FC2ブログ

池の周りは赤トンボの楽園か?

草に覆われ 
藻の繁殖で緑一面になった池の周りには

赤トンボ1(1)

赤トンボが集まっている

何処からか 飛んで来ては
池の縁石にとまり 休んで(?)いる


赤トンボ3(1)
池の中に卵でも産み付けようとしているのか?

何故か同じ向きにとまっている
習性なのか?

赤トンボは赤いトンボの総称で
一般的なものは「アキアカネ」という名らしい

童謡の人気上位ランクにいつも入るのは
「赤とんぼ」

子どもの頃歌った「赤とんぼ」は
三木露風が作詞 この詩に山田耕作が曲を付けた

夕焼、小焼の、
あかとんぼ、
負われて見たのは、
いつの日か、
~ ~ ~
夕やけ、小やけの、
赤とんぼ
とまっているよ、
竿の先。

この曲に出てくるトンボの種類は何かというのが
論議を生んでいるそうだ

一般的には「アキアカネ」では?
と言われているようだが
「アキアカネ」の習性は
夕方にはあまり飛ばない

また
三木露風のふる里兵庫県では
「アキアカネ」より「ウスバキトンボ」が一般的
また「ウスバキトンボ」は秋になると群れで飛ぶ
として

「ウスバキトンボ」の説が浮上


赤トンボ2(1) 

しかし
「ウスバキトンボ」は枝や葉の裏に
ぶら下がってとまる

詩の「とまっているよ 竿の先」と矛盾する
というのが根拠だとして反論が出た

二つの説があるが
行きついた結論は・・・

三木露風が
目の前の「竿の先」にとまった「アキアカネ」を見て
子どもの頃に見た
「ウスバキトンボ」の群れを思い出したのでは・・・

というのが真相ではないか
と言われている・・・とのこと

では ウチの池の石にとまっている 
このトンボは?


赤トンボ4(1) 

まあ「赤トンボ」でいいんじゃない?
というのがボクの結論だ


おまけ

「ナツアカネ」という名のトンボもいるようだが
さすが「フユアカネ」はいない



プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: