プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
以前から続けてきた手作りでのクラフト創作で、主に手先・目そして頭を使うことで多少なりとも老化速度を遅らせる効果を期待している。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


まとめ

子どもの日です

子どもの日ですが 近所から子供の声はほとんど聞こえません

ゴミ出しの時に会う おじいちゃん おばあちゃんばかりです

ひと昔前はあちこちの家で こいのぼりを揚げていましたが 最近はあまり見かけません

こいのぼりを揚げる習慣も 無くなってきたのでしょうか

かぶと3

萌樹工房作 おひな様と兼用のかぶとの飾りです 

  こいのぼり(和紙)

和紙に印刷した こいのぼり

30年以上前のことです

公営住宅の4階に住んでいたとき ベランダに小さなこいのぼりを立てたら 
子供たちに「ウチに男の子はいないのに」と言われ

「お父さんがいるでしょう」と答えました

このこいのぼりは 吹き流しの下に真鯉と緋鯉が並んでいたのですが 
次の日 強風で「緋鯉」が飛ばされ いなくなりました

それを見て 子どもたちに「お父さん お母さんに逃げられたよ」と言われたことがありました

子どもたちは父親に似て結構 冗談がきついのです

また
ウチは 子供が三姉妹で 男の子はいなかったのですが

育てた犬は男(雄)でした
6(ロク)番目の家族で 
色が黒(クロ)なので ゴロ合わせでロックと名付けたのです

ロック コラージュ

子どもの日に このロックの小屋にこいのぼりを揚げ 
お祝いしましたが 本人(本犬?)は分かっていたのでしょうか

こいのぼり

その時の写真が見当たらないので イラストで代用します

ロックは15年ほど前 12歳でご臨終になりました
こいのぼりで思い出しました


かぶと4

このかぶとはボクが60歳を過ぎてから お多福がプレゼントしてくれたものです

60歳過ぎても未熟なので
まだ成長を期待されていたのでしょうか

写真では大きさが分かりませんが 高さが15cmほどで 極めて小さいものです

また
男の孫は1人ですが こいのぼりのように 
元気で たくましく育ち 羽ばたくことを願っています

ps.
おまけです
お多福の大好きな中華

中華

半分もらいました
まだ はばたけそうです







関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://moegikoubou.blog.fc2.com/tb.php/83-d86bbac2

 | ホーム |