FC2ブログ

北海道開拓の村 ~その6~

「北海道開拓の村」に移築・復元された歴史的建造物の紹介
第6回

旧武岡商店

旧徳島藩の家老稲田邦植に従い 
1871(明治4)年に淡路島から静内郡に移住
1882(明治15)年から米穀・雑貨・荒物などを扱った
本格的な店舗兼住宅を新築し 1901(明治31)年には郵便局を開設
この地方の商業発展に貢献した

旧所在地 新ひだか町東静内
建築年代 1898(明治31)年
復元年  1983(昭和58)年

旧武岡商店1
(旧武岡商店)


旧大石三省堂支店

札幌で修業した大石泰三(菓子職人)が1925(大正14)年に帯広町の繁華街に店舗を求め
菓子の製造販売を始めた建物
切妻平入で店舗兼住宅 それに併設した工場を再現

旧所在地 帯広市東2条南5丁目
建築年代 1907(明治40)年頃
復元年  1986(昭和61)年

旧大石三省堂支店1
(旧大石三省堂支店)

旧太田装蹄所

札幌から江別に通じる道路(現在の国道12号線)沿いで1924(大正13)年から1945(昭和20)年まで営業していた装蹄所
装蹄所は当時馬が物資の運搬や農耕の主役であり 何処の町にも欠かせない職種であった

旧所在地 札幌市中央区北1条東11丁目
建築年代 大正初期
復元年  1990(平成2)年

旧太田装蹄所1
(旧太田装蹄所)


旧藤原車橇製作所

1898(明治31)年兵庫県出身の宮大工工藤信吉が深川に入植
1903(明治36)年に妹背牛で車橇製造を開始 
以後3代にわたり営業を続けた
開業以来使われた車橇製作所を再現したもの

旧所在地 妹背牛町本町
建築年代 1903(明治36)年
復元年  1986(昭和61)年

旧藤原車橇製作所1-1
(旧藤原車橇製作所)

kyuu藤原車橇製作所4-1
(旧藤原車橇製作所 内部の様子)


旧本庄鉄工所

1925(大正14)年から昭和50年代まで使用されていた本庄鉄工所
この鉄工場は明治30年代から2代にわたり営業
石狩川河口の旧市街で漁具や漁船の付属品 農具などを製作していた
開拓地には欠かせない鍛冶屋であった

旧所在地 石狩市親船12
建築年代 1897(明治30)年頃
復元年  1985(昭和60)年

旧本庄鉄工場1
(旧本庄鉄工所)

*写真は2月17日に撮影したもので 建物および周辺は雪で覆われていた
現在は雪もかなり少なくなっているものと思われる

次回に続く


関連記事

Comment

非公開コメント

プロフィール

KEARASHI

Author:KEARASHI
2013年10月リタイアをきっかけに、木彫・木工クラフト工房を開設しました。
木に新しい命を吹き込むという思いを込め、「萌樹工房」(もえぎこうぼう)と名付けています。
ブログでは、工房の様子や他の趣味等を載せていきます。

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ別記事一覧
検索フォーム
QRコード
QR
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: