FC2ブログ

廃線まじかのJR留萌本線 その1

経営難のJR北海道は
留萌本線の廃線を沿線4市町へ提示した

これを受け関係自治体で組織する「自治体会議」が
何度かの協議の場を持ち
先日
一部区間の廃止の意向を示した

もともと留萌本線は
深川市~留萌市~増毛町の区間だったが
2016(平成28)年12月に留萌市~増毛町間が廃止されている

増毛町は当留萌管内では一番古くから栄えた歴史のある町
今でも観光客は絶えない

先日増毛駅へ行ってみた

増毛駅1(1) 
(リニューアルした旧増毛駅)

増毛駅2(1) 
(駅内部)

観光客の目当ての一つはこれだ
道内の人は増毛を「ましけ」と読めるが
道外の人は
「ぞうもう」とよむ

つまりこれは
「増毛(ぞうもう)」のお守り

増毛駅3(1) 
ボクも一枚手に入れてきたが
もうすでに遅し 
10年前に買っとけば 少しは効果があったか?

この入場券は
下の風待食堂で手に入る

ここは現在増毛町観光案内所になっているが

高倉健主演の「駅~STATION~」のロケ舞台となった
風待食堂では 烏丸せつ子が働き
この中の居酒屋「桐子」の桐子役には倍賞千恵子だった

増毛駅4(1)
(居酒屋「桐子」のセットを再現)

この「駅~STATION]では
八代亜紀の「舟唄」が流れていた

下の写真は「旧富田屋旅館」
町が買取現在修理中

緒形拳主演映画「魚群の群れ」のロケに使用され
北海道遺産に指定されている三階建ての歴史的建造物


増毛駅5(1)
(風待食堂の隣にある「旧富田屋旅館」)

増毛町には明治から昭和初期の建造物が点在しており
これもその一つ

「旧商家 丸一本間家」が経営する
国稀酒造(株)
最北の酒蔵で人気がある

酒好きの観光客は必ず寄って(酔って)行く所

増毛駅6(1)

いわゆる「撮り鉄」にはまだまだ人気がある「増毛駅」

廃線になった後も
歴史的建造物の見物を兼ね
訪れている
プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: