FC2ブログ

留萌港内にハス葉氷が

この先1週間ほどは天候に恵まれそうだが
先週13日頃から数日間氷点下7度程度の冷え込みが続いた

それ程の冷え込みではないが 季節風の影響があったのか
留萌港内にハス葉氷が見られた

以下写真は16日の様子

ハス葉氷1
(南岸壁から港口方向)

港口付近から 
奥の方に向かって 一面に埋め尽くされていた

ハス葉氷2

大小さまざまで 
大きいものでは3メートル以上のものが見られた

ハス葉氷4(1)

上の写真は 港内奥方面
下は引き船(タグボート)が係留されている付近の様子

2月は真冬日も多く
風速12~23メートルの強い風が連日吹きつけており
この季節風の影響で港の奥へ運ばれ 
この3日ほどで一面に広がったのだろう

これまで奥の船溜りで 小さなハス葉氷は発生していたが
このような広域での光景はあまり見られず 

この40年以上も港を見続けている港湾関係者も驚いているとか

港の近くには留萌川の河口があり 
またこのところの降雪で氷が発生したのかもしれない

氷の薄い港口付近の様子 (動画33秒)



この港口付近の小さな薄い氷が成長しながら 風で奥へ運ばれたのでしょう

オホーツク方面では現在流氷真っ盛りだが

かもめ

この港内でも 
カモメがハス葉氷の上で戯れていた


関連記事

Comment

No title

ハス(蓮?)葉氷という名前は初めて聞きました。流氷の一種でしょうか?撮影はメッチヤ寒かったでしょう!

Re: No title

ハス葉氷の「ハス」は花の「蓮」で、単純に氷が蓮の葉に似ているのでこの辺の田舎では「ハス葉氷」と呼んでいます。
オホーツク海域の流氷とは全く違うのですが、海表面の川の水(淡水)やら雪が、冷え込みが続いたせいで凍ったのでしょう。
当管内の羽幌港の漁港区がほぼ全面的に結氷し、出漁のため氷を割る引き船が出て氷割をしたとの記事が載っていました。
昨日から晴天で雪が溶け始め、道路はグジャグジャ。♬も~すぐ春ですネ、気取ってみます。
非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: