プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
以前から続けてきた手作りでのクラフト創作で、主に手先・目そして頭を使うことで多少なりとも老化速度を遅らせる効果を期待している。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。


最新記事


月別アーカイブ


最新コメント


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ


カテゴリ別記事一覧


まとめ

プロ野球観戦

11日(日)は札幌ドームにてプロ野球交流戦の観戦でした

日本ハムファイターズ対読売ジャイアンツどちらも連敗同士  
ボクはジャイアンツ お多福は日ハムの応援です

観客席

超満員です

札幌ドーム

この試合は5対1で日ハムが勝利 ジャイアンツは完敗でした

元ジャイアンツの村田が勝利投手 
そしてジャイアンツから移籍の大田選手にも一発食らってしまいました

この試合で佐呂間町出身の玉井投手が中継ぎで登場
東京農大オホーツクキャンパス校から社会人を経て今年ドラフト入団 
ルーキーです 拍手で迎えられていました

玉井投手

これでジャイアンツは交流戦最下位です
お多福は大変ご機嫌でした

ところで
たまたま成田智志著「監獄ベースボール」を読んでいて その中の一節が心に残っています

明治20年代に北海道の監獄(樺戸集治監など)に典獄(刑務所長?)として赴任してきた大井上輝前(おおいのうえてるちか)が囚人教誨の手段としてベースボール(野球)を取り入れたのです 

それは次のような信念からでした

「ベースボール(野球)は たとえ失策で試合が決しても次の機会に打って取り返すことができる
次の守りで良い守備をすれば勝利に貢献することもできる (次の機会が必ず与えられる)

また他の面々が打って走って守って取り返し 形勢をひっくり返すことができる

人生もまた同じなのだ 罪を犯して北へ流されてきたお前たちも罪を洗い流し 刑期を終えてまた新たな歩みを進めていくことが務めなのだ

ベースボールは楽しみのためだけにあるのではない
人生は何かということを真に知ってもらうために神が用意された」 と

江別市在住の作家が 囚人の治安強化の手段としてベースボールを採用した内務省官吏の波乱に富んだ生き様を描いた2010年の小説です

失策や投球で勝利することのできなかった選手ほど早い機会で登用する日ハム栗山監督の采配は 見る者には不安を与える時もあるが 選手を信じ復活の機会を与えるという野球の本来の理念に基づいた考えであると知り 

考え深いものがあるのです 

それにしても ジャイアンツは弱い

関連記事
スポンサーサイト

コメント

いやー、もう目を覆いたくなるような今年のジャイアンツのていたらく!!
毎日今日こそはと応援しながら見ても、ああ言いたくない!連負続きで・・・

北海道人は概してジャイアンツフアンが多いですよね。私も小学生の頃からずーっとで、当地に住んでも絶対に中日(夫はドラキチ!ですが)に鞍替えせずに心中建てしているのに・・・
でも交流戦最後が連勝出来たので、後半戦何とか負けを取り返してほしいとまた熱い応援しましょうね。

2017-06-20 17:25 takarinn #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ジャイアンツの交流戦は何とかビリを逃れましたが、この先どうなるのでしょうか。
ウルトラミラクルメイクドラマでも期待しましょう。
「背番号3の思い出」を胸に、まずはクライマックスシリーズ出場目指して応援します。
2017-06-20 20:23 KEARASHI #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://moegikoubou.blog.fc2.com/tb.php/98-f0734adb

 | ホーム |