FC2ブログ

三国峠を越えて帰ってきた

11日から
道の駅「遠軽森のオホーツク」「かみしほろ」
「ガーデンスパ十勝川温泉」を巡り

12日帯広からの帰路 三国峠を越え旭川へ

峠でひと休み


三国峠1(1)

この日はあいにく霧で視界はくっきりではないが
まあまあ


三国峠2(1) 
三国峠は
北海道上川町と上士幌町の境界にある
国道273号線の峠で
北海道の国道で最も標高が高い
標高は1,139m

この峠から見下ろす大樹海は
約100万年前の大噴火で形成されたカルデラ

東大雪の山々に囲まれた地には
針葉樹と広葉樹の混交林が広がり
美しい景観をつくっている

これは松見大橋

三国峠3(1) 
(松見大橋 峠のパネルから)

9月下旬から紅葉が始まる
絶景ポイントなのは間違いなし

峠には
駐車場・トイレ そしてログハウス風のカフェがあった


三国峠5(1) 
そして
トンネルを越えると上川町

三国峠4(1) 

広大な白樺林が続いていた

おまけ

帯広から三国峠の途中
士幌町の街を通り抜けようとしたら
目にとまったものがあった


三国峠6(1)
(Bar Ber Shop Ba Ba)

車を停めて写真を撮ってきた
バーバーショップ ババと読め

婆さんが経営する
それとも婆さん専用の理容室なのか
と思って覗いてみると
若い男性が働いていた

馬場さんという方が経営する理容室だった

車に同乗していた二人の婆さんが大喜びだった


上野ファーム花歩き

6月20日
旭川市永山にある上野ファームで
花歩きを楽しんだ

もう3週間ほど経過しているので
今はもう咲いている花の種類は変わっているかもしれない
あしからず


上野ファーム全体図(1)
(ちょっと見ずらいが上野ファームの全体図)

上野ファームは
英国の庭づくりから学びながら北海道らしさを大切にした
「北海道ガーデン」 いわゆるイングリッシュガーデン

「北海道ガーデン街道と呼ばれる8つのガーデンの中の一つでもある

入口を入ると 現在咲いている花が写真で紹介されている


2(1).jpg

ガーデンは季節で彩が変わる10のゾーンの花散歩が出来る

マザーズガーデン
庭づくりの第一歩が始まった場所


3マザーズガーデン(1)

木の声が聞こえる庭
池の周辺に落ち着いた葉色の植物を中心に植えている

4木の声が聞こえる庭(1)

射的山
屯田兵の射的訓練場として使われた小高い山
上川盆地が見渡される


5射的山(1)
上の左は「虹色の椅子」で縁結び地蔵もいる

ノームの散歩道

6ノームの散歩道(1)
赤色の花を付けているアカシア
北海道ではアカシアの花は白色だから
アカシアでなくシロシアの呼び名が良いのでは?

ノームの庭

美しい木々と素朴な野草やグラス(草木類)が
華やかな花と混じり合う自然風景園

人気のゾーンだ


7ノームの庭(1)

白樺の小道

白樺の隙間から色々な花が顔を出している


8白樺の小道(1)

ロングボーダー

全長50mの長い花壇がある


9ロングボーダー(1)


他 サークルボーダー パープルウォークなどのゾーンがある

10(1)

11(1)

このような庭は
まさしくイングリッシュガーデンらしい


13イングリッシュガーデン(1)

古い納屋をそのまま生かして改装した

カフェ「NAYA cafe」
軽食やスイーツが楽しめる

12カフェ・売店など(1)

上は売店と苗屋

入口を入ると
高級家具が備えられ休憩所となっていた


13休憩椅子など(1)


四季折々の花が見られるので
年間パスポート(1,200円)を買った方がよいかも



長くなったついでに

おまけ

倉本聰原作脚本のテレビドラマ「風のガーデン」
主演の老医師 白鳥貞三(緒形拳)が

勝手に創った「花言葉」を紹介

花言葉(1)
上左がジキタリス・エルシーケルセイ
花言葉は
「後期高齢者の淋しい合コン」


上右がジキタリス・パープレア
花言葉は
「口が悪いために売れ残っている美少女たちの合コン」



*倉本聰 風のガーデン
卓三先生の花言葉から引用


閑散となったスキー場

今シーズン最後のスキー滑り

ここは
家から車で25分ほどの隣町増毛町にある
初心者向きのファミリースキー場

今季は雪も少なく
2週間ほど遅れてオープンした

管内でオープン出来なかったスキー場もある

この日はもう駐車場も雪が解け始めている

コロナウイルスで学校も臨時休校

子どもたちは 休みといっても自宅待機で 
スキー遊びも出来ない

3月からオープンは13時
13時過ぎに行ったが まだ一人もいなかった


増毛スキー場1(1)

管理棟も閑散
リフトも貸切状態


増毛スキー場2(1)
(写真は頂上および中腹からのゲレンデ)

これだけ人がいないと心細い

今日の濃厚接触者はリフトの係員一人
コロナウイルス感染の確率はかなり低い

帰るまでにはスキー客はボク以外は4人ほど

増毛スキー場3(1)


頂上からは天売島・焼尻島

そして焼尻島の背後から
真っ白な利尻岳(利尻富士)がそびえ立っていた
残念ながら写真では確認が難しい


この辺から
利尻岳が見るのは珍しい
これだけはラッキーであった



カムイスキーリンクスでの初すべり



カムイスキーリンクス(旭川市)での初すべり


カムイスキーリンクス1(1)

このスキー場も先日まで雪不足

最近全面オープンした


頂上へ4人乗りゴンドラで行くと



カムイスキーリンクス2(1)

一瞬樹氷か?と思ったが
新雪で木々は真っ白



カムイスキーリンクス3(1)


山頂は標高751m 山麓は150mだから
標高差は601m


頂上のレストハウス
レストラン・カフェがある



カムイスキーリンクス7(1)


頂上へはリフトを2度乗り継いでも到達出来る

「チャレンジ林道コース」は雪で眩しい



カムイスキーリンクス4(1) 

写真下の「ゴールド2」のコースは傾斜30度
初心者にとっては結構 きついコース
一気に下るのは高度な技術が必要


カムイスキーリンクス6(1) 
ほとんど下ったところから

管理棟と背後の盆地を眺めた


カムイスキーリンクス5(1)


管理棟の横には今は懐かしい
郵便ポストがあった



カムイスキーリンクス8(1)

この日(18日・土曜日)は この後快晴となり

家族連れで賑わっていた





スキー場もようやく全面オープン



今冬は道内どこも雪が少ない

昨年年末に初すべりをした
旭川市のサンタプレゼントパーク

ようやく全コースがオープンした


スキー場1(1)

リフトは3


頂上(標高330m)からは旭川市を一望
天候は曇り時々晴れ


ニコラス展望タワー1(1)

上の写真左は山頂にそびえ立つ展望タワー

タワーの名は「旭川ニコラス展望タワー」
高さ50mの展望室からは

旭川の街並み・夜景・
遥かに美瑛の丘・大雪・十勝岳連峰の山並み・
石狩川・神居古潭の川の流れを一望

しかし このタワーは冬期間はお休みのようだ

残念ながら山頂からは
大雪・十勝岳山系は雲があり

また霞んで見えなかった

スキー場6(1)

中学校は冬休みも終わり
小学生連れの家族がちらほら


スキー場4(1)

この日(15日)は
自衛隊員の練習風景があちらこちらに見られた

北海道に配属される隊員の中には
道外から 遠くは九州から赴任している者がいる

スキーが初めての隊員も多いため
特訓を受けていた


スキー場5(1)


このサンタプレゼントパークスキー場は

旭川市中心部から車で20分程度の所にあり
家族連れで気軽に来ることができる
ファミリースキー場だ

ナイター設備も整っている


スキー場7(1)


登山道コースでは親子連れ

子どもを特訓中



スキーの初すべり


今年は わが家へサンタさんが来なかったので
26日に自らサンタさんの所へプレゼントをもらいに行った

しかし 「クリスマスは とっくに済んでいる」と言われた

ここはサンタさんがいる 旭川の「サンタプレゼントパーク」

        img281(1).jpg

市中心部から車で約20分 
それほど高い山ではないが 標高330mで市内街並・夜景を一望でき
冬はスキー場として市民に人気のある所だ

この日は ここで今シーズンのスキー初すべり
しかし道内のスキー場は雪不足で どこもオープンが延期されている
このスキー場も24日にようやくオープンにこぎつけた

スキー場の名前からして クリスマスが終わってからのオープンだと
洒落にもならない
  
28日現在の旭川市の積雪量は たったの17cm

したがってオープンといっても 
使用出来るゲレンデは 3コースある内の 一番低いセンターコースのみ

リフトも頂上までは行かない 
いわゆる初心者コースのみでのオープンであった

ゲレンデ1(1)

スキー客は 丁度昼食時間であったのでまだ まばら

スキー場2-1(1)

スキー場4(1)

学校も冬休みに入ったばかりだが
さっそくスキー教室が始まっていた
 
スキー場4-1(1)

午後からは
低学年用のスキー教室が始まるのか ゼッケンを着けた子供たちが集まっていた

スキー場3-1(1)

駐車場は子供を送迎する親の車で満車

ところでボクはといえば
この日は5回ほど滑ってきたが

今シーズンの初滑りで
足慣らしなので まず初心者コースで充分か

怪我もせず まず小手調べの運動だった

そして サンタさんからプレゼントがあった
5回券を子ども料金におまけしてくれた
 
やはり 来た甲斐があったな~

・・・しかし
よくよく料金表を見ると
これはシニア券 子ども料金と同じだ

な~んだ!

 

札幌雪まつり~その4~

前回に引き続き 第4回(最終回)

大通り10丁目 UHBファミリーランド

大雪像 スター・ウォーズ2019

スター・ウォーズの雪像は今回で3度目
全世界が注目する「最後のスター・ウォーズ」の公開を記念し制作
レジスタンスの戦闘機XウイングのBB-8乗車位置に乗船が可能になっていた

スターウォーズ看板1

スターウォーズ1
(制作 さっぽろ青少年女性活動協会)

中雪像 巨大カップヌードルすべり台

日清食品提供 北海道限定「北のどん兵衛」もしっかりとPR

カップヌードル1

カップヌードル2-1
朝ドラの「まんぷくラーメン」はありませんでした

大通り11丁目 国際広場

世界各国から9チームが参加し雪像制作を競い 参加者や観客との交流・友好を広げます

参加チーム1

優勝は タイの「コイの美しさと力強さ」

優勝タイ1

準優勝は中国(マカオ) 共享繁栄

準優勝中国マカオ(1)

雪像のモデルとなった観音像(慈悲の女神)はマカオの人気観光地
観音様が善良と調和の象徴である一方 龍は中国では権力と勇気を表す縁起物
社会の調和と団結 繁栄を表現しているようです

ポーランド ハワイ 中国の雪像

ポーランド・ハワイ・中国1

インドネシア 韓国 シンガポール フィンランドの雪像

インヂネシア・韓国・シンガポール・フインランド1

大通り12丁目 市民の広場

小雪像 市民雪像


市民の広場(1)

市民手づくりの力作やユニークな作品が並んでいました

市民雪像1(1)

市民雪像2(1)

市民雪像3(1)


まだまだ雪像もたくさんありましたが 
4回に分けて 
今年の札幌雪まつり(大通り会場のみ)雪像など写真で紹介しました

雪まつり会場に行ったことない方
少しでも雰囲気を味わえたでしょうか

雪まつりグッズもたくさんありました

雪まつりグッズ(1)


プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: