FC2ブログ

旭川市の紅葉

25日(日)
孫(中学生)の吹奏楽定期演奏会で旭川市へ行ってきた

今年はコロナ禍で例年開催されているコンクールなどが中止で
発表の場が無くなり

生徒の思い出作りにと
いつもは学校の体育館で開催していたが
今回の会場は旭川市クリスタルホール

会場には300人の観客を入れた


演奏会1(1) 
(開演前の会場と終了後のクリスタルホール裏側出口の様子)

クリスタルホール裏庭では紅葉した木々が見られた

旭川は一日の気温の差が大きく
いつもきれいな紅葉が見られる

時期的にはもう遅く
既に葉がすっかり落ち 裸になった木もあった

旭川紅葉2(1)

旭川紅葉3(1)

昨年の同じ時期に撮った写真を紹介
場所は旭川市常磐公園


旭川紅葉4(1)

旭川紅葉5(1)

旭川紅葉6(1)

山々も すっかり晩秋の景色になっていた



神居岩(かむいわ)公園の紅葉

今秋の紅葉は例年に比べ遅く
この15日に様子を見に行ったところ


神居岩公園1(1) 
小高い山は色づき

この山の少し奥の神居岩公園も
紅葉が進んでいた

公園内の紅葉を写真で紹介

神居岩公園2(1) 

神居岩公園3(1) 

神居岩公園4(1) 

神居岩公園5(1) 

この公園内では
アスレチック遊具が現在更新中で
完成したものは徐々に開放され
日曜日(18日)には子供たちが楽しんでいた


神居岩公園6(1) 

まだ雪虫の姿は見かけないが

このカエデの葉が落ちて少なくなる頃には
雪が舞ってくるかも


神居岩公園7 (1) 


暑寒別岳の冠雪

暑寒別岳(標高1491m)が冠雪した
写真は10月17日の様子


暑寒別岳の冠雪1(1) 

大雪山系では既に初冠雪が確認されているが

暑寒別岳の初冠雪は10月6日


暑寒別岳の冠雪2(1) 

初冠雪後すぐ溶けたが

この日
留萌市のゴールデンビーチから
白く染まった山々が見えた

写真下は暑寒岳より西側にそびえる浜益岳(標高1258m)
山頂の雪が確認できる


暑寒別岳の冠雪3(1) 

北海道では既に朝の気温が氷点下の所があり
当市ではこの日最低気温が5℃ 最高気温は14℃
めっきり寒くなった

このところ 一日の天候も変わりやすく
晴れていても すぐ雲が現れ
雷雨・あられなどが降る
晩秋らしい天候となっている


暑寒別岳の冠雪4(1) 


時化の海

9月29日朝
ウォーキングで海岸へ行ったら
けっこう波が高い

予報では波の高さは3mから2mになるという
ということはこの時間は 3mの高さだ

久し振りの時化だ


時化の海1(1) 

夏も終わった

これからは時化の日が多くなる
でもこの日の風は南東の風
まだ生暖かい

時化の海2(1) 

これからは冷たい北西の季節風が強くなる
冬は5~6mの波は珍しくない

黄金岬の「波濤の門」


時化の海3(1) 

冬期間
この岬は 文字通り波が荒れ狂う

いまサケ漁の最盛期
この日は時化のため出漁は出来なかっただろう


時化の海5(1) 

一羽のカモメは涼しい顔をしていたな




暑寒別岳とゴールデンビーチ

この日の天気予報は午前中雨だったが
曇りに変わり
いつものウォーキングは予定とおり

ゴールデンビーチから見る暑寒別岳は雲に覆われていた


暑寒別岳の雲1(1) 

山頂から見下ろしたら
一面雲海なのだろう


暑寒別岳の雲2(1) 

山を見上げると
今年の初冠雪はいつなのだろうと
そんなことを思う季節になりつつある

しかし今年はまだ 暑い
2日続けて真夏日を記録
この時期30度を超すのは珍しい

まだキャンプ日和
土曜日(5日)から来ているのだろう 家族連れが多い


キャンプ客1(1) 

3日間ほど
滋賀ナンバーのキャンピングカーがいたが
この日はどこかへ移動したのか
姿を消していた

また土曜日(5日)には
サーファーが集まっていた

結構なうねりだ

サーファー仲間の情報伝達は凄い
あっという間に集まって来た



(動画1分06秒)

サロベツの風景

8月のサロベツ原野の風景を紹介

道北サロベツ原野の海岸(日本海)を走る
道道106号線(稚内天塩線)に立ち並ぶ
風車群(幌延町)


風車群1(1) 

同国道40号線(旭川~稚内)から見た風車群

風車群2(1) 

同じく
道道106号線(稚内天塩線)から見た
利尻岳(通称利尻富士)


利尻富士1(1) 

利尻富士2(1) 

ちょっと内陸に入った所からの利尻富士

利尻富士3(1)
(噴煙のように見えるが雲のいたずら)



夏は終わりか?

8月16日
約1ヶ月間の海開きが終わった

閉鎖されたゴールデンビーチでは後片付けに追われている

夏は終わり1(1)
遊泳禁止区域に張られていたロープが引き上げられ
ロープに付着した藻を丁寧に取り除く作業などが行われていた

夏は終わり2(1)

貸しジェットスキーの業者さんも後片付け

夏は終わり3(1)

しかし1週間後の土日は天候も良く まだ夏休み
閉鎖されたとはいえ 海水浴日和
キャンプ客も多い

夏は終わり4(1)

監視員はもういないので 遊泳は自己責任
子どもたちは海に入り 高校生らしき仲間も楽しそうだ

夏は終わり5(1)

地元の人も犬の散歩

夏は終わり8(1)

これは次の日(24日月曜日)の様子

海開きの期間中設置されていた 
ゴミステーション(金網製)は撤去されたため
ゴミを持ち帰らず不法投棄 使ったコンロもそのまま放置


夏は終わり9(1)

おまけに海の中には テントも捨ててあった
なんと! ナント! 驚きです

日本人でも意識の低い者が まだまだ多いということか

週末まで 気温も高いようなので
まだ海遊びに訪れる人もいるのだろう


夏は終わり10(1) 



プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: