FC2ブログ

子どもたちは退屈

子どもたちは毎日退屈

新型コロナウイルス感染の関係で
幼稚園・小・中・高等学校は三学期の途中から休み
引き続き春休みに入っているが
外を出歩くことも自粛

こんなに休みが長いと
家の中で勉強していても ゲームをしていても
飽きてしまう

街へ出かけ 帰りがけに公園のそばを通ったら
田舎にしては たくさん子どもたちが遊んでいた

公園遊び1-1

幸い 雪も早く解け
公園内には雪は全く無くなった

友達と元気よく走り回る子もいる

公園遊び4-1

中学生か
サッカーボールを蹴って回している
これはストレス発散になる

公園遊び2-1

この日は快晴で
親たちもベンチに座りながら
子どもたちを見守っていた

公園遊び3-1

終業式もなく
卒業式も簡素化され
この状況下では仕方のないことなのかもしれないが
子どもたちも被害者

新学期を迎えるが
入学式はどうなるのか

たかがウイルスと
思っていたが
世界中に混乱を招いている

一日でも早く終息し 
安心・安全な生活に戻りたいものだ




4月です

「一月往(い)ぬる 二月逃(に)げる 三月去(さ)る」とは
年明け(正月)から三月までは行事が多く 
あっという間に過ぎてしまうことを言ったもの

「往(い)ぬる」は「行(い)く」ともいう

毎年のごとく本当にあっという間に3ヶ月が過ぎた
今冬は特に雪が少なく
それ程雪かきが大変だと感じなかった
楽した代わりに体力増強には繋がらなかった 

庭には既に雪は残っていない

いつもなら千望台への道もまだ閉鎖されているが
開いていたので車で登ってみた

半年ぶりに見る市全景と日本海

景色1(1)
(3月下旬の撮影)

このところ快晴が続いている

この日本海沿岸は
3月下旬までは晴れの日は3日と続かない
といわれているが珍しく続いている

この千望台は市内を見下ろすことの出来る山
山といっても標高は200m程度

写真に写っている塔が電波塔で
NHKのお天気カメラが設置されている
(3本のうちの一番に右)

NHKのローカル天気予報では
よくこのカメラで様子が伝えられている

景色3(1)
(3月下旬の撮影)

気象条件によっては
天売島・焼尻島・利尻岳を望むことが出来るが
この日は残念

雪が少なかったせいか
河口から海に流れ出る川水の濁りも少ない

帰ろうと下って行ったら
作業員が
登り口をゲートで閉めようとしていた

まだ道路は通行解除にはなっていなかった
たまたま作業員千望台で作業するため
開けていたらしい

親切に開けてくれた



深川留萌自動車道が全線開通

3月28日深川留萌自動車道が全線開通した

この度 残り部分の
留萌大和田IC~留萌ICの延長4.1Kmが開通し
総延長49.0Kmの全線が開通

留萌深川自動車道1(2)
(資料 留萌開発建設部)

道央自動車道と繋がり
札幌までは2時間と短縮される

この深川留萌自動車道は
北海道深川市から留萌市までの
高規格道路(一般国道の自動車専用道路)

総延長49.0Km
車線数は暫定2車線
設計速度は100Kn/hであるが
70Km/hに制限されている

工事は1993(H5)年に着工し27年かけて完成

全線開通記念に
留萌管内1市6町1村のキャラクターの合体ロボットも一役

このロボットは8市町村の連携シンボルとして進化した
「オロロンロボメビウスPERFECTION]として登場した

観光協会パンフ  
(資料留萌観光協会)

開通は28日午後3時

当初通り初め式など予定されていたが
新型コロナウイルスの関係で中止
勿論 記念式典も中止となった

開通式で披露する予定だった
メッセージボードは「るしんふれ愛パーク]などに飾られた

(注:「るしんふれ愛パーク」とは
6月に道の駅としてオープンする場所)

これは開通を祝うため市民などから写真とメッセージを集め
期成会が製作したもの

写真・メッセージ1(1)

そして留萌高校の生徒が木工制作した看板
記念看板1(2)

ついでに
ちょっと走ってみた
深川留萌自動車道2(1)

道内では深川留萌自動車道の他に
数ヶ所の高規格道路が現在工事中だが

全線開通はこの自動車道が初のケースで
暫くは通行無料となっている

同道路は道央圏と繋がり 

札幌や旭川をはじめとする道内各地へのネットワークが強化され
海産物輸送の迅速化や
旭川市への救急搬送の時間短縮が見込まれている





ニシンの群来


3月24日ニシンの群来があった

ニシンは春告魚と言われている
雪解けも早く時期を合わせたのか
昨年より1ヶ月ほど早い

ニシンの群来

ニシンの群来とは
ニシンが大群で沿岸に押し寄せ 
産卵・放精によって海面が乳白色になること

場所は市内礼受(れうけ)漁港内

ニシン群来5(1)
(海面はこのようになる)

日本海沿岸では
毎年春にニシンの群来があり

小樽沿岸では
10年以上続けて群来が確認されている

この10日に留萌港内でも小規模な群来があり
連日 港には太公望が集まっている

この日はみぞれ混じりの雨
車を岸壁に乗り入れ 太公望は車の中から様子を見ている

ニシン釣り1(1)
(23日雨の中の岸壁)

釣り棹は
電動式でバッテリーにより上下に動かす
「自動しゃくり機」と呼ばれるものを使っている方が多い

二本用あるいは三本用があるようだ


ニシン釣り3(1)
(二本用自動しゃくり機)

26日は晴れ 
この日も朝早くからニシン目当ての太公望が集結

ニシン釣り7(1)

タイミングよく
二匹釣れた

ニシン釣り6(1)

釣ったニシンの箱を覗いている方がいたので
チョッと頼んで写真を撮らせてもらった

結構な型のニシンだった

ニシン釣り4(1) 

先日もらったニシンは
既に子(カズノコ)は完熟していた

しばらくは
留萌港内も太公望で賑わいそうだ



なごり雪

今季は極端に雪が少なく 解けるのも1ヶ月ほど早い

しかし冬が終わるのが名残惜しいのか
解けては何度も雪が降る

「なごり雪」

24日の朝も降った


なごり雪1(1)
(なごり雪 Before & After1)

雪国に住む者にとっては
雪は決して歓迎されるばかりのものではない

だから克雪以外に 

利雪・親雪などと冬期間をいかに楽しく過ごそうかと
工夫をこらしている


なごり雪2(1)
(なごり雪 Before & After2 この後すぐ雪は解けた)

1年に数回しか雪が降らないところに住む者にとっては
雪はロマンチックなものかも

この「なごり雪」は辞典にも載っていない
ということは造語らしい

♬ 汽車を待つ君の横で僕は
時計を気にしてる
季節外れの雪が降ってる

東京で見る雪はこれが最後ねと
寂しそうに君がつぶやく

なごり雪も降るときを知り~
・・・


ご存知 伊勢正三作詞作曲の名曲「なごり雪」

古くから「名残の雪」という言葉はあるが
この伊勢正三が曲のために敢えて作った

いわゆる複合語の「なごり雪」

この曲が大ヒットし「なごり雪」がすっかり一般的になったため
今では「日本語」として認知されている

というのは
気象庁が2013年に「新しい季節のことば」を選定
新たに3月の季節を表す言葉に
「なごり雪」を選んだことによる

毎年
なごり雪が何度も降って
春を迎える


雪の付く気象用語はたくさんあるが

今季当市では「暴風雪警報」は非常に少なく 

例年だと全国ニュースで「吹雪」といえば北海道留萌市
この分野では知名度がトップ3には入っていたが

残念(?)ながら 
名が残らないシーズンで 認知度が下がり

複雑な心境だ


ツグミも毎日やってくる

このところウチの庭に
キレンジャクとツグミがやってくる

キレンジャクは先日のブログで紹介したが
入れ替わりで今度はツグミが来ている

目的はやはり
雪が解けて顔を出した落ちていたナナカマドの実だ

ツグミ1(1) 

夏季にシベリア中・南部で繁殖したツグミは
秋から飛来し
冬季に日本などで越冬する

この時季に山地の森林から平地に移動し分散するらしく
その分散した数羽なのか

ツグミ2(1)

食性は雑食で昆虫なども食べ
鳴き声はやや甲高いが夏は鳴かないという
(口をツグムらしい)

ツグミ3(1)

1月頃から庭に来ていたが
ここしばらく姿は見せていなかった

最近また 頻繁にやってきている

そのうち
シベリアに戻るのだろう


手作り布マスク販売会の開催

今回は「手作り布マスク販売会」開催のご案内

ご存知の通り世界規模で
新型コロナウイルスの感染が広がり

東京オリンピックの予定どおりの開催も危ぶまれる
・・・との声も出始めている

いま国内では感染予防のためのマスクが不足
何処の
ドラッグストア・ホームセンターへ行っても手に入らない

売っていないのなら自分たちで作って役立ててもらおう
とネット販売(ヤフオク・メルカリ等での出品)していたら

今度は転売禁止の関係で これも禁止となった

それならば

マスク不足で困っている人たちのためにと
砂川市で地元のハンドメイド作家さんたちが中心となり

販売会を企画し その準備に追われている


マスクフライヤー表(1)

砂川市に住む娘が この企画をSNSで発進したところ
全国の手作り作家さんたちの賛同もあり

多くの方から布マスクの提供があるとのこと

開催はポスターに掲載のとおり

日時:2020年3月29日(日)
13:00~

場所:砂川市地域交流センターゆう
(砂川市東3条北2丁目3-3)


また
この販売会開催にあたり

布マスク作りに協力いただける作家さんたちを
募集もしている


連絡先は
zakka.luce@gmail.com (安藤まで)


マスクフライヤー裏(1)

(ご来場される方は上記注意事項順守のこと)

砂川市近隣在住のマスク不足でお困りの方

是非足を運んでみては いかがでしょうか


プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: