FC2ブログ

深川留萌自動車道が全線開通

3月28日深川留萌自動車道が全線開通した

この度 残り部分の
留萌大和田IC~留萌ICの延長4.1Kmが開通し
総延長49.0Kmの全線が開通

留萌深川自動車道1(2)
(資料 留萌開発建設部)

道央自動車道と繋がり
札幌までは2時間と短縮される

この深川留萌自動車道は
北海道深川市から留萌市までの
高規格道路(一般国道の自動車専用道路)

総延長49.0Km
車線数は暫定2車線
設計速度は100Kn/hであるが
70Km/hに制限されている

工事は1993(H5)年に着工し27年かけて完成

全線開通記念に
留萌管内1市6町1村のキャラクターの合体ロボットも一役

このロボットは8市町村の連携シンボルとして進化した
「オロロンロボメビウスPERFECTION]として登場した

観光協会パンフ  
(資料留萌観光協会)

開通は28日午後3時

当初通り初め式など予定されていたが
新型コロナウイルスの関係で中止
勿論 記念式典も中止となった

開通式で披露する予定だった
メッセージボードは「るしんふれ愛パーク]などに飾られた

(注:「るしんふれ愛パーク」とは
6月に道の駅としてオープンする場所)

これは開通を祝うため市民などから写真とメッセージを集め
期成会が製作したもの

写真・メッセージ1(1)

そして留萌高校の生徒が木工制作した看板
記念看板1(2)

ついでに
ちょっと走ってみた
深川留萌自動車道2(1)

道内では深川留萌自動車道の他に
数ヶ所の高規格道路が現在工事中だが

全線開通はこの自動車道が初のケースで
暫くは通行無料となっている

同道路は道央圏と繋がり 

札幌や旭川をはじめとする道内各地へのネットワークが強化され
海産物輸送の迅速化や
旭川市への救急搬送の時間短縮が見込まれている





ニシンの群来


3月24日ニシンの群来があった

ニシンは春告魚と言われている
雪解けも早く時期を合わせたのか
昨年より1ヶ月ほど早い

ニシンの群来

ニシンの群来とは
ニシンが大群で沿岸に押し寄せ 
産卵・放精によって海面が乳白色になること

場所は市内礼受(れうけ)漁港内

ニシン群来5(1)
(海面はこのようになる)

日本海沿岸では
毎年春にニシンの群来があり

小樽沿岸では
10年以上続けて群来が確認されている

この10日に留萌港内でも小規模な群来があり
連日 港には太公望が集まっている

この日はみぞれ混じりの雨
車を岸壁に乗り入れ 太公望は車の中から様子を見ている

ニシン釣り1(1)
(23日雨の中の岸壁)

釣り棹は
電動式でバッテリーにより上下に動かす
「自動しゃくり機」と呼ばれるものを使っている方が多い

二本用あるいは三本用があるようだ


ニシン釣り3(1)
(二本用自動しゃくり機)

26日は晴れ 
この日も朝早くからニシン目当ての太公望が集結

ニシン釣り7(1)

タイミングよく
二匹釣れた

ニシン釣り6(1)

釣ったニシンの箱を覗いている方がいたので
チョッと頼んで写真を撮らせてもらった

結構な型のニシンだった

ニシン釣り4(1) 

先日もらったニシンは
既に子(カズノコ)は完熟していた

しばらくは
留萌港内も太公望で賑わいそうだ



なごり雪

今季は極端に雪が少なく 解けるのも1ヶ月ほど早い

しかし冬が終わるのが名残惜しいのか
解けては何度も雪が降る

「なごり雪」

24日の朝も降った


なごり雪1(1)
(なごり雪 Before & After1)

雪国に住む者にとっては
雪は決して歓迎されるばかりのものではない

だから克雪以外に 

利雪・親雪などと冬期間をいかに楽しく過ごそうかと
工夫をこらしている


なごり雪2(1)
(なごり雪 Before & After2 この後すぐ雪は解けた)

1年に数回しか雪が降らないところに住む者にとっては
雪はロマンチックなものかも

この「なごり雪」は辞典にも載っていない
ということは造語らしい

♬ 汽車を待つ君の横で僕は
時計を気にしてる
季節外れの雪が降ってる

東京で見る雪はこれが最後ねと
寂しそうに君がつぶやく

なごり雪も降るときを知り~
・・・


ご存知 伊勢正三作詞作曲の名曲「なごり雪」

古くから「名残の雪」という言葉はあるが
この伊勢正三が曲のために敢えて作った

いわゆる複合語の「なごり雪」

この曲が大ヒットし「なごり雪」がすっかり一般的になったため
今では「日本語」として認知されている

というのは
気象庁が2013年に「新しい季節のことば」を選定
新たに3月の季節を表す言葉に
「なごり雪」を選んだことによる

毎年
なごり雪が何度も降って
春を迎える


雪の付く気象用語はたくさんあるが

今季当市では「暴風雪警報」は非常に少なく 

例年だと全国ニュースで「吹雪」といえば北海道留萌市
この分野では知名度がトップ3には入っていたが

残念(?)ながら 
名が残らないシーズンで 認知度が下がり

複雑な心境だ


ツグミも毎日やってくる

このところウチの庭に
キレンジャクとツグミがやってくる

キレンジャクは先日のブログで紹介したが
入れ替わりで今度はツグミが来ている

目的はやはり
雪が解けて顔を出した落ちていたナナカマドの実だ

ツグミ1(1) 

夏季にシベリア中・南部で繁殖したツグミは
秋から飛来し
冬季に日本などで越冬する

この時季に山地の森林から平地に移動し分散するらしく
その分散した数羽なのか

ツグミ2(1)

食性は雑食で昆虫なども食べ
鳴き声はやや甲高いが夏は鳴かないという
(口をツグムらしい)

ツグミ3(1)

1月頃から庭に来ていたが
ここしばらく姿は見せていなかった

最近また 頻繁にやってきている

そのうち
シベリアに戻るのだろう


手作り布マスク販売会の開催

今回は「手作り布マスク販売会」開催のご案内

ご存知の通り世界規模で
新型コロナウイルスの感染が広がり

東京オリンピックの予定どおりの開催も危ぶまれる
・・・との声も出始めている

いま国内では感染予防のためのマスクが不足
何処の
ドラッグストア・ホームセンターへ行っても手に入らない

売っていないのなら自分たちで作って役立ててもらおう
とネット販売(ヤフオク・メルカリ等での出品)していたら

今度は転売禁止の関係で これも禁止となった

それならば

マスク不足で困っている人たちのためにと
砂川市で地元のハンドメイド作家さんたちが中心となり

販売会を企画し その準備に追われている


マスクフライヤー表(1)

砂川市に住む娘が この企画をSNSで発進したところ
全国の手作り作家さんたちの賛同もあり

多くの方から布マスクの提供があるとのこと

開催はポスターに掲載のとおり

日時:2020年3月29日(日)
13:00~

場所:砂川市地域交流センターゆう
(砂川市東3条北2丁目3-3)


また
この販売会開催にあたり

布マスク作りに協力いただける作家さんたちを
募集もしている


連絡先は
zakka.luce@gmail.com (安藤まで)


マスクフライヤー裏(1)

(ご来場される方は上記注意事項順守のこと)

砂川市近隣在住のマスク不足でお困りの方

是非足を運んでみては いかがでしょうか


雪解け

1月は例年の如く 長く感じられる月であったが
2月はすぐ逃げ
3月もあと2週間を切り もう去りそうだ

当市は既に積雪はゼロ
夜は氷点下になることがあり 時々雪は降るが
日中はプラス気温になるためすぐ解ける

道端に積まれた雪も少し残っているが
そのうち無くなるだろう

雪解け1(1)

庭のスイセンの芽も顔を出している

スイセン2(1)

今シーズンはよくスキー場に通ったが
「白い恋人」ともおさらば

この「白い恋人」

新千歳空港へ行くとよく見かけるのは
「白い恋人」のお土産バックを手にして飛行機に乗り込む風景

しかし
新型コロナウイルスの感染で国内経済もすっかり停滞
「白い恋人」も売り上げが激減しているそうだ
観光客が減り 
人の移動が無くなれば購買力も落ちるのは当然のこと

札幌市の石屋製菓の「白い恋人」製造工場も一部休止するらしい

そういえば

「白い恋人」に関わる事件(?)があった

以前に大阪の吉本関連会社が
この「白い恋人」の名を真似た「面白い恋人」を販売した

この「面白い恋人」も面白いほど売れたそうだ

「なぜこんなに売れているのかわからない 複雑な心境」
と関係者が言っていた
中には「白い恋人」と間違えて買ったという苦情もあったとか

吉本興業のやることは面白いといえば面白かも

ところが
2011年石屋製菓は商標権侵害などで
吉本興業などを商品の販売禁止・破棄を求める訴訟を
札幌地裁に提訴

当時の社長は会見で
「悪乗りが過ぎ 全然面白くない」と怒ったそうだよ

2013年和解が成立
吉本興業は「面白い恋人」のパッケージ図柄を変更し
地域も限定して販売することとなった

こんな販売差し止め訴訟があった

このあと 落ちがある
2019年商魂たくましい吉本側から石屋製菓へ
「コラボ製品を出しませんか」と提案があり

石屋製菓は一度は断ったが 


大阪に直営店を出すこととなったため
逆に石屋製菓からオファーを出し 
コラボでの新製品を出すこととし

この商品名を「ゆきどけ」とした
対立が緩んだことから その名にしたとのこと

関係が悪くなり 詫びを入れるときに
お土産に持っていくと効果があるという

ホントか?


今回は雪解け(ゆきどけ)の長い話でした




方言玉手箱 その35 ~げっぱ~

方言玉手箱 その35
今回は「げっぱ」

「げっぱ」は北海道の方言で 
意味は「最下位」「最後」つまり「びり」

一番分かりやすい使い方は運動会徒競走の結果

「お宅の息子さん徒競走何等だった?」
「ん~・・・げっぱさ いつもなんだわ おたくは?」

「残念なんだわ うちは二等賞さ」

「いいっしょ!残念でないっしょ!二番じゃダメなの?」
「ダメなのさ! 
げっぱから二番目と同じで目立たないから 
二番じゃダメなのさ」
「テストの成績もおんなじだよ!」

蓮舫さんが出てきそうな会話だが
ボクの小・中学校の頃のグランドでは
こんな会話が交わされていたんだわ

蓮舫の読み方は「れんぽう」でなくて
「れんほう」だよ間違えたら失礼だよ 突っ込まれるよ

ちなみに「げっぱから二番目はげっぱⅡ(ツー)」
とボクは言っている

「げっぱ」1-1

「げっぱ」も東北地方青森や秋田で使われており
この地方から北海道へ伝えらえれたのだろう
「げっぱ」「下端」と書くようだ

「げっぱ」と同じ意味で更に強烈な言い方
「げれっぱ」という言い方もある

これは「ビリ」よりもっと「ビリ」のように
ダメを押される表現
これを言われると落ち込みが激しくなる

ネットで調べると
青森・新潟では「げっぽ」
山形・福島では「げっぺ」
大阪では「げっと」というのも出ていたな



何にでも「げっぱⅡ(ツー)」でいいから「げっぱ」にならないよう
けっぱるゾ~」

げっぱⅡ(ツー)で甘んじてちゃダメでしょう」


「けっぱる」
は北海道の方言で「頑張る」の意味だよ



コハクチョウが帰っていく

海岸に行って 空を見上げたら
コハクチョウの群が北に向かって飛んでいた

コハクチョウ1(1)

昨年10月のブログ
「コハクチョウの飛来」
秋に南下していた「コハクチョウ」が もう北へ帰るのか

コハクチョウは
ユーラシア大陸北部のツンドラ地帯から
毎年10月上旬に北海道に飛来し
その距離は何と4,000Km

その後本州に渡り越冬する

北海道へ飛来するコースは
サハリンを経るコースと 千島列島を経るコースがある

飛行速度は平均時速で50Km 追い風では70Km
更に気流に乗ると100Kmに達するという

この日は帰り道なのか
小・中・大連隊で隊列を組み飛んでいた


コハクチョウ2(1)

一時間以上眺めていたが 次々と後続隊がやってきていた

コハクチョウは3月下旬に本州で越冬を終え 
それぞれの越冬地から北海道の湖沼などに集結し
4月下旬に日本を飛び立ちシベリアの繁殖地に渡る

とされているが 今年は時期が早いのでは?

北海道オホーツク沿岸の休憩地である
クッチャロ湖(浜頓別町)では 既にコハクチョウが
飛来している様子を映像(ネット)で見られる

シベリアに帰るコハクチョウの70%が
このクッチャロ湖に立ち寄るようだ

コハクチョウは暑寒別岳から雄冬岬へとつづく山を越え
北の方角へ飛んで行った


コハクチョウ3(1) 
コハクチョウは3,000mの山を難なく飛び越え
ガンは10,000mを超すらしい

暖冬のせいで 
シベリアへ帰る時期が早くなったりしていたら

異常気象が生態系に悪い影響を与えているのではないか
・・・と思ってしまう





キレンジャクがやって来た

キレンジャクがまたやって来た

毎年この時期に
庭のナナカマドの実を食べに来る

キレンジャク1(1)

最近はキレンジャクは毎日のように
5羽以上の多い時は10羽ほどの群れでやってきている

体はやや赤みのある灰褐色で
一番の特徴は 頭部の冠羽

そして
尾の羽毛の先端の色が黄(キ)
先端の色が赤(緋=ヒ)なのがヒレンジャク

両種とも冬鳥として飛来し木の実を食べる

キレンジャクは北海道では
旭川市で「市民の鳥」としているようだ

キレンジャク2(1)

残念ながらナナカマドの実はほとんど無い
秋にカラスに食べ尽くされたからだ

雪が解け 食べかすが顔を出してたところへ
やってきて つついでいる

他の所にも 食べ物が無いのか

キレンジャク4(1)

(雪の下から出てきたナナカマドの実の皮)

キレンジャク3(1)

エサ台にでも食べ物を置いてあげたいのだが
カラスにすぐ食べられてしまう

キレンジャクは
5月以降に卵を産み雌が抱卵するようだが

充分に栄養補給できているのだろうか
鳥たちも必死だ

けなげな姿が愛らしい


方言玉手箱 その34 ~いいふりこき~

方言玉手箱その34
今回は
「いいふりこき」


「いいふりこき」「いいふりこく人」

「いいふりこく」
「いい人ぶる」「見栄を張る」「格好つける」
ことの意味

従って
「いい人ぶる人」「見栄を張る人」「格好つける人」
ということになる

いいふりこき1-1

「いいふりこく」の「こく」は「する」の意味で
「バカこく」とか「ウソこく」なんて使われているよ

「はっちゃきこく」「はっちゃこく」
なんて北海道方言もある
これは「一生懸命に」「無我夢中に」で
「一心不乱で頑張る」言葉だから 前向きな言葉かな

「いいふりこき」は決して誉め言葉ではなく

「いいふりこきの がんべたかり」
なんて言われたら もう大変だ!

「がんべ」は
「頭にできた皮膚のかぶれたもの」「かさぶた」だが
こっちの」地方では 「がんべ」の代わりに
「しらみ」を使い
「いいふりこきの しらみたかり」と言っていた

「がんべ」も「しらみ」も今風(いまふう)の人にとっては
死後でなくて死語の世界だけどね

「いいふりこきの がんべたかり」
「いいふりこきの しらみたかり」

人を非難・卑下する言葉で
「どうしようもなく 救いようもない最低な奴」の意味だから

こんな言葉で言われたら かなり落ち込む

ある人が言ってたよ

日本の某首相が外遊するたびに
経済支援などの名目で 大金をばらまいてくるから
「ええ格好しいの いいふりこき」

しかも債務免除までしている国があるという

「大盤振る舞い」する人は ほとんど「いいふりこき」

大企業目線でなく
もっと国内で喜んでもらえるようなお金の使い方したら
どうかって

特に田舎では企業倒産がいまだに続き 
過疎化に拍車がかかっている実態をご存じないのかな?


更に 今追い討ちをかけて大変なこと
新型コロナウイルスがはびこって!
感染検査体制も台湾・韓国にも負けてるね

コロナウイルス1-1

北海道は感染者が増え続け 経済損失か膨大になってきた
これまでの「マーズ・サーズ」感染などは他国のことと
全く国内での想定も対応策も無かった

国民の血税の使い道を もっと国内で考えてもらいたいもの

つまり
海外よりも もっと足元の国内に目を向けた
「いいふり」をしてもらいたいものだ

最後に

「いいふりこき」をキーボードで打って
変換しなくてよいのに 変換したら
「いいふり古希」と出た

ボクは「古希」を数年前に通り過ぎて
今更 いいふりこいても

誰もふり向いてもくれないから 

そんな無駄なことはしないようにしているんだ


P.S
淡谷のりこさんが以前(S59年)に
「いいふりこき人生」という本を出しているようだ
彼女は東北出身者だからね
どんな内容の本だろうか



プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: