FC2ブログ

北海道開拓の村 ~その4~

「北海道開拓の村」に移築・復元された歴史的建造物の紹介 第4回

旧有島家住宅

日本近代文学史上代表的作家の有島武郎が1910(明治43)年から翌年の7月頃まで住んでいた住宅
有島武郎は明治11年生れなので住んでいたのは32歳の頃となる

旧所在地 札幌市白石区菊水
建築年代 1904(明治37)年
復元年   1979(昭和54)年

有島武郎住宅1
(旧有島住宅の外観)

見学出来るのは一階住宅部分
和室・床の間の様子

有島邸2-1

茶の間は資料室になっている
2階の8畳間が書斎となっているが 見学禁止

有島武郎の作品「生まれ出づる悩み」の中に 豊平川右岸のリンゴ園の中にあった借家とあるのがこの家とのことで
この家で有島は「或る女のグリムプス」を書き 雑誌「白樺」に連載を開始した

有島邸1-1
(茶の間部分が現在資料室となっている)


旧福士家住宅

幕末から明治期に造船・通訳・気象観測・測量などで活躍し北海道開拓に貢献した福士成豊が明治半ばから1922(大正11)年まで居住した建物

旧所在地 札幌市中央区北4条東1丁目
建築年代 明治時代
復元年  1980(昭和55)年  

明治前期の洋風建築と明治後期の和風住宅を接続した特異な建物

旧福士家住宅1-1
(旧福士家住宅)


旧松橋家住宅

明治・大正・昭和にわたる都市生活者の住宅
松橋家は明治初期に秋田県から札幌に移住し 農業及び土地会社経営に従事

旧所在地 札幌市中央区北1条東7丁目
建築年代 1897(明治30)年頃
復元年   1961(昭和56)年

旧松橋家住宅1-1
(旧松橋家住宅)


旧開拓使工業局庁舎

開拓使工業局は1873(明治6)年に設置
道路・橋梁・官庁・学校等の建設をはじめ 家材・機械・農具・車両などの製造事業を行った

旧所在地 札幌市中央区大通東2丁目
建築年代 1877(明治10)年
復元年   1979(昭和54)年

旧開拓使工業局庁舎1-1
(旧工業局庁舎)

この建物は明治初期の洋風事務所建築の特徴を示している
開拓使工業局は北海道開拓の発展に大きく貢献した


旧近藤医院

1900(明治33)年に函館病院から古平病院長として招かれた近藤清吉が同町で開業時に建てた病院
1958(昭和33)年まで使われている

旧所在地 古平町大字浜町
建築年代 1919(大正8)年
復元年   1984(昭和59)年

旧近藤医院1-1
(旧近藤医院)

旧近藤医院院内1-1
(旧近藤医院 院内受付窓口・調剤室)



旧札幌警察署南一条巡査派出所

旧所在地 札幌市中央区南1条西1丁目創成川縁
建築年代 1911(明治44)年
復元年   1978(昭和53)年

旧札幌警察署南一条巡査派出所1-1
(旧札幌警察署南一条巡査派出所)

1885(明治18)年札幌創成橋の脇に建てられた交番は木造で札幌創成橋交番と呼ばれていた
その後 篤志寄付でレンガ造りとなった
壁のレンガは小口面と長手面を交互に積むイギリス積と呼ばれる工法が用いられている


それにしても どの建物も周りは雪の山
見学者入口(玄関前)の雪かきだけでも大変 管理には莫大な費用がかかりそうだ

*写真は2月17日撮影のもの

次回に続く



関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: