うのですが

なぜ最近の日本人は寛容でなくなったのでしょうか

テレフォン人生相談のパーソナリティで心理学者の加藤諦三さんのコメントが 北海道新聞に出ていたので紹介

「今は一言で言うと うるさいと感じる人は子供が嫌いだということ 
もっと言えば 人が嫌いだということ

人間嫌いというのは心理現象からいうと 劣等感から来ていることが多い
劣等感のある人は他者に対し優位に立ちたいとの願望を持っているので 周囲の人は敵になる

これまで私たちは子供の声を喜びに満ちたものと思ってきました
それが『うるさい』というのは(以前に比べて)人間が変わったということなんです

社会に対する疎外感や人とのコミュニケーションが少なくなったことが背景にあるのでしょうか
現代人は無意識のうちにいろいろな問題を抱え込んでおり 人や物事を嫌う傾向を強めている」

(以上 北海道新聞記事より要約)

保育園4 保育園5

「保育園の建設を巡る問題は 自分の家のそばに『ゴミ処分場をつくるのは反対』と同じような議論になっている」
とも コメントしている

反対する方々には 子どもの時代は無かったのでしょうかね

近所には子供の姿はあまり見られなくなり
おじいちゃん おばあちゃんばかりです

たまに 子どもを見かけると なんと可愛いこと
ボクは年はとりましたが 
それほど劣等感もなく まだ人間嫌いにはなっていません

近所に保育園 幼稚園が必要になるほど 子供が増えることを願っているのですが

期待出来るのでしょうか・・・


ps.
著作権の関係で 新聞記事についてはプログ掲載は禁止とのことですので
これまで掲載していた北海道新聞の記事を削除しました
但し 地元留萌新聞については許可を得ているので従来通り掲載します


関連記事
スポンサーサイト

コメント

子供の声が騒音に感じる人もいないわけでもありませんが、むしろ、近頃は子供の声がしなくなったなあ・・・と私は郷愁?すら感ずるこの頃です。子ども数も少ないようですし、余り外で大声出して走り回る子供たちも見かけることがないからです。
うちの子どもは男子2人でしたが、帰宅するとランドセルを椅子に掛けると即座におやつも食べずに、外にすっ飛んで行ったものでした。

拙宅は学区の小学校の西側に有り、学校の、地域の運動会の日は前日から西門が開いて、人の出入りはあるし当日は朝早くから、音楽、歓声、応援合戦の太鼓の音etc。

子供が大きくなり、孫はこの小学校区にはおらず、全く老女は関係ないのですが、窓から眺めて何となくウキウキしてしまいます。

やっぱり運動会には音楽がなくっては!子供の声っていいですよ、と私は個人的に思っています。
2017-04-23 11:13 takarinn #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ずいぶん前、お多福が自宅で書道教室を開いていた時、1週間に近所の子供60人ほど出入りしたのですが、部屋と廊下の壁の白いクロスが墨でいたずら書きされるやら汚れた手で触られ、真っ黒になっていたことがありました。
まあ賑やかでうるさいくらいでしたが、今となれば懐かしく思われます。
この町内も今では子供の声はほとんど聞こえてきません。
日本の将来はどうなることやら。
2017-04-24 14:27 KEARASHI #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://moegikoubou.blog.fc2.com/tb.php/76-8686d03e

 | ホーム |